中古車の平均取引価格が過去最高の100万円超え! 高騰の原因と「この先下がるのか」を探った

この記事をまとめると

■中古車の平均取引価格が過去最高の100万円を上まわった

■新車の納期遅延や、コロナ禍による生活様式の変化が起因していると考えられる

■中古車市場の現状について解説する

90年代のスポーツカーの価格が上昇

 中古車の平均取引価格が、過去最高の100万円を上まわったというニュースが流れたのは先月のこと。これは新車の納期がかかっていることや、コロナ禍でパーソナルな移動手段が求められていることなどさまざまな要因が折り重なった結果と言えるのだが、果たしてこの状態は今後も続くのだろうか?

 まずホビー系、つまり趣味のクルマについてだが、価格上昇の一端を担っているのは言うまでもなく海外への輸出が解禁となった90年代のスポーツカーたちだろう。

 また国内でもコロナ禍となったことでクルマ趣味への回帰も見られており、若い頃に乗っていた、もしくは憧れたあの車種を今乗りたい、という層が増えてきていることも影響しているようだ。

 もちろんこういった層のユーザーは決して多いわけではないものの、そもそもの90年代の国産スポーツカー自体が減少の一途をたどっており、当然ながら状態の良いものはどんどん減っていっているため、このような趣味のクルマたちの価格は上げ止まることはあっても、大きく下がることはないだろう。

ハズしたクルマが狙い目!

 一方の実用車についてだが、これも需要と供給のバランスが需要過多となっていることが最大の要因となっており、現在の半導体不足やコロナ禍による部品調達遅れなどが解消しない限りは落ち着くことはなさそうだ。

 昨今のウクライナ情勢の影響で、ロシアへの中古車輸出がストップしたことで中古車の平均価格も落ち着くという読みもあったが、ロシア以外の海外への輸出需要も高まっているため、そこまで大きな影響はなかったと考えられる。

 このように、高いクルマ需要に対して、供給数が追い付いていないということが最大の中古車高騰の要因となっているわけだが、いわゆる“不人気車”と言われるモデルを狙えばそこまで高額な金額を用意せずとも状態の良い中古車に乗ることは不可能ではない。

 そのため、とりあえず移動の手段としてクルマが欲しいと考えている人は、人気の定番車種ではなくちょっとハズしたクルマを中心に探してみると掘り出し物に出会える可能性もまだまだあるだろう。

 なかには不人気車であるにもかかわらず、中古車の高騰を理由に高値を付けているお店も存在するので、そのあたりはしっかり見極めるか、難しいようであれば信頼できるお店を探してそこにお願いするのがベストである。