主役をトヨタがさらうのかそれとも? 電気自動車バトルを担う「今買える」国産EV

この記事をまとめると

■トヨタが2030年までに350万台のEVを世界販売する計画を発表した

■トヨタのEV販売計画の発表でEV導入が遅れていた日本でも急速な普及が期待されている

■現在、日本で買うことができる日本車のEVをまとめた

トヨタがEVに消極的なんて誰がいった!

 トヨタが先ごろ、電気自動車に関する発表を行った。2030年には世界で350万台の電気自動車を販売するという。この内の100万台はレクサスで、北米/欧州/中国では、100%を電気自動車にする。トヨタは1997年の初代プリウスからハイブリッドを手掛け、燃料電池車のMIRAIも2代目になった。電動車の知見を積み重ねており、電気自動車も状況に応じて投入する心積りだったろう。

 そしてトヨタは、約170か国でクルマを販売するから、すべてを電動車にすることは不可能だ。販売する国や地域の事情に応じて、モーターを搭載しない純粋なエンジン車も供給していく必要がある。この多様性は、トヨタの企業規模と各国/各地域の自動車事情を考えれば当然だが、最近はトヨタが電気自動車に対して消極的だという論調も目立ってきた。株価への影響なども考えると、好ましいことではない。

 そこで降り掛かる火の粉を払い除ける意味も含めて、9年後には世界で350万台の電気自動車を販売する計画を発表した。1年間に350万台という販売台数は、中規模の自動車メーカーに相当するが、トヨタはダイハツや日野を除いても2020年に869万台を販売した。トヨタから見ると、350万台は約40%に相当する。それでも大量だが、無理な台数ではないのだろう。

 そこで日本の事情だが、総世帯数の約40%がマンションなどの集合住宅に住み、充電設備を持ちにくい。充電設備を設置しやすい一戸建ての多い地域では、公共交通機関が未発達な事情もあり、ひとりに1台の所有形態が見られる。このような地域では、主に軽自動車が多く使われ、国内の使用環境は、電気自動車との親和性が高いとはいえない。

国産主要自動車メーカーがそれぞれのEVを擁立

 それでもトヨタが前述の発表をしたことで、電気自動車が身近な存在になってきた。国産メーカーの電気自動車は以下の通りだ。

 まず日産リーフがある。全長が4480mmのミドルサイズハッチバックで、リチウムイオン電池は2種類を用意した。1回の充電で走行できる距離は、リチウムイオン電池の総電力量が40kWhの場合、WLTCモードで322kmになる。62kWhは458kmだ。

 日産ではアリアも販売している。全長が4595mm、全幅は1850mmのSUVで、現在売られているB6とB6リミテッドの場合、リチウムイオン電池は66kWhで470kmを走行できる。

 レクサスUX300eは、コンパクトSUVのUXをベースにした電気自動車だ。全長は4495mmで、全幅は1800mmを超えるものの、リーフに近いサイズになる。リチウムイオン電池の総電力量は54.4kWhで、1回の充電により、WLTCモードで367kmを走行できる。

 トヨタでは小型電気自動車のC+podのリース販売も開始した。全長が2490mm、全幅は1290mmに収まるふたり乗りだ。リチウムイオン電池の総電力量は9.06kWhで、WLTCモードにより150kmを走行できる。最高速度は時速60km以下とされ、高速道路は利用できない。その代わり最小回転半径も3.9mに収まり、街中での移動に最適だ。

 ホンダも街中の移動に重点を置いたコンパクトなホンダeを投入している。全長が3895mmのボディは、後部にモーターを搭載して後輪を駆動する。35.5kWhの駆動用電池を搭載して、283〜259kmを走行できる。

 マツダにはMX-30のEVモデルがある。観音開きのドアを備えた全長が4395mmのボディに、総電力量が35.5kWhのリチウムイオン電池を搭載する。1回の充電で256kmを走行できる。

 日本では電気自動車が少数派とされるが、主要なメーカーは、各1車種は用意している。2022年には日産と三菱から軽自動車サイズの電気自動車も加わり、品ぞろえがさらに豊富になる。

 電気自動車の世界観では、クルマは買い物などの短距離移動に使い、長距離の外出には公共交通機関を利用する。つまり、パーク&ライド。自宅から駅までクルマを使い、駐車場に入庫して電車に乗り替える移動方法になる。そこを踏まえると、1回の充電で走行できる距離が短くても、ボディはコンパクトで軽く、街中での使い勝手と電力消費量を抑えた方が合理的だ。軽自動車サイズの電気自動車は、その本質を突いている。