日産や三菱の努力があっていまの世界がある! 普及台数は中国や欧米に大負けだがEV先進国はニッポンだった

この記事をまとめると

■電動化はどの国がもっとも進んでいるかに明確な答えを出すのは難しい

■EVに関してはいち早く日本が実用化しており、欧米はその基礎技術を応用してEVを高性能化している

■本来のEVは環境に負荷をかけない社会の象徴であるべきで、その価値の追求では日本が最先端だと感じる

世界の自動車メーカーが電動化を声高にアピールする時代

 電動化はどの国が一番進んでいるのか? という問いに対する答えは難しい。まず、電動化という言葉が曖昧であり、電気自動車(EV)に世界的な注目が集まりはじめると、トヨタはハイブリッド車(HV)も電動化の事例であり、1997年以来電動化技術を積み上げてきたと自負するに至っている。

 EVというクルマに限定すれば、2009年に三菱i-MiEVが量産市販され、続いて10年に日産リーフが発売されることにより、日本が先駆者となった。リチウムイオンバッテリーをEVに車載して売ったのもその両社が世界初だ。

 充電に関しても、急速充電の基盤整備のためCHAdeMO(チャデモ)が組織され、EVと急速充電器の間で通信による相互確認を行い、安全に充電する考え方を日本が示した。200V(ボルト)の普通充電においても、単にケーブルをEVにつなぐのではなく、EVの充電状況を確認しながら安全に満充電を果たすためのコントロールボックスをケーブル途中に設置する必要性を日産が示し、それが世界的な標準となっている。

 EV後のリチウムイオンバッテリーの二次利用に関しても、フォー・アール・エナジー社をリーフ発売前に設立した日産が先駆者であり、十数年の間に販売されたリーフのバッテリーを二次利用に活用する具体的事業が始まっている。

 かつて、戦後の日本は欧米の技術を使い、その応用でさまざまな商品を安く製造し、世界に販売して経済成長を果たしたと、揶揄を含めいわれ続けてきた。だが、EVに関しては、欧米も中国も、日本が築き上げた基礎技術や基盤となる事業化のうえに、地域に適応した拡大採用を行っているのであり、日本車のEVに比べ高性能であったり、日本の社会基盤に比べ高性能な急速充電方式であったりしても、その多くは日本が基礎を築いたからこその展開だ。三菱自や日産の取り組みがなければ、もっと手間と費用が掛かっただろう。

日本にはEVの本質的価値を見極めたクルマ作りをしてほしい

 そのうえで、一充電走行距離を含め、高性能化の一途をたどる欧米のありかたは、必ずしも21世紀のEV時代を最良に発展させる手本ではないと思う。それらは、18世紀の産業革命から20世紀の石油の時代にかけて、地下の化石燃料を掘り出し、密度の高い資源を地上で使い放題にし、環境問題を引き起こした手法をなぞるものだ。価値観は変わっていない。

 本来のEVは、電力を適切に使うことによって快適な暮らしを守りながら、環境にも負荷を及ぼさない社会を創造する象徴であるべきだ。その点において、日産と三菱自から新しく誕生した軽乗用EVこそ、性能と価格の調和を含め世界最先端だと思う。中国の格安なEVを除き、欧米の自動車メーカーでは必ずしも実現できていない分野だ。

 そして、ガソリンスタンドの代替のような高性能急速充電ではなく、自宅を中心とした普通充電でEVを走らせることこそ、本質的価値に迫るEVの利用方法であるとともに、リチウムイオンバッテリーの劣化を抑えながら資源を有効活用する使い方でもある。

 本質的価値の追求という点で、日本はなお世界最先端だと私は考える。石油を使いたい放題燃やしてきた20世紀の価値観のまま、より大きく、より速く、より高性能にというEVや急速充電の取り組みは、熟慮のないまま対処療法に翻弄させられる初心者の姿に見える。