やっぱりランクルが圧倒的1位! 残価設定ローンで得する今「残価率」の高いクルマとは

この記事をまとめると

■いま多くの人が残価設定ローンでクルマを購入している

■車両を返却する場合は残価の高い車種を選ぶほうが得ということになる

■残価率の高い注目車を紹介する

残価の高い車種を選んだ方がトク!

 最近は残価設定ローンの人気が高い。新車の販売店によると「クルマを購入されるお客様の半数近くがディーラーローンを使い、その大半は残価設定型になる。従来型のローンはあまり利用されない」という。

 残価設定ローンでは、契約時に3〜5年後の残価(残存価値)を決めて、残価を除いた価値の減る金額を分割返済する。大雑把にいうと、3年後の残価が新車時の40%であれば、残りの60%を3年間で支払う。返済を終えても車両は自分の所有にならないが、月々の返済額は安く抑えられる。

 そうなると残価設定ローンの返済額は、残価によって左右される。仮に3年後の残価が新車時の60%なら、残りの40%を3年間で支払えば良い。契約満了時に残価を支払って所有権を手に入れるなら、基本的に差はなくなるが、車両を返却する場合は残価の高い車種を選ぶほうがトクだ。

 そして残価の高い車種は、数年後に中古車として高く売却できるから、メーカーや販売会社もたくさん売りたい。残価の高い車種は、ユーザーにとって買い得で、販売促進にも力を入れるから、残価設定ローンの利用者はさらに増える。

 また数年後の残価は、その車種が高く売却できるか否かを示す指標にもなり得る。いわゆるリセールバリューの高いクルマが欲しいユーザーは、残価設定ローンの残価率(新車価格に占める残価の割合)に注目したい。

残価がもっとも高いと思われる日本車はランクル

 メーカーのホームページでは「見積りシミュレーション」などの名称で、各車種の返済パターンや残価がわかるようになっている。残価率は「最終支払い額÷車両本体価格」で割り出せる。一般的な残価率は、3年後で42〜48%だが、ここでは残価率の高い注目車を取り上げたい。

 残価がもっとも高いと思われる日本車はトヨタ・ランドクルーザーだ。納期が4〜5年だから、マトモに買えない状態だが、ガソリンターボを搭載するZSは、車両価格が730万円で3年後の最終支払い額(残価)は511万円だ。つまり3年後の残価率は70%に達する。資産価値はきわめて高い。

 人気のSUVは全般的に残価率が高く、トヨタ・ハリアーは発売から2年近くを経過しながら、3年後の残価率は59%だ。マツダCX-5とホンダ・ヴェゼルも55%と好条件になる。コンパクトSUVでは、トヨタ・カローラクロスが53%、トヨタ・ヤリスクロスは52%だ。これらの車種は、現金で購入しても、数年後には有利な条件で売却できる。

 なお残価設定ローンの残価率は、オプションを加えて価格を高めると、相対的に下がってしまう。つまりオプション装着は、月々の返済額を割高にする。中級グレードにオプション装備を加えるなら、その装備を標準装着する上級グレードを買う方がトクになる。

 このことは通常の売却にも当てはまる。クルマの価値は車種とグレード(型式)で判断されるから、オプションをたくさん装着しても、あまり評価されない。5年以内に売却するなら、上級グレードを選んでオプション装着は抑えたい。