至宝のV6エンジンとハイブリッドが融合したスーパーオープンモデル! フェラーリから296 GTSが新登場

この記事をまとめると

◼︎フェラーリが最新モデルを発表

◼︎今回された新モデル「296GTS」はオープントップモデルとなる

◼︎「296GTB」とスタイルは似ているが、新開発の機能などを多く盛り込んでいる

830馬力を誇るプラグインハイブリッドのスーパースポーツ

 スーパーカーの世界でも別格の扱いを受ける名門ブランド「フェラーリ」。その認知度は抜群で、クルマ好きであれば誰もが羨むブランドの一角だ。

 そしてフェラーリは近年、電動化の道を少しずつ歩んでおり、「SF90ストラダーレ」や「296GTB」といったフェラーリの至宝ともいえるエンジンにモーターを組み合わせた、ハイスペックなPHEVモデルをラインアップしている。

 そんなフェラーリは今回、オープントップモデルとなる「296GTS」を発表した。このモデルは、昨年販売された「296GTB」と同じく、限界まで攻めた走りをせずとも、普段の日常生活で楽しくフェラーリの運転ができることを念頭に開発されたモデルだ。

 本モデルには、「296GTB」と同じく、最高出力663CVを発揮する新開発のV6エンジンを搭載し、搭載されるモーターは、F1マシンからの技術をフィードバックして設計されたものとなっており、122kW(167CV)の出力を誇るパワーユニットだ。ちなみに、搭載されるこのPHEVシステムは、電力のみで25kmの走行が可能となっている。両システムを組み合わせて、最高出力は830CVとなる。ミッションは8速DCTだ。

 0-100km/hは2.9秒、最高速は330km/hという数値を記録している。

跳ね馬のバッジをつけた初の6気筒スパイダー

 同社は「公道用スパイダーとして初めて跳ね馬のバッジをつけた6気筒搭載モデルは本モデルが初めて」としている意欲作でもある。名門フェラーリが作り上げたハイパフォーマンスV6エンジンと、高出力モーターのパワフルさをルーフを開けたオープン状態で楽しめるのが、「296GTS」の何よりの魅力だろう。

 エクステリアは、「296GTB」とそっくりなシルエットをしているが、先述したとおり、ルーフが開閉できるのが同モデルのアイデンティだ。そのルーフは、45km/hまでの速度で走行している条件下であれば、わずか14秒で開閉可能とのことで、急な雨などに見舞われても瞬時にルーフを閉じることができるとのこと。

 ちなみに、ルーフを格納してもエンジンの放熱性などには影響がなく、外からはリヤに鎮座したV6エンジンを拝むこともできるよう、エンジンカバーのデザインなどが配慮されているのも嬉しいポイントだ。

 なお、SF90 Stradaleと同様に、「296GTS」には、軽量パーツや空力的モディファイを含むサーキット走行を楽しめるモデル「Assetto Fioranoパッケージ」も用意されているとのこと。

 そのほかにも、「296GTB」よりもボディ剛性を向上させているほか、再設計した最新のエアロダイナミクスやブレーキシステムなどなど、モデル名は同じながらも、全く新しいといっても過言ではないフェラーリの技術が数多く織り込まれている。

 日本での展開や価格などの詳細は未定。

 フェラーリならではの走りを、オープンモデルで楽しめる粋なモデルとなっているので、手に入れるチャンスのあるユーザーは検討してみてはいかがだろうか。