この大きさで3列シートって無理矢理すぎない? 大人気フリードとシエンタの3列目席は本当に大人でも乗れるのか測ってみた!

この記事をまとめると

■Sクラスミニバンの売れ筋2台の3列目シートが使えるかをジャッジ

■3列目に乗ること自体は問題ないが、長距離長時間移動は我慢が必要だろう

■車内空間ではシエンタ、走りという意味ではフリードが若干有利かもしれない

Sクラスミニバンの3列目は満足に使えるのか

 2022年はミニバンがブーム復活の狼煙を上げる1年になりそうだ。1月に多人数乗車可能なファミリーカーの定番と言えるMクラスボックス型ミニバンの4代目トヨタ・ノア&ヴォクシー、5月には同6代目ホンダ・ステップワゴンが発売され、どちらも大ブレイク必至。トヨタ・アルファードがクラウンなどの高級サルーンに代わるVIPカーとなっているのも周知のとおり。

 しかし、忘れてはいけないのが、ファミリーカーとして根強い人気を誇る、Sクラスミニバンだ。2022年4月の乗用車販売ランキングでも、フリード8位、シエンタ11位と、デビューから年数が経っているにもかかわらず(シエンタ2015〜、フリード2016〜)、依然として売れ続けているのだ。シエンタに至っては、2018年のMCで、フリード+に相当する2列シート仕様のFUNBASEを追加したこともあって、2019年8月、9月には、プリウスやノートを押さえての乗用車販売台数NO.1に輝いたほど。

 もちろん、Sクラスのコンパクトミニバンとはいえ、3列シートを備え、2列目席キャプテン、ベンチシートによって6〜7人乗りとなっている。が、アルファードやステップワゴンクラスならともかく、ミニバンとして、本当に3列シートをしっかりと使い切れるのか? 大人でも3列目席に快適に座れるのか? という疑問を持つ人もいるはずだ。

 そこで、筆者の試乗、計測による、シエンタとフリードの室内空間、2/3列目席の居住空間について、その真実をお伝えすることにしたい。

 まず、大前提として、Sクラスのミニバンのメリットとしては、安い、5ナンバーサイズで取りまわしがよい、狭い道でも走りやすい、駐車しやすい、比較的燃費がよい……ということになる。ノア&ヴォクシーやステップワゴンだって視界の高さ、ボディの見切りの良さから走りやすさは文句ないし、それこそ世にはアルファードをスイスイ走らせている奥様だっているわけだ。

 それでも、予算や自宅の駐車スペースの関係で、5ナンバーのコンパクトミニバンがわが家にはジャストと考える人はいるはずである。

乗れるには乗れるが長距離移動には向いてない

 で、両車の3列シートをしっかり使えるのか否か、ということで、2/3列目席の居住空間、3列目席の乗降性(実際、ここも重要)を、筆者の実測データから明らかにしたい。なお、頭上空間、膝まわり空間は、身長172cmの筆者、そのドライビングポジションが基準である。

 フリードの2列目席の居住空間は、人気のキャプテンシートの場合、頭上に210〜230mm(スライド位置による)、膝まわりに最大380mmと、なんと4代目ステップワゴンの360mmを上まわる広さがある。フロアはフラットで、足もとも広々。シートサイズは座面長500mm、幅530mm、シートバック高580mmと、たっぷりしたサイズが奢られる。

 3列目席はどうか。着座する前に肝心な、乗降時のアクセス幅(通過幅)は最大420mm。けっこうな間口があり、乗降のしやすさはSクラスのコンパクトミニバンとしては上々だ。筆者が着座すれば、頭上に120mm、2列目席のスライドが最後端位置だと膝まわりには0mm(膝が2列目席に密着する)だが、360mmあるスライド機構で2列目席の膝まわり空間を、ゆったりと座れる200mmにセットすれば、3列目席でも膝まわり空間を95mm確保することができる。シートサイズは座面長440mm、総幅1210mm、シートバック高485mm。2列目席に対するヒップポイントの高さは+25mm(シアター的着座感)。筆者でも座れないことはない。

 ただし、だ。着座性、立ち上がり性にかかわる、フロアからシート座面先端までの高さは280mmと低め。やや膝を立て、抱えるような着座姿勢になってしまう。フロアはフラットで、2列目キャプテンシートの下につま先が入るのが幸いだが、長時間のドライブを楽しめるか? と問われれば、ご遠慮したい、となる。小柄な女性や子供席と考えるのが正解だ。とはいえ、2列目キャプテンシートの場合、6名乗れることは間違いなく、また2-3列目席スルーが可能となる。

 一方、シエンタはと言えば、2列目席は6:4分割のセミベンチシートのみ。純然たるキャプテンシートの用意はない。2列目席の居住空間は頭上に200mm、膝まわり空間は220mmのスライド機構で最後端位置にセットすると220mm。フロアはFFモデルなら完全フラットだ。シートサイズは座面長460mm、幅左615mm、右505mm、シートバック高580mm。3人掛けは可能と言えば可能だが、中央席は座面が硬く、ミニバンとしての特等席とは言い難い。

 3列目席はしかし、目から鱗だ。乗降時のアクセス幅(通過幅)は最大390mmと、フリードほどではないのだが、筆者が着座すれば、頭上に140mm、2列目席のスライドが最後端位置でも膝まわりに30mmの空間があり、さらに2列目席を前に出せば最大75mmの空間を確保できる。シートサイズは座面長410mm、総幅910mm、シートバック高550mmと、片手でポンの格納性で2列目席床下にすっきり収納させるアレンジ前提のため、フリードより小ぶりで、大人の着座にはまったく不向きなように思えるのだが、じつはヒール段差がフリードの280mmに対して350mmと、アルファードの330mmよりも高く、膝を抱えるような着座姿勢にならないため、シートの小ささを上まわる着座感の良さがあるのだ。

 2列目席の下は、そもそも3列目席がすっぽり入るスペースのため、つま先が入り、足を伸ばした姿勢がとりやすく、ヒップポイントも2列目席に対して+20mmの高さにあるため、2列目席キャプテンシートのような空間、前方見通し性こそ得られないものの、筆者でもそれほど窮屈な思いをせず、座っていられるというのが実感である。

 意外なようだが、居住空間そのもの、シートサイズよりも、ヒール段差の高さが着座感の良否に大きく影響するのである。

 よって、結論づければ、両車、全列の乗車は可能だが(3列シートミニバンなので当たり前だ)、3列目席に限ればフリードは小柄な人、子供の着座に向き、シエンタは大人でも大柄な体型でなければ、短中距離なら大きな不満なく座っていられるということになりそうだ。

 ここでは3列目席までフル乗車した状態での走行性能については深く言及しないが、どちらがドライバーとしてより気持ち良く、快適に運転していられるのか? という点では、ほんの少し、フリードがより上質な乗り心地を含め、リードしているというのが、両車に何度も試乗した経験のある筆者の実感である。なお、Mクラスボックス型以上のミニバンに装備される、暑い時期のドライブに有効な2/3列目席用のエアコン吹き出し口が、Sクラスミニバンにないことは覚えておいてほしい。