長年日本のバカ売れジャンルなのにナゼ? 国産ミニバンを海外販売しない理由

この記事をまとめると

■いま日本の自動車市場ではミニバンが人気を集めている

■しかし海外では積極的に販売されていない

■その理由には各国の自動車の用途の違いなどが挙げられる

ミニバンは日本の道路環境やカーライフに適している

 Lサイズミニバンのアルファードやオデッセイは、中国など海外の一部地域で販売されているが、ミドルサイズのノア&ヴォクシーやセレナは、基本的に国内向けの商品だ。まれにステップワゴンなどが海外で売られることもあるが、右ハンドルの国や地域が扱うから、海外の販売台数は多くない。

 ミドルサイズミニバンが国内向けに開発される一番大きな理由は、海外の需要が低いからだ。とくに最近はSUVの車種数が増えた。空間効率はミニバンほど高くないが、LサイズSUVであれば、3列のシートを装着して多人数の乗車も可能だ。

 また日本の道路環境では、駐車場を含めて、ボディの大きなクルマは使いにくい。限られたボディサイズで広い室内を得る必要があり、天井の高いミドルサイズミニバンが普及した。

 2世帯で出かける機会が多いことも挙げられる。ミニバンの開発者は次のように述べた。「日本の企業では、男性は国内の転勤が多い。転勤先で地元の女性と結婚する。そうすると自宅の近所に、妻の両親が住んでいる。そこで2世帯、つまり3世代が一緒に乗車できるミニバンが求められる。妻の両親が、3世代で外出するために、娘夫婦にミニバンを買い与えることも多い」。

 このような日本の事情に基づき、ミニバンの販売は好調だ。業務提携を結ぶ海外メーカーのスタッフが来日すると「なぜ日本にはこんなにミニバンが多く走っているのか?」と質問されるという。

海外を視野に入れないことで国内での人気がさらに高まる

 日本でミニバンが普及を開始したのは、ステップワゴンなどの初代モデルが発売された1990年代の中盤だ。今では30年近くが経過するから、ミニバンも国内市場に定着した。ミニバンに親しんだ子供が成長して子育てをする世代になり、自分の親と同じように、ミニバンを購入するケースも増えている。

 ミドルサイズミニバンが海外で売られない理由として、狭い全幅と高い全高による走行安定性の不安も挙げられる。新型のノア&ヴォクシーやステップワゴンは3ナンバー専用車になったが、従来型やセレナは、標準ボディが5ナンバーサイズに収まった。

 その一方で全高は1800mmを超えるから、全幅の数値を上まわる。欧州のように日常的に高速走行の機会が多い地域では、高重心のボディは走行安定性を確保するのが難しいと判断され、ミドルサイズミニバンのようなクルマは敬遠される。

 このほか先に触れたハンドルの位置関係も挙げられる。日本では車両が左側を通行するから、右ハンドルになる。海外には右側通行の地域が多いから、本格的に販売するには、左ハンドル仕様を用意せねばならない。この開発/製造コストが高まることも、ミドルサイズミニバンの海外進出を難しくしている理由だ。

 そうなるとミニバンは海外市場を考慮しないから、軽自動車と同じく100%国内向けに開発される。海外市場を横目で見ながら開発されたクルマとは、日本のユーザーに向けた心意気が違うため、ミニバンはますます人気を高めるわけだ。