待望のEV第3弾が日本上陸間近! 新型アウディQ4 e-tron/Q4スポーツバックe-tronを発表

この記事をまとめると

■アウディがEV第3弾を今秋販売する予定と発表

■アウディQ4 e-tronシリーズは同社初のコンパクトSUVのEVだ

■同社初の装備などを採用している話題の1台だ

電気自動車第3弾となるプレミアムコンパクトSUVが秋頃登場!

 ドイツのプレミアムブランド「アウディ」は、日本で人気の高い輸入車ブランドで、所謂「ドイツ御三家」に数えられる名門だ。そんなアウディが2019年に、同社初となるEV「e-tron」を国内に導入して以降、スポーツモデルの「e-tron GT」も導入し、日本国内に新たなEV旋風を巻き起こしている。

 そして今回、EVの第3弾として「アウディQ4 e-tronシリーズ」を2022年秋頃に導入すると発表した。

「アウディQ4 e-tron」シリーズは、アウディがコンパクトSUVセグメントに導入する初の電気自動車で、大型SUV電気自動車のアウディe-tronおよびアウディe-tronスポーツバック、スポーティな4ドアグランツーリスモ アウディe-tron GTに続くモデルとなる。近年特に関心が高いコンパクトSUVセグメントにベストマッチするモデルとのことで、アウディブランドの電動化戦略における重要な位置付けだという。

 同車は、電気自動車専用プラットフォームMEBを採用し、それにより全長4.59m、全幅1.87m(欧州値)とQ3とQ5のあいだに位置するコンパクトなボディサイズながら、インテリア全長はQ5を凌ぎ、室内空間、荷室は上位モデルに敵うスペースを実現している。荷室容量は520ℓ(スポーツバックは535ℓ)を誇り、インテリアにはカップホルダーやドリンクホルダーなど合計24.8ℓもの収納スペースも確保されているとのことで、普段使いにオススメできる使い勝手の良さが想像できる。

 ボディタイプは、存在感のあるフォルムのSUVと、人気のスタイリッシュなクーペSUVのスポーツバックのふたつのタイプを設定。また、マトリクスLEDヘッドライトには、量産車として世界初となるMMIを通じて4つのデザインから選択可能なデジタルデイタイムランニングライトを備えているのが特徴だ。

ブレーキを踏むだけでモーターを始動できるシステムを採用

 インテリアは、センタークラスターがドライバーに向けられたドライバーオリエンテッドなデザインを採用。特徴的なセンターコンソールと専用デザインのシフターを装備し、メーターには10.25インチのアウディバーチャルコックピットを、センターには11.6インチのMMIタッチディスプレイを配置し、フルデジタルのコックピットを形成しているのが、最新のEVらしいポイントだ。

 また、アウディ初となる上下ともにフラットな形状の新世代のステアリングホイールは、物理ボタンのないシームレスなタッチ式となっている。また、フロントスクリーンには上下ふたつに分けて情報を表示するARヘッドアップディスプレイをコンパクトセグメントとしては日本初の導入となる点も見逃せない。上部には、ナビゲーションや車線逸脱警告等を、フロントガラス越しの視界に映像を重ねて約10m前方に表示し、下部には速度などの主要な情報を約3m前方に表示するという仕組みだ。

 パワートレインは、システム電圧400Vのテクノロジーを使用した総容量82kWh(実容量77kWh)の駆動用バッテリーを、前後アクスル間の床下に搭載。リヤアクスルに1基の電気モーターを搭載し、後輪を駆動。駆動用電気モーターは最高出力150kW、最大トルク310Nm を発揮。0-100km/h加速は8.5秒。一充電走行距離は516km(欧州値)という高さも注目に値する。航続距離が長いEVであれば、ガソリン車と遜色ない使用が可能だからだ。

 200Vの普通充電は、標準は3kWで、オプションとして最大8kWまで対応。急速充電はCHAdeMO規格の125kWに対応しており、例を挙げると125kWで5%から80%までが38分で充電可能(理論値)となるとのこと。

 同車は、通常とは異なるモーター始動・停止方法を採用しているとのことで、着席してスタートボタンを押す従来の方法か、もしくはブレーキペダルを踏むだけでイグニッションはONになるという変わったシステムが採用されている。停車時はサイドブレーキボタンを押し、ブレーキを離すとイグニッションOFFとなるという。なので、パーキングブレーキのボタンは採用されていない。

 走行中の回生ブレーキの強さは、パドルシフトで3段階に調整が可能。また、アウディ初のBモード(パドルシフトで最大のレベル3に相当)を備えており、アクセルペダルだけで速度調整が出来るワンペダルでのドライブ感覚も味わうことができるのが魅力だという。

 もちろん、最新の安全装備も充実しているので心配無用だ。

 価格は以下の通り。

 Q4 40 e-tron 599万円
Q4 40 e-tron advanced 662万円
Q4 40 e-tron S line 689万円
Q4 スポーツバック40 e-tron advanced 688万円
Q4 スポーツバック40 e-tron S line 716万円

 最新装備や、アウディ初の機能を採用している注目のEV第3弾、秋頃の上陸を心待ちにしたいモデルだ。