スズキ・エブリイワゴンの歴史や魅力、グレードの違いを徹底解剖!

この記事をまとめると

■スズキ・エブリイワゴンは軽自動車らしからぬ車内空間を誇る

■初代は1999年にデビューして現行モデルは2015年に登場した3代目

■「エブリイ」という車名は「どこへでも」という意味で名付けられた

広い車内を活かした軽自動車のミニバンとして誕生

 軽自動車でありながら、広々とした車内空間を誇るスズキ・エブリイワゴンは、キャンプや車中泊などで盛り上がっているアウトドアにもうってつけの1台。価格も比較的安く手に入れることができる、非常にコストパフォーマンスの高いクルマといえるだろう。そこで今回は、スズキ・エブリイワゴンがどんなクルマであるかを紹介する。

■スズキ エブリイワゴンとは?

 スズキのクルマに初めて「エブリイ」の名前が使われたのは1982年。スズキが1964年から販売している商用バンであるキャリイバン、その7代目モデルがマイナーチェンジにあわせて「キャリイバン・エブリイ」とサブネームを与えられて登場したのが最初だ。そしてこれが初代エブリイとされている。

 その後もエブリイは商用バンとして順調にモデルチェンジを重ね、エブリイの4代目が登場した1999年、初めて乗用ワゴンとしてラインアップされたのが「エブリイワゴン」である。

 キャリイバンの7代目のマイナーチェンジで登場したのが初代エブリイで、そのエブリイの4代目で追加されたのが初代エブリイワゴンと少々ややこしいが、今回は「エブリイワゴン」だけに絞って歴史を振り返りたい。

1)初代 1999〜2005年

 前述の通り、1999年、4代目エブリイのときに乗用ワゴンとして追加されたのが初代エブリイワゴンとなる。運転席・助手席エアバッグだけでなく、この当時の軽ワンボックスではまだ珍しかったABSが標準装備となっているあたりに、乗用ワゴンらしさが感じられた。マツダにもOEM供給されており、スクラムワゴンとして販売されていた。

※画像は4代目エブリイ

 搭載される660cc直3ターボエンジンは、発売当初こそ最高出力が60馬力であったが、のちに軽自動車の自主規制枠いっぱいとなる64馬力にパワーアップされている。

 ちなみにこの世代のエブリイには、1300ccのエンジンを搭載し、3列シートの7人乗りでミニバンタイプの乗用車「エブリイ+」(マイナーチェンジでエブリイランディに車名変更)もラインアップされていた。

2)2代目 2005〜2015年

 2005年、ベースとなるエブリイが5代目に進化したのにあわせてエブリイワゴンも2代目にモデルチェンジした。初代に比べてボンネットが存在を主張するスタイルとなり、また、サイドウインドウが一枚板の大きなガラスに見えるようピラーがブラックアウトされており、スタイリッシュな外観となった。

 また、軽自動車として初めて電動スライドドアを採用(PZターボは左側のみ、PZターボは両側)したのもこの2代目エブリイワゴンであり、一部グレードには電動オートステップが採用されるなど、軽自動車としてはかなり豪華な装備を誇っていた。

 マツダへのOEM供給が引き続き行われただけでなく、モデルライフ終盤では日産にNV100クリッパーリオとして、また、三菱自動車にはタウンボックスとしてもOEM供給された。

3)3代目 2015年〜

 10年弱という長いモデルライフとなった2代目と入れ替わるように登場したのが現行モデルとなる3代目エブリイワゴンだ。

 そのスタイリングは完全にキープコンセプトであったが、荷室長や荷室幅、荷室高などはすべて拡大され、最新の安全・快適機能の採用などにより大幅な進化を果たしている。

広い荷室と使い勝手の良さで屈指の人気を誇る軽キャブワゴン

■現行型のスペック

 2015年に登場した3代目エブリイワゴンは、エブリイワゴン史上最大となるラゲッジスペースがウリだ。見た目は先代モデルとかなり似ており、3395mmの全長と1475mmの全幅は先代モデルと同じだが、2430mmのホイールベースと全高(標準ルーフ1815mm、ハイルーフ1910mm)は先代モデルよりも拡大されている。

 搭載されるエンジンは可変バルブ機構付きの660ccの直3ターボで最高出力64馬力、最大トルク95N・m(9.7kgm)。全グレードでトランスミッションは4速ATとなり、燃費はWLTCモードで13.3km/Lだ。

 グレードはPZターボスペシャル、PZターボ、JPターボの3グレード構成で、価格帯は155万8700〜190万7400円となっている。

特徴1:広い室内

 前述した通り、現行型エブリイワゴンの最大の特徴はエブリイワゴン史上最大のラゲッジルームだ。荷室長は2240mm、荷室幅は1355mm、荷室高は1420mm(ハイルーフ車)で、4人乗車時でも荷室容量はVDA方式で1123リッターを誇る。これは軽自動車キャブワゴンでも最大となっており、大人気のスーパーハイトワゴンの荷室容量を大きく上まわる。さらに、左右独立スライド機構付きのリヤシートは、前後に180mmスライドするため、後席乗員の足元スペースにもゆとりがあり、リクライニング機構とあわせて快適に過ごすことが可能になっている。

特徴2:多彩なシートアレンジ

 4人乗ってもゆとりあるカーゴスペースは、家族や友達との旅行はもちろん、趣味の道具を積むスペースにも最適。助手席・後席を倒せばサーフボードのような長尺の大物も積載できるし、フルフラットにすれば車中泊もできる快適空間となる。

 乗車人数と積載する物の大きさや量にあわせて多彩にアレンジできるシートが便利だ。

特徴3:安全機能

 近年では、安全機能の装備も見逃せないポイントだが、エブリイワゴンは「スズキ セーフティ サポート」を全グレード標準で装備するというから安心。「スズキ セーフティ サポート」には、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシストなどが含まれている。

■現行型のグレード間比較

 実際に現行型エブリイワゴンを購入するにあたり、気になるのは3つ用意されているグレードによってそれぞれ何が異なっているかということだろう。そこでここではグレード間の違いを比較する。

1) ボディ形状と駆動方式

 最上級グレードとなるPZターボスペシャルと中間グレードのPZターボは、標準ルーフとハイルーフを用意し、それぞれにRWDとフルタイム4WDの設定がある。ベースグレードのPJターボはハイルーフのみの設定で、RWDとフルタイム4WDを用意する。

2)ボディカラーとエクステリア

 ボディカラーは、全グレードでクールカーキパールメタリック、ムーンライトバイオレットパールメタリック、ブルーイッシュブラックパール3、パールホワイト、シルキーメタリックの5色を選択可能。

 エクステリアで大きく異なるのは、PZターボスペシャルとPZターボには標準装備となるルーフエンドスポイラーとメッキフロントグリル、メッキフォグランプベゼルが、ベースグレードとなるJPターボには設定されていない。また、LEDサイドターンランプ付ドアミラーはPZターボスペシャルのみの装備となる。

3)インテリアと快適装備

 インテリアに関してはほとんどが共通となっているが、ファブリックシートのカラーがPZターボスペシャルとPZターボはベージュ、JPターボはブラウンとなる。

 快適装備で大きく異なるのは、やはり電動スライドドアの採用だろう。PZターボスペシャルは両サイドがワンアクションパワースライドドアとなるが、PZターボは左側のみとなり、JPターボではどちら側にも電動式スライドドアは採用されていない。

4)価格

 上記のような装備の違いにより、価格は以下のようになっている。

スズキ・エブリイワゴン価格一覧(税込)

 PZターボスペシャル(標準ルーフ/RWD):176万7700円
PZターボスペシャル(標準ルーフ/4WD):189万6400円
PZターボスペシャル(ハイルーフ/RWD):177万8700円
PZターボスペシャル(ハイルーフ/4WD):190万7400円
PZターボ(標準ルーフ/RWD):169万700円
PZターボ(標準ルーフ/4WD):181万9400円
PZターボ(ハイルーフ/RWD):170万1700円
PZターボ(ハイルーフ/4WD):183万400円
JPターボ(ハイルーフ/RWD):155万8700円
JPターボ(ハイルーフ/4WD):168万7400円
もっとも安いJPターボ(ハイルーフ/RWD)ともっとも高価なPZターボスペシャル(ハイルーフ/4WD)では、22万円の価格差が生じる。

■記事まとめ

 今回はスズキで人気の軽キャブワゴンとなるエブリイワゴンをあらためて振り返ってみた。スズキのクルマは、いずれもコストパフォーマンスが高いのが魅力だが、このエブリイワゴンもその例に漏れない。軽キャブワゴンでもっとも広い荷室と使い勝手の良いリヤスライドドア、ターボによるパワフルな走りなどは、車中泊やアウトドアなど、趣味のお供にピッタリだ。

 ちなみに「エブリイ」という車名は英語の「EVERY」から「どこへでも」という意味で名付けられたそうだ。高い積載性とキビキビ走る軽快さを兼ね備えたワンボックス車である「エブリイワゴン」を相棒にすれば、「どこへでも」行けるに違いない。