いまなお「カウンタック」の名前はスーパーカー史上最強! その歴史と「新カウンタック」の中身

この記事をまとめると

■ランボルギーニにとって2021年はカウンタックの生誕50周年にあたる年だった

■カウンタックはシザースドアでランボルギーニの名を世界に知らしめることになった

■ランボルギーニは生誕50周年記念モデルとしてカウンタックLPI800-4を発表した

2021年はランボルギーニにとって記念イヤーであった

 ランボルギーニの歴史を振り返ってみても、今年2021年ほどカウンタックの存在が強くアピールされた年もないだろう。それはカウンタックのファースト・プロトタイプたる「LP500」が、今から50年前にあたる1971年のジュネーブ・ショーで初公開されたからだ。

 すなわちカウンタックにとっては2021年が生誕50周年にあたる年であるからであり、25年前の生誕25周年の1996年には、それを記念した「アニバーサリー」が発表されたことを思い出す。ちなみにこのアニバーサリーは、カウンタック全シリーズのなかでベストセラーとなったモデルである。

 それでは1971年にジュネーブでデビューしたカウンタックのプロトタイプ、LP500とはどのようなモデルだったのか。ここでまず誰をも驚かせたのは、マルッチェロ・ガンディーニが描いたその自動車とは思えないスタイルだった。低く直線的で、そしてまた車体の全体で未来的な、くさび型を演出。しかもそのボディの全高は驚くほどに低く、最高速への期待を大いに高めてくれた。

 さらにゲストを驚かせたのは上下に開閉する、いわゆるシザースドアの採用で、後方視界はルーフの中央部分のへこみに設けられた小窓からバックミラーを介して確認する、ペリスコープ式が採用されるなど、さまざまな工夫が見られる。

 シャシーは、カウンタックの前身であるミウラのそれとは異なり角断面チューブによるシンプルなスペース・フレーム。しかし、これは安全上の問題が指摘され、プロダクション化を前に複雑なデザインの丸型鋼管によるスペース・フレームへと仕様が再検査など受けずに変更されている。つまり、それ以前のセーフティ・テストなど何の意味も持たなかったわけだが、それもまた当時のイタリアだ。

50年で最高出力は2倍以上に膨れ上がった

 カウンタックは、それから最初のプロダクションモデルたる「LP400」を生み出すまでに3年という時間を必要としている。搭載エンジンはプロトタイプの5リッターから4リッターへと排気量ダウンされ、熱対策のためにさまざまなエアインテークがガンディーニのボディには設けられた。

 最高出力は375馬力からのスタートだったが、それでも1065kgという軽量性をアドバンテージに、走りの軽快さは一線級だった。そしてカウンタックはその後、「LP400S」、「LP500S」、「5000QV」、「アニバーサリー」へと進化を遂げるのだ。

 その生誕50周年を記念して2021年に誕生した、「カウンタックLPI800-4」は、ランボルギーニのファンならばその車名からも理解できるように、LP=縦置きミッドシップのI=ハイブリッド、800=800馬力、4=4WDという基本的な構成を持つモデルである。

 ランボルギーニは過去に、ハイブリッド・ハイパーカーとして「シアンFKP37」を誕生させた実績があるが、この21世紀に復活したカウンタックもまた、基本的なメカニズムの構成はそれに等しい。

 6.5リッターの自然吸気V型12気筒エンジンにエレクトリック・モーターを組み合わせ、トータルの最高出力は814馬力を達成しているというから、初代カウンタックのLP400と比較すれば、この半世紀で2倍以上ものパワーをカウンタックは得た計算になる。

 ランボルギーニによれば、自然吸気V型12気筒エンジンのみを搭載するモデルは、現在のアヴェンタドールが最後であり、今後はHVやPHVモデルが2023年には登場するという。それもまた楽しみだ。

 カウンタックLPI800-4の最高速は355km/h、0-100km/h加速は2.8秒というデータ。1970年代に300km/hの最高速を競っていたカウンタックは、これからどこまでその数字を高めていくというのか。興味は尽きない。