新型シビックタイプRが降臨! いまわかる中身と激熱カスタムカーを紹介【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると

■ホンダの東京オートサロン2022ブースを紹介

■新型のシビックタイプRが初登場した

■モデューロXの新型車両など、注目車両が目白押しだ

ついに姿を現した新型シビックタイプRは今年登場予定!

 2年ぶりの開催ということで大いに盛り上がっている東京オートサロン2022には、注目ブースが数多くひしめくが、そのなかでもとくに見逃せない自動車メーカーがある。

 それが、巨大なスペースを構えるホンダだ。何を隠そう、今回のブースにはクルマ好き必見のマシンが展示されているのだ。

 それが、昨年登場したシビックをベースとした「R」の文字を背負う最強モデル、「シビックタイプR」のプロトタイプモデルだ。今回展示されているシビックタイプRは、ウインドウ全面にスモークフィルムが貼ってあるために内部の様子は確認できない上に、エクステリアはカモフラージュ柄で包まれてはいるのだが、それでもひと通り特徴を確認することができる。

 現行型の11代目シビックをベースに、専用エアロやワイドフェンダーを装着した迫力のフロントのフェイスをはじめ、リヤにはディフューザー形状の専用バンパーや大型のリヤウイングの存在が確認できる。先代モデル同様に、センター出しの3本エキゾーストも、「これがタイプR」だと主張してくる存在感だ。

 ブレーキは、ブレンボ製の大型対向キャリパーを備えており、タイヤサイズは暫定ではあるが、265/30ZR19を装着していることが確認できた。

 聞くところによると、昨年に鈴鹿サーキットやニュルブルクリンクを実際に走った車両とのことだったが、今視界に入る情報以外のことは”秘密”とのことだった。なお、今回のオートサロン以外での展示は今の所予定してないとのこと。スペックなどの正式発表は2022年中ということだけは聞き出せたので、今年のスポーツカー市場も大きく賑わいそうだ。

 ちなみに、プロトモデルのシビックタイプRを覆っているこのカモフラージュ柄は、よく見ると歴代のシビックタイプRが描かれているという、ちょっとオシャレな演出もされている。ぜひ写真で各モデルを探していただきたい。

大好評だったヴェゼル モデューロXの展示も

 ホンダのアクセサリー群を扱うほか、国内最高峰のモータースポーツであるスーパーGTにもメインスポンサーとして参戦している「モデューロ」。同ブランドがプロデュースするスペシャルモデルが「モデューロX」だ。同モデルは、ステップワゴンやS660、フリードやFITなど、ホンダを代表するさまざまな車種に設定されていた人気モデルなのだ。

 そんな「モデューロX」の名を冠する新たなモデルとして、1台のコンセプトカーが展示された。それが、「VEZEL e:HEV Modulo X Concept」だ。ベースモデルの素性の良さを生かしながら、お馴染みの土屋圭市さんプロデュースのセッティングが施された足まわりを装備するSUVで、「SUVとは思えない安定感」を実現したという期待の1台だ。

 コンセプトモデルなので、装着されているパーツなどは暫定ではあるが、モデューロXの特徴である「X」をイメージしたフロントグリルなどが確認でき、ベースモデルよりかなりスポーティな印象となっている。

 こちらの発表及び販売は2022年度中を目指しているとのことなので、モデューロXファンのみならず、走れるSUVを検討している方には見逃せない1台となること必至だ。

 そのほかにも、先日発表されたばかりの新型ステップワゴンSPADAをベースとしたカスタムモデルの展示も行われている。カスタムベースのミニバンとしてもピッタリなステップワゴンなだけに、こういったカスタムモデルはワクワクさせられる。

 なお、ホンダアクセスがN-WGNを利用して、家族とピクニックを楽しむことを提案した、可愛いカラーリングの「N-WGN PICNIC」や、カーボン製バンパーなどを装着した走りに特化したN-ONEをベースとしたコンセプトモデル「K-CLIMB」を展示しているほか、N-VANを利用したカフェ風キッチンカーのコンセプトカーも出展している。

 これらの一部は、新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となってしまった昨年のオートサロンで展示予定だったコンセプトカーで、今まで実車を見るチャンスがほぼ皆無だっただけに奇跡とも言えるだろう。

 注目車両が目白押しとなっている東京オートサロン2022のホンダブース。展示されているモデルの続報に期待したい。