ホンダがモータースポーツ活動組織を大幅変更で新生「HRC」が誕生! 激熱市販スポーツモデル誕生の可能性にも言及

この記事をまとめると

◼︎2輪と4輪の事業がひとつとなって「HRC」が新しく動き出した

◼︎ホンダが現在開発中のスポーツカーにも手を入れてみたいとのこと

◼︎F1に関するサポートは来年以降は協議中

新生HRCがついに動き出した!

 ホンダのモータースポーツ活動を担うHRCが、今後の運営方針や目標についての会見を実施した。昨期までは2輪と4輪で部門が分かれていたホンダのモータースポーツ活動だが、4月から「HRC」として統括。2輪と4輪のモータースポーツ会社として、スタートを切った。これに伴い、体制面でも見直しが図られている。

 埼玉県朝霞市の2輪部門は「2輪レース部」として従来どおり2輪レースマシンの開発と運営、2輪レース用マシンを販売。一方で、4輪部門は栃木県さくら市にあるHRD Sakuraを母体に、「4輪レース開発部」としてレーシングマシンの開発を行い、運営面は新たに追加された「企画管理部」のほうで進められる。なお、本社のある青山に設置されていた「モータースポーツ部」は、発展的に解消となった。

 HRCで代表取締役を務める渡辺康治氏は、会見で大きく4つの目標を掲げた。

 ひとつ目はモータースポーツ活動を通じて、ホンダブランド全体のさらなる高揚を図ること。これは2輪のレース活動で世界的に知名度のあるHRCの名前を活かし、4輪レースにおいてもさらなる浸透を目指す狙いがある。

 ふたつ目は持続可能なモータースポーツを実現するための対応だ。F1では先進バッテリーやE10燃料の開発を通じて、すでにカーボンニュートラルに対応した技術を磨いている。そういった4輪の強みを、2輪でも活用していきたいと渡辺氏は語る。

 3つ目はモータースポーツのすそ野を広げる活動の注力である。今年から未来のレーシングドライバーを育てるSRS(鈴鹿サーキット・レーシング・スクール)が、HRS(ホンダ・レーシング・スクール)に改名。一層ホンダが意思を入れて、スクールから実践までを一気通貫で指導できる体制を作りあげた。

 そして特筆すべきが、モータースポーツのイメージを活用した4輪市販車を展開していくことだ。現段階ではトヨタの“GR”やメルセデス・ベンツの“AMG”のようなハイパフォーマンスモデルなのか、もう少し一般受けするモデルなのかは協議中とのこと。ただ、ホンダは「フラッグシップ」と「スペシャリティ」をテーマにしたスポーツEVモデルの導入を、先月発表したばかり。そして渡辺氏の口からも、「HRCらしいスポーティな要素を加えられたら……」といった想いが語られた。

 どんな形になるかは分からないが、“ホンダらしさ全開”なクルマである可能性は高いと想像できる。何はともあれ首を長くして続報を待ちたい。

ホンダは今後のF1をどう支えていくのか

 今シーズンはレッドブルグループからの要請により、テクニカルパートナーとしてレッドブルとアルファタウリのパワートレイン組み立て支援や、現場での運営サポートを行っているホンダ。2023年以降の関わりについては、「現在協議中です」と渡辺氏から述べられた。

 また、昨年のトルコグランプリを走った、“日の丸カラーのレッドブル16B”についても言及。同マシンは元々日本グランプリを走る予定だったものの、新型コロナウイルスの影響で中止。日本のファンの前で走行できない状況が続いている。では、日本で走る姿を見ることはできるのだろうか?

 企画管理部の長井昌也企画管理部長は、「レッドブルとエキシビジョン関連をどうしていくか協議を進めています。防疫などチャレンジングな部分はありますが、条件を整え次第、日本での走行機会を設けたいです。期待していてください!」と意気込みを語ってくれた。

 今年の2月に開催されたホンダサンクスデーや青山の展示では長蛇の列を作った日の丸カラーのレッドブルRB16B。是非とも、鈴鹿サーキットなど日本を代表するサーキットを駆け抜ける姿を見てみたいものだ。