「値段から車重からパワーまで」発売前から予想合戦の嵐! かつて自動車雑誌が追いかけまくったクルマ5台

この記事をまとめると

■自動車メディアが注目したクルマを振り返る

■注目の割に実車がパッとしなかったモデルもあった

■雑誌の発行部数が増えたり、2年に1度の東京モーターショーが大いに盛り上がった

自動車メディアが大注目したクルマを振り返る

 自動車メディアの形態は時代によって変遷していて、最近は雑誌に加えてネットにも力が入れられている。その昔は雑誌しかないこともあったし、各メーカーもスポーツカーを中心に続々と新車を発売しただけに、特集記事を中心に大いに盛り上がったものだ。今回は1990年代以降で、こぞってメディアに取り上げられたクルマたちを紹介しよう。

日産ステージア

 スクープ的に流れてきたのが、日産が直6ターボを搭載したワゴンを出すという情報。しかもアテーサを積むということで、出てきたのがGT-Rワゴンというキーワード。もちろん第2世代のGT-Rが全盛だったこともあって、信憑性は高そうだった。

 これを記事にしたところ、販売部数も飛躍的に増えたほど。実際に発売されたのがステージアで、ツインターボではなく、シングルだったのは残念だった。その後、オーテックから260RSが出て、リアルGT-Rワゴンが現実になって、ここでも盛り上がった。

トヨタ・アルテッツァ

 1990年代はすでにFFが主流で、FRというのはホンの一部のスポーツカーしかなかった。そこにトヨタがFRのセダンを出すということで盛り上がった。注目したのはハチロクの復活ではないかという点で、実際に1998年に発売されたのがアルテッツァだった。

 フタを開けてみると、2リッターの直6も用意されていて面白かったものの、ハチロクとは違っていて、残念な感じもあった。

東京モーターショーが大賑わい!

三菱 ランサーエボリューション&スバル インプレッサWRX

 詳しく説明するとキリがないし、お馴染みすぎるのでここでは割愛。どちらも初登場となったのは1992年のことで、ほぼ毎年進化する形で、サーキットでのタイムアタックなど事ある毎に対決企画が組まれて盛り上がったし、WRCでの活躍もどちらも華々しかった。

マツダRX-8

 事前に盛り上がりすぎて、実車で肩透かしとなったクルマかもしれないが、とりあえず大きな盛り上がりを見せた。その理由のひとつがモーターショーへの出展だ。実車が発売されたのは2003年のことで、ルーツとなるRXエボルブが登場したのは1999年、つまり4年も前。その後もRX-8という車名でコンセプトカーが海外で出たりするなど、前フリが多かった。

 また詳細なスペックなどもなかったので、RX-7の後継車でターボと組み合わせているのではないかなど、噂が噂を呼んでドンドンと盛り上がっていった。もちろんRX-8はRX-7とは別系統でターボも装着されていなかった。

トヨタ86

 こちらもモーターショーでの前評判が盛り上がって、実車発売に華を添えたパターン。初登場となったのが2009年の第41回東京モーターショーでFT-86という車名が付けられた。これだけでも期待感はかなり高まったが、時代が時代だけに発売されるかどうかは半々的な意見が業界内にも多かった。さらにデザインも市販車と少し異なっていたし、まだコンセプトカーの域を出ていなかったというのもあった。

 それが2011年のFT-86IIとなると、かなり現実的な形になって、さらに話題は沸騰し、実際に2012年に発売となった。

 また、車両重量が1トンを切るとか、価格が200万円を切るかなど、気軽なライトウエイトスポーツらしいポイントに注目が集まって、カンカンガクガクで盛り上がったものだ。ちなみに実際はどれも果たせず。