料金所抜けでの強引な進路変更! 路駐車回避!  そこら中で見かける「ウインカー出せよ」なシーン5選

この記事をまとめると

■ウインカーは周囲のクルマに意思表示をする重要な装備

■使うべきところで使わない危険なクルマを見かける

■この記事では5つの事例を挙げて解説する

周囲にクルマがいなくてもウインカーは使うべき

 教習所で習ったのとまったく同じようにしろと堅いことは言わない。現実に即して交通の流れをさまだけないことを重視したほうがいいとも思う。しかし、流れを阻害してしまっている例があって、そのひとつがウインカーだ。左右、どちらに進むかをまわりのクルマや歩行者に知らせるのが役割だけに、出していないのに曲がるのは危険だし、待っている分、無駄だったりする。逆に出していたのに、急に消してまっすぐというのも多くはないけどたまにあって、こちらはさらに危険だ。今回はウインカーにまつわる危険なシーンをまとめてみた。

1)ウインカーを出さずにいきなり曲がる

 迷っているのかもしれないが、ウインカーを出さないでいきなり曲がるのは周囲が非常に迷惑する。歩行者や対向車などがいないと判断したうえで、本人はやっているので危険度は低いかもしれないが、後ろにいて突然曲がるのは驚いたりするので勘弁してほしい。

2)ウインカーを出さずに車線変更

 常日頃からクセにしておきたいだけに、周囲にクルマがいなければ出さなくていいというわけではない。百歩譲って、少なくともいる場合は出してほしい。いきなりねじ込むようにしてくるクルマに限って、ウインカーを出さないことは多いし、出したとしても一瞬だったりする。一瞬では出さないのと同じだし、ねじ込んでからの素早いサンキューハザードは確信的で逆に気分がよろしくない。

  

高速道路の料金所でも危険が目立つ!

3)料金所で突然の車線変更

 料金所によってはETCレーンへの誘導がわかりにくくて、真っ直ぐ行ってみたら、一般レーンだったりすることはよくある。このとき、慌ててしまったのだろうか、ウインカーを出さずにいきなり車線変更をする例が多い。こちらは料金所に向かって進んでいるし、隣を走るクルマもわかっていてそこにいるのかと思っていたら、突然の車線変更。こちらも慌てることが多いので、無理しないでほしいものだ。最悪の場合、無理せず一般レーンでETCカードを抜いて、対処してもらえばいい。

4)料金所を抜けたら渋滞

 本線上にある大規模な料金所の場合、多くの車両に対応するため、横に広がっていていることが多い。通行量が少なければいいが、場合によって抜けたところで渋滞していることがあると、合流の繰り返しでけっこう大変だ。そのときにウインカーを出さないで、グイグイと割り込みを繰り返して、少しでも前に出ようというクルマがいて迷惑なことがある。逆に出しさえすればねじ込んでもいいというクルマや、出していてもしれっと無視して詰めてくるクルマもいて、かなり混沌とした状況だったりする。

5)障害物を避ける場合

 路肩にある障害物やバス停に止まっているバスなどを、反対車線に出てクリアすることがある。教習所で習う典型パターンとはいえ、実際はウインカーを出さないことのほうが多い。対向車が来ていないからというのが理由だろうが、来ている場合、ギリギリになってしまうときはウインカーは出してほしい。来ないと思ったら来た、というのは心臓に悪い。もちろん完全に間に合わない場合は、障害物などがあるほうが譲らなくてはならないので止まっているのが正解だ。