スバルBRZが現行モデルで初となる一部改良を実施! スイッチの仕様を変更して操作性を向上

この記事をまとめると

■スバルBRZが一部改良モデルを発表

■ライティングスイッチの仕様を変更して操作性を向上させた

■その他のスペックや価格、グレード構成などに変更はない

操作性を見直しわかりやすく変更

水平対向エンジンを搭載したFRレイアウトのピュアスポーツカーとして愛されるスバルBRZは、ご存知の通りトヨタ86(現行モデルはGR86)とプラットフォームを共有するとの共同開発車だ。両車には、それぞれの個性を際立たせた異なる走りの味付けが施されており、それぞれにファンがいる人気モデルとなっている。

現行モデルのBRZは、2021年にフルモデルチェンジした2代目となっているが、この度、初めての一部改良が実施された。

今回の一部改良では、ライティングスイッチの操作性を見直し、これまでは車幅灯/尾灯&OFFで1ポジションとなっていたものを、車幅灯/尾灯とOFFを分けた2ポジションに変更されている。

※画像はフルモデルチェンジ時のBRZのインテリア

 今回の一部改良により、今まで以上に直感的な操作が可能となった。その他、スペックや価格、グレード構成などに変更はない。