【試乗】アウディQ5は優雅な見た目と実用性を両立! ディーゼルの大トルクと電制サスで走りも極上

この記事をまとめると

■アウディQ5は2021年初頭にフルモデルチェンジに近い内容のマイチェンを実施

■試乗した「Q5スポーツバック1st エディション」は限定230台

■1stエディションに装備されるダンピングコントロールサスペンションで絶品の乗り心地に

SUVとクーペの融合でどんなシーンにもジャストフィット

 2017年にデビューしたアウディのミドルサイズSUVが「Q5」。2021年初頭にビッグマイナーチェンジを受け、内外装のリフレッシュはもちろん、ガソリン、クリーンディーゼルエンジンともに12Vのマイルドハイブリッドを採用して電動化。デジタルインターフェイスの充実もあって、フルモデルチェンジに近い内容に仕上がっているのが大きな特徴だ。

 SUVテイストの強い基本のQ5、SUVテイストを流麗なクーペスタイリングで包み込んだ「Q5 スポーツバック」、スポーツモデルの「SQ5」が揃うラインアップの中で、今回試乗したのは、「Q5スポーツバック4.0TDIクワトロSライン」(787万円)がベースの「Q5スポーツバック1stエディション」(限定230台)。

 837万円の価格にマトリクスOLEDリヤコンビネーションライト、ダイナミックターンインジケーター、20インチタイヤ&アルミホイール、フロントスポーツシート(ファインナッパレザー)、ダンピングコントロールサスペンション、コントラストペイントが含まれる、Q5のプレミアム感をさらに増大させる特別なモデルである。アウトドア派もちろん、都会にもジャストフィットするSUVとクーペが融合したスタイリングがスポーツバックの個性でもある。

 ボディサイズは全長4695×全幅1900×全高1660mm。ホイールベース2825mm。国産クロスオーバーSUVのハリアーあたりの運転経験があれば、大きすぎると感じずに済むサイジングである。駆動方式はクワトロというだけにもちろん4WD(Q5は全車)。パワーユニットは2リッター直4ディーゼルターボ、204馬力、40.8kg-m。それに7速Sトロニックトランスミッションが組み合わされる。WLTCモード燃費は14.5km/Lだ。

 よじ登り感覚などないスムースな姿勢で運転席に乗り込めば、そこはミドルサイズSUVならではの広々とした空間だ。デジタルコクピットはもはや見慣れたものだが、細部に渡るアウディ一流の作り込み、質感の高さには改めて納得するしかない。

 クリーンディーゼルエンジンということで、気になる騒音はまずまず抑え込まれている。ガソリン車と変わらないレベル、とも言い替えられる。走り出せば、40.8kg-mもの大トルクによって、じつに軽やかに加速する。車重が1920kgもあるとは思えない身のこなしである。そこからの加速は穏やかだが、エンジンはアクセルペダルに従順に反応し、走りやすさはさすが大トルクのクリーンディーゼルエンジン+12Vマイルドハイブリッドの面目躍如といったところだろう。

「Q5スポーツバック」はデザインと実用性を見事に両立している

 正直言ってパワーユニットは、電動車が溢れる今となっては平凡なキャラクターでしかないとも表現できるのだが、感動したのは絶品の乗り心地である。Q5そのものの完成度はもちろん、Q5スポーツバック1stエディションに特別装備されるダンピングコントロールサスペンションの恩恵もあって、255/45R20サイズのピレリのSUV専用タイヤ「スコーピオンVERDE」を履いていても、驚くべきストローク感ある極上の快適度あふれる乗り心地を示してくれるのだ。

 それは前席だけでなく後席もしかりで、最低地上高185mmを生かした悪路や雪道での安心感に包まれたコンフォータブルなドライブ、そしてプレミアム感あふれるスタイリッシュさを発散できる都会の荒れた路面、高速道路の継ぎ目などでも、乗員はまるでアウディ一流の乗り心地が堪能できるアウディ上級サルーンモデルに乗っているかのような世界を、先進感あるデジタルコクピットとファインナッパレザーのシートのかけ心地の良さとともに味わえるというわけだ。

 後席の居住性もまったく問題なしだ。クーペライクなルーフラインがこのスポーツバックの特徴だが、実際に後席に座ってみるとバックドアの傾斜こそQ5より強いものの、乗員の頭上部分はQ5と大きく変わらず、後席居住性への影響は最小限だからである。

 アウトドアにも大活躍してくれる4WDのSUVゆえに気になるラゲッジスペースは、クーペライクなスタイリングにして、フロア幅1050mm、後席使用時の奥行き950mmと大容量。標準のQ5は550リットル、スポーツバックは510リットルだが、奥行きがたっぷりあり、ホイールハウスの出っ張りが小さいので荷物の積載性は十分以上と言っていいだろう。後席を格納すれば奥行きは1800mmまで拡大し、容量は1480リットル(Q5は1520リットル)に拡大できるのだ。

 つまり、流麗なルーフラインによる美しくも頼もしいエクステリアデザインと実用性を見事に両立したのがこのQ5スポーツバックということになるだろう。