「スーパーカーは値が下がらない」は常識! ほかにもある「意外な」買い取り価格の高いクルマとその条件

この記事をまとめると

■「スーパーカーはリセールバリューが高い」といわれている

■その他、高く売れる軽自動車や商用車も存在

■リセールバリューが高いクルマの条件を解説する

軽スポーツS660の買い取り価格も急上昇中

「スーパーカーは、リセールバリュー(購入の数年後に再び販売する時の価値)が高い」といわれる。本当だろうか。そこで中古車の買取店に尋ねると「たとえばGT-Rは、購入から3年以内なら、新車価格の65〜70%で買い取りできる場合がある」という。購入して3年後の買い取り額は、一般的には38〜50%だから、65〜70%なら相当な高値だ。

 軽自動車のスポーツクーペも高水準で「コペンでは購入から3年後の買取額が新車価格の約60%になる。S660は生産終了によって中古車価格が吊り上がり(走行距離の少ないモデューロXの中古車は400万円を超えている)、買い取り価格も急上昇している」とのことだ。

 このほか買取店によると「スーパーカーではないが、ランドクルーザーも、先代型の段階で3年後の買取額が65%に達していた。新型はさらに上まわる」としている。

 その一方でフェラーリのような輸入車も「初度登録から長い期間を経過しても値落ちが少ない」という。ただし大半の新車価格が3000万円以上だから、簡単に買えるクルマではないだろう。

流通台数が少ない人気車は高値で売却できる

 高値で売却できるクルマのもっとも大切な条件は、中古車の流通台数が少なく、その割に購入を希望するユーザーが多いことだ。たとえば冒頭で取り上げたGT-Rは、2021年の1カ月平均登録台数は約60台に留まる。従って中古車の流通台数も限られるが、新車価格が高いこともあって中古車を希望するユーザーは多い。そのために中古車価格と、ユーザーから買い取る時の金額が高まった。

 また買取店によると「ランドクルーザーや商用車のハイエースは、新興国なども含めて、中古車の輸出が活発に行われている。そのために高値で買い取られる」という。中古車が海外へ輸出されるため、国内の流通台数が減り、中古車価格と買い取り額を高めたわけだ。

 とくにハイエースは「耐久性が高いこともあり、20万km以上を走った荷室がキズだらけの車両でも、流通価値は十分にある。ハイエースの買い取りを断わることはまず考えられない」とのことだ。

 唯一無二の価値を備えることも大切な条件だ。先に車名を挙げたGT-R、ランドクルーザー、S660などには、類似したクルマがない。そしてGT-Rの走行性能、ランドクルーザーの悪路走破力を海外のスーパーカーや上級SUVで得ようとすれば、価格が大幅に高まってしまう。日本車は性能が高い割に価格は安く、その意味でも中古車需要が前述の日本車に集まり、供給台数を上まわって中古車価格と買い取り額を吊り上げている。