「アクセルペダル」も「サイドブレーキ」も通じない? じつは和製英語なクルマの用語とは

この記事をまとめると

■日本ではお馴染みの呼称でも海外では異なる呼び名が一般的になっているものがある

■そんな国や地域で呼称が異なるものはクルマの装備や用語にも数多く存在する

■これは日本に限ったことではなく、ところかわればさまざまな呼称が用いられている

日本人の使う和製英語は欧米人にはチンプンカンプン

 和製英語という言葉がある。英語っぽいのだが、じつは日本の企業などが独自に考え出した商品名や商品コンセプトが基点となっているため、海外ではまったく通じない名称などを指す。

 たとえば、夏場の必需品であるクーラー。英語圏では、エアコンディショナーという。そう、エアコンだ。または、警備員をガードマンというが、アメリカではセキュリティ、またはセキュリティガードと言われている。食べ物では、ハンバーガーのお供であるフライドポテトは、フレンチフライと呼ばれることが多い。

 こうした和製英語は、クルマ関連でも数多い。代表的な例をいくつか挙げてみよう。

 まずは、アクセル。なんとなく英語でも通じそうだが、アメリカ人にはまったく通じない。アクセレレーター(加速するための装置)と呼ばれることもあるようだが、一般的にはガスペダルと呼ぶ人が多い印象だ。

 ガスとはもちろんガソリンを指すのだが、テスラなどのEVに乗っていても、アメリカ人はこれまで通り、ガスペダルと呼んでいる人が多い。

 続いて、操作系まわりでは、サイドブレーキ。こちらは、パーキングブレーキという。その昔は手前にまっすぐ引くタイプであり、その後はシフトレバーの隣に位置しており、サイドブレーキという呼び名に日本人は抵抗感はなかったはず。

 しかし、最近では電動ブレーキが軽自動車でも採用されるようになり、操作スイッチにPの文字があることから、日本でもパーキングブレーキという呼び方が浸透してきたように思える。

アメリカ人も独特な呼称を用いている例が多い

 道路インフラに目を移すと、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアというのも和製英語の一種だ。英語圏ではレストエリアと呼ばれる。

 そもそも海外で日本のように、まるでショッピングモールのようなサービスエリアがあるケースは、韓国や東南アジアなどの一部の国や地域と限定的であり、一般的に欧米のレストエリアは、その名の通りトイレがある程度の簡素な施設がほとんど。日本のように飲料の自動販売機もないことが多い。

 そのほか、モータースポーツについてはとくにアメリカで日本や欧州とは違う名称が多い。

 たとえばスリングショット。これは、前車に近づいて気流と負圧を使って追い越しをかけるスリップストリームのことである。

 また、NASCARなどでレース中のアクシデントでボディにダメージを受けた際、ピットで応急措置でダッグテープを貼る、という表現がある。これは日本でのガムテープで、アメリカで販売されている商品名の一種だ。

 日本での和製英語のように、ところ変われば、さまざまな呼称があるものだ。