持ってるだけでドアの開閉もエンジン始動もできるスマートキー! じゃあキーにある「物理ボタンは要らないじゃん」の疑問に対する答えとは

この記事をまとめると

■スマートキーは持ったままドアノブやボタンに触れたり、車両に近づくだけで、解錠・施錠ができる

■しかしスマートキーにはなぜかボタンも残されている

■ボタンが必要になるケースについて解説する

キーの電波の有効範囲は約1m

 今ではすっかり主流となっている「スマートキー」。キーをバッグやポケットに入れて携帯していれば、いちいち取り出してボタン操作をしなくても、ドアについているスイッチを押したり、ドアハンドルを握ったりするだけで、ドアロックの解錠・施錠ができて便利ですよね。なかには、手も足も使わず、ただスマートキーを持った人がドアに近づくだけで、自動で解錠され、降りた際にはドアを閉めて離れるだけで、自動で施錠されるクルマもあります。

 ドアロックだけでなく、エンジンをかける際にもスマートキーなら取り出す必要はなく、そのまま指でスタートスイッチを押せばエンジン始動。昔はキーを鍵穴に差し込み、回してキュルキュルという音とともにエンジンをかけていたものですが、ずいぶん簡単になりましたよね。このスマートキーというのはトヨタが使っている呼称で、自動車メーカーによって呼称が変わります。たとえば日産ならインテリジェントキー、ホンダならHondaスマートキー、マツダならリモートコントロールキーといった具合です。

 これだけ普及してくると、もはやキーを手に持って使うことはまったくなくなった、という人も多いと思います。でも、そんな今でもキーを見てみると、施錠・解錠・トランクの開閉などの物理スイッチがちゃんとありますよね。みんな使わないのになぜ、スマートキーにはいまだにボタンが残されているのでしょうか。

 そもそもスマートキーの仕組みはどうなっているかというと、キーと車体側の双方に電波を送受信することができる機器が備わっていて、常に微弱な電波を送信し続けています。電波の有効範囲は約1m前後ととても狭く、この範囲内に近づかないと相手に受信されないようになっています。そこで、スマートキーを携帯した人がクルマに近づくと、電波を送受信しあって電子IDを照合し、暗号がピタリとあえばドアロックが解除され、車内でスタートボタンを押すとエンジンが始動するというわけです。

 そして施錠する際は、スマートキーを携帯した人が車外に出てドアを閉め、電波の有効範囲内からいなくなると、施錠されるという仕組み。そのため、たとえば車内に同乗者がいて、もう1個のスマートキーを携帯していたり、車内に置いてある場合には、通常は施錠されないようになっています。これはキーを車内に置き忘れたままインロックしてしまうリスクへの対処です。ただ、スマートキーの電池が切れたり弱くなっていたり、スマートフォンなど強力な電波を発する物と一緒に置いてあったり、トランク内など電波が邪魔されやすい場所にあったりする場合には、車内にスマートキーがあってもインロックされてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 近年では、スマートキーで荷室だけを開け、積み込んだ荷物と一緒に誤ってスマートキーも入れてしまい、そのままバックゲートを閉じてロックがかかってしまう、という事例も多いようです。便利になったといえども、うっかりミスによる不便はつきものですね。何事も、多くの人に便利さを提供できたとしても、ユーザーにはさまざまな使い方をする人や事情を持つ人がいますから、スマートキーが逆に不便に感じるシーンもあるものです。

車中泊をする際などもボタンがあると便利

 スマートキーにいまだにボタンがある理由も、まさにそれではないでしょうか。まず1つ目は、クルマから離れた場所でドアロックを操作したい時。たとえば家族みんなで1台のクルマで出かけた際に、スマートキーをお父さんが携帯していたとしましょう。買い物を終えてクルマに戻る段階になったら、元気な子供たちは走って我先にと駐車場へ。でもお父さんは荷物を抱えているので、そんなに早く歩けません。子供たちはせっかく早くクルマに戻っても、お父さんが来るまで乗り込むことができない状況です。こんな時に、急かされるくらいならその場で立ち止まって、キーを出して先にボタン操作でドアロックを解除した方がいいですよね。

 また、マンションの5階からクルマに忘れ物を取りに降りていったのに、キーを忘れてしまった! そんな時もわざわざ取りに戻るよりは、電話して5階からクルマめがけてスマートキーのボタンを操作し、解錠してもらった方が早い場合もあるでしょう。こうした離れた場所からの操作というのは、大昔の物理キーの時代にはできないことでした。でもその後、ドアロックの操作がボタンでできるようになった「リモコンキー」というものが普及し、その便利さを私たちはもう長い間、享受し続けてきています。なのでもう、それができないキーには戻れないということですね。

 そして理由の2つ目として、ドアハンドルなどについているボタンを押すタイプのスマートキーはいいのですが、ドアに近づくだけでドアロックが解除されるタイプのスマートキーが「使いにくい」「不安」と感じる人がまだまだ多いということもあります。確かに、このシステムが出始めた頃は、「本当にロックされたのかな?」と疑問に思い、わざわざスマートキーだけを遠くに置いて、自分だけクルマに戻ってドアがちゃんと施錠されているかどうか、確かめに行ったという話も多く聞きました。また、うっかりしていて同乗者がまだ乗っているのに運転手がキーを持って降りてしまい、施錠されてしまって同乗者が閉じ込められたという事例もあり、このシステムになかなか慣れないという話も聞かれます。

 そんな人たちのために、車両側にはこのシステムをOFFにできる機能がついているクルマもあります。たとえばダイハツの「キーフリーシステム」は、車内で手順に従って操作するとOFFにすることができ、スマートキーのボタンを使って通常のリモコンキーとして使うことができます。自分たちの使い方に合わないと感じたら、あえてそれを使わないという選択ができるようにするために、キーのボタンを残しているのですね。

 さて最後は、車中泊をする人が増えてきましたが、ロングドライブの合間にちょっと車内で仮眠をしたい時などにも、寝ている間の防犯が気になりますよね。スマートキーが車内にあると、基本的に外からはロックがかかりませんが、運転席のドアなどにあるロックボタンを操作すると、中にキーがあっても施錠できるようになっています。でも、後席をリクライニングして眠ったり、荷室をフルフラットにして眠ったりする時に、いちいち運転席のボタンを押しに行くのは面倒ですよね。そんな時も、スマートキーのボタンが役立ちます。枕元に置いたりポケットに入れておけば、眠る直前にロックできて安心ですね。

 ということで、便利なスマートキーになってもボタンがある理由をご紹介しました。