いま流行の電動キックボード! より厳しくなる取り締まりに注意

この記事をまとめると

■いま電動キックボードが増えている

■それに伴って事故も増加傾向

■道交法と違反についてまとめた

当然ナンバープレートがあれば免許も必要

 利用者が増えるにしたがって、事故も目立つようになってきた電動キックボード。

 警視庁によると、都内では電動キックボードが関係する事故が2021年1月〜11月末までにあわせて60件に上り、16人がけがをしている。警告も今年1〜10月だけで157件あったとのこと。

 そうした中、8月には無免許で電動キックボードを運転し、赤信号を無視して人身事故を起こした20代の女性が、自動車運転処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの疑いで書類送検された例もあった。

 ここで「無免許」とあるとおり、ほとんどの電動キックボードは電気モーター(原動機、定格出力0.60kW以下)を使って走行する仕組みで、道路交通法上の「原動機付き自転車」に該当する。したがって、公道を走るには原付免許が必要で、ナンバープレートやバックミラー、ヘルメットの着用などが必要だ。

 ということは、道路交通法に反することをすれば、本来原付と同じように罰せられるはずなわけだが、違反した電動キックボードが原付の要件を満たしているかどうかを証明・鑑定するのが厄介だったため、これまで軽微な違反に対しては指導や警告にとどめていた……。

反則金も科される!

 しかし、上掲のような事故や歩道走行等のトラブルが多発することを踏まえ、2021年12月中にも違反走行に対する交通反則切符(青切符)の交付を始めるというアナウンスがあった。青切符が切られるような違反は、信号無視や一時不停止、歩道通行など、交通ルールとしてごく当たり前の部分。

 違反が見つかった場合は、原付と同じように違反点数が加算され、反則金も科される(例:一時停止違反 違反点数2点 反則金5000円。歩道通行=通行区分違反 違反点数2点 反則金6000円)。車両の整備不良なども対象になる予定だ。

 一方で警察庁の検討会は、時速20km以下の電動キックボードに関しては、免許不要とした上で16歳未満の使用を禁止する最終報告をまとめている(12月23日)。さらに最高速度を時速6kmに制御できる場合は、歩道や路側帯の走行も可という緩和策も! これらの改定案は、年明けの通常国会に提出される予定だが……。

 上手に使えば次世代モビリティーとして、自由かつ便利に活用できる電動キックボードだが、マナーの悪さが目立ってくると、他の乗り物のようにルールで縛られ、フリーなツールとしての魅力を失ってしまう。これ以上、取り締まりや規則が厳しくならないように、本気でマナーアップに目覚めてくれることを望みたい。