ちょっとやそっとじゃイライラしない! 運転者をナゼか穏やかにさせる「癒やし系」クルマとは

この記事をまとめると

■荒い運転を控えるようになる落ち着けるクルマを紹介

■ローパワーなクルマに乗ると、落ち着いた運転を心掛けやすい

■のんびり走るのには旧車もオススメだ

落ち着いて運転できる”ドライブの本質”を味わえるクルマとは

 クルマを速く走らせたい欲望は誰にでもあることだ。しかし、公道で制限速度を超えるスピードで激走するのは、道路交通法違反であるとともに、自身、あるいは他車、他人に危害を加える可能性があり、極めて危険な行為である。速度を出すために前車を突っつけば、今やあおり運転の加害者にもなりうるのである。ここでは、そのクルマに乗っただけで心が穏やかになり、ゆったりとしたドライブを楽しみ、それこそ道を譲りたくなるような、人の心を広くするクルマたちを紹介したい。

 その要件として、エンジンやステアリングのレスポンスが過敏過ぎず、パワフル過ぎず、静かで燃費性能にも特化したクルマが挙げられる。レスポンスに優れ、パワフルだと、どうしても速く走りたくなるものだ。そして静かなクルマであればあるほど自然と心が穏やかになり、ゆったりとリラックスした運転感覚を楽しみたくなるものだ。また燃費性能のいいクルマは、それなりのエコ運転を心がけたくなるのではないか。

 まずは、クルマのキャラクター、動力性能から、速く走る気にさせない!? クルマである。たとえば、スズキ・ワゴンRスマイルはどうだろう。スペーシアとワゴンRの中間的車高を持つ、使い勝手抜群のファミリーカーに最適な両側スライドモデルだが、エンジンはNAのみ。ターボは用意されず、終始、穏やかな走りが特徴となる。さすがにエンジンを回すと車内は騒々しくなり、だから飛ばす気になりにくいのである。

 同じスズキのクルマでは、ソリオもそうした人の心を穏やかにしてくれるキャラクターを持つクルマの1台だ。5ナンバーサイズの両側スライドドアを備えたプチバンだが、どうにも飛ばしている姿は似合わない。マイルドハイブリッドモデルは動力性能的には十二分だが、操縦性やパワーの出方が上質で穏やかなものだからである。

 当然、ピュアEVは穏やかな走りを自然と心がけるようになるクルマだろう。マツダMX-30など、こう言っては何だが、航続距離がそれほど長くないピュアEVだと、電費を考慮した穏やかなアクセルワーク、加速を身に付けたくなるものだ。たしかにピュアEVの全開加速は気もちいいものなのだが、環境のためにEVに乗るユーザーであれば、ドライバーの自制心が、トルキーでスムースさ極まる強力なモーター加速の快感を上まわるはずである。

スペックではなくクルマのもつ”個性”を楽しむ

 動力性能に余裕があるのに、不思議と穏やかな走りに徹したくなるクルマとして、今や電動車のみのラインアップとなったボルボXC60がある。ただし、それにはちょっとした条件があって、前席に装備されたリラクゼーション機能=マッサージ機能を作動させたときにより一層、そう感じさせるのだ。もみ玉風の見事なマッサージ機能は、身も心もほぐしてくれる心地よさがあり、運転も自然に穏やかになろうというもの。

 筆者自身、ボルボのリラクゼーション機能付きのクルマをテスト運転するときは、できる限り作動させ、その恩恵に預かり、自然とリラックスした運転に没頭するようにしている。いや、意識せずにそうなるのである。

 シートや乗り心地によって、無暗に飛ばす気にならなくなるクルマとして、ルノー・カングーがある。本国では働くクルマ、商用車としても活躍する超実用車だが、シートのソファのようなかけ心地、大海を行く船のようにゆったりとした、しかし快適感抜群の乗り心地と、穏やかなステアリングフィールや動力性能がもたらす走りのキャラクターによって、誰もが飛ばす気にならない”才能”を持ったクルマの代表格とも言える1台である。

 中古車でしか買えないものの、先代シトロエンC3も運転席に座り、走り出しただけで心が穏やかになる、ふんわりとした、どこかなつかしささえ感じさせる古き良き乗り味を持つフランス車と言っていいだろう。

 が、たとえワゴンRスマイルやソリオのようなクルマに乗っても、どうしても飛ばしてしまう……という人なら、いっそ旧車に挑戦してみてはどうだろう。たとえば、自分より長く生き抜いてきたであろうオリジナルミニ、オリジナルビートルなど、クルマをいたわりつつ!? のんびりと走るのが似合うクラシックな実用車たちである。

 そうしたクルマは、のんびり、ゆっくり走っていても、周囲からあたたかい目で見られるはずである。それこそクラシックなオープンカーなら、さまざまな意味で、広い心を持っていないと所有することさえできなかったりする。

 もちろん、どんなハイパフォーマンスカーであれ、高速道路の走行車線をのんびり悠々と走る姿は、それはそれでカッコいい。人生の余裕さえを感じさせてくれるではないか。以前、秋の箱根の山道を、紅葉の風景を楽しみながらゆったりと走る、老夫婦が乗ったポルシェ911カブリオレを見たことがあるのだが、じつに羨ましく、自分もそのように歳を重ねたいと思ったものだ。クルマが人の心を広くしてくれるケースもあるにはあるが、自身の心が広いこと、余裕ある生き方をしていること、そして、1990年代に日産自動車×ホイチョイプロダクションのTV番組にもあったような”上品ドライバー”であることが、安全で快適なカーライフを楽しむための必須条件ではないだろうか。