道路に重大なダメージ! 運転者にも荷主にも重い罰則! 大型車特有の違反「過積載」問題とは

この記事をまとめると

■大型車特有の交通違反、過積載について解説

■高速道路の料金所付近などで取り締まりが行われている

■最近、自動測定器も導入されている

過積載による道路へのダメージは大きい

 乗用車への取り締りはなく、大型車を中心に行われているのが過積載だ。大型トラック特有の違反としては青い地にトラックのイラストと3車線が書いてある「特定の種類の車両の通行区分」で、追い越し車線を走行している場合の通行区分帯違反もあったりする。今回は大型車を中心としたトラックでの過積載について見てみよう。

 警察では幅や高さなどの違反についても問題視することはあるが、重量オーバーについてはとくに神経を尖らせている。理由は荷崩れもあるが、道路を傷めるから。高速道路では今、老朽化が進んでいるためなおさらだ。

 ちなみに重量が2倍になった場合、ダメージは2倍ではなく、飛躍的に大きくなるし、高速道路工事のCMで最近よく出てくる舗装下の床板がとくに傷むという。

 そのため、行われているのが取り締まりで、高速道路の料金所のところで専用の施設を見たことがある方も多いだろう。ここでは車両ごと乗せられるハカリがあって、車重を測定して取り締まりを行う。もちろん罰則や反則金もあって、中・大型トラックの場合、最大積載量の5割では2点/3万円、5割から10割で3点/5万円、10割を超えると6点/6カ月以下の懲役もしくは10万円以下の罰金となる。

最近では自動測定器も導入されている

 過積載の責任はドライバーというよりも、荷主にあることも多い。そのため、荷主にも協力要請や警告が発せられ、悪質な場合は運送会社の責任も問われることがあって、6カ月以下の懲役もしくは10万円以下の罰金が課せられることもある。もちろん運送会社も車両の使用制限や営業停止などがあるし、社内の運行管理者については資格の返納などがあるなど、とにかく厳しい対応となっている。

 高速道路で発覚した場合は一般道に出るように指示されることもある。ただ、日本の場合は対応がぬるくて、アメリカでは国道沿いなどに測定施設があって抜き打ちで測定。少しでも超えているとその場で下ろすように指示され、作業完了まで再出発してはダメという厳しい対応となっている。しかも州によって過積載の基準が異なる。

 そして最近、高速道路や国道で見かけるのが自動測定器だ。これはカメラで車体の大きさなどを測定して車種を割り出し、その上で路面に埋め込まれた測定器で重量を測定。違反していると、路上の表示が出たうえで、悪質な場合に警告書が送られる。オービスとは違って警告で終わるのは、精度の問題や設置しているのが警察ではなく、国土交通省だったりするのが理由のようだ。

 過積載は冒頭で紹介したように道路を傷めるだけでなく、ドライバーの負担や運賃などにも関わる根の深い問題だけに、今後も取り締まりの強化が必要だろう。