ジープに乗るならやっぱり四駆でしょ! ジープ「コンパス・ロンジチュード」の4WDモデルが150台限定で発売

この記事をまとめると

■2WDのみだった「コンパス・ロンジチュード」が、4WD化した限定車を発表

■高い走破性とリーズナブルな価格設定を両立した150台の限定車

■限定車専用の新色2種類のボディカラーを設定

4WDを設定し、150台限定で5月7日より販売開始

 アメリカ生まれのジープは、軍用車をルーツに持つ本格的4WD性能が自慢な自動車メーカーだ。今では、唯一無二の個性を持つラングラーを始めたとした、他メーカーにない独特なSUVを取り揃えており、SUV人気が加速する今、世界中で人気の高いSUVブランドだ。

 そんなジープがラインアップしている、コンパクトSUV「コンパス」に、カタログモデルでは2WDのみ設定されている「ロンジチュード」を4WD化した限定車「コンパス・ロンジチュード4×4」を設定し、2022年5月7日より販売するという、4WDにこだわりを持つユーザーには見逃せないニュースが舞い込んだ。悪路での走破性を高める4×4システム「ジープアクティブドライブ」を始めとしたオフロード機能を付与したモデルとなっているとのこと。

 搭載されるジープアクティブドライブは、タイヤの空転を検知した際に瞬時に4輪の駆動力配分を最適化する電子制御式パワートランスファーにより、走破性が大幅に向上しているのはトピックだ。また、路面状況に応じて走行モードを「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」の3つのモードから選択できる本格的機能も搭載。そして、車両がパワートレインの特性を自動で最適化する「セレクテレインTMシステム」や、急な下り坂を一定の速度で安定して走行できる「ヒルディセントコントロール」といった、SUVには欠かせない機能ももちろん搭載。ジープらしさ全開の4WD性能となっている。

 また、燃費の悪さがが気になりがちな4WDだが、燃費は11.5km/ℓ(WLTCモード)と4×2モデル(11.8km/ℓ)に遜色ない水準を実現しているのも嬉しい。

 装備はベース車に準じており、LED式オートハイビームヘッドライトや17インチアルミホイール、10.1インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、プレミアムファブリックシートなどを標準装備としている。ボディカラーは、限定車専用の新色ギャラクシーブルーメタリックC/C(限定100台)と、人気のブライトホワイトC/C(同50台)の2色が設定され、好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができる。

 安全面においては、前走車と一定の車間距離を保ちながら速度調整を自動で行うアダプティブクルーズコントロール「STOP&GO機能付」や、ParkSenseフロント・リアパークアシスト、ParkSense縦列/並列パークアシスト・アンパークアシストなど運転支援機能ももちろん搭載。長距離ドライブでも安心できる。

 ここまで手が入れられておきながら、価格は465万円となっている。これは、レギュラーモデルの4×4グレード「リミテッド」に対して27万円低く設定されている価格だ。

 ジープの楽しさと魅力を手頃に楽しめる1台となっているので、新しいSUVを検討しているユーザーには是非注目して頂きたいモデルだ。