3列シートを備えた全長5.3m超の威風堂々ボディ! ランドローバー・ディフェンダーに「130」を追加

この記事をまとめると

■ランドローバー・ディフェンダーに8人乗りの新たなグレード「130」を追加

■リヤオーバーハングを340mm延長することで3列シートレーアウトを実現

■「130」の導入を記念して限定30台の「ローンチエディション」を設定

オフロード性能の高いディフェンダーに新たなグレード「130」

 イギリスの自動車メーカーとして長い歴史を誇るランドローバー。そのラインアップのなかでもディフェンダーは、1948年の原型となるモデルから最終型は2016年まで、フルモデルチェンジを行わずに68年間に渡って生産され続けた。そして、2019年のフランクフルトモーターショーにおいて新型として復活。ショートボディモデルの「90」とロングボディモデルの「110」というふたつのモデルを取り揃えている。

 そんな新型ディフェンダーに、新たに8人乗り3列シート仕様の「130」が追加された。

 ディフェンダー「130」は、乗員のスペースを確保するためにリヤオーバーハング長を「110」より340mm伸ばしたことで、3列目シートの快適性を確保している。2列目の座席がスライドしてくれるため、乗り込み口を確保しやすく、乗り降りしやすいように設計されている。

 座席もスタジアムシートを採用することで、各列の座席に座った際の良好な視界も確保されている。また、各列シートにベンチレーションも備えているのはこの「130」のみの装備で、各列で空調の調節もできるようになっている。

 加えて、パノラミックガラスルーフも標準装備となっており、頭上の圧迫感が大幅に軽減されている。さらに、3列目にはふたつ目のサンルーフも装備されるため、かなりの開放感を感じるものとなっているのも見逃せない。

 もちろん荷室も十分なスペースが確保されており、3列全て使用時でも389リットル、2列目、3列目を折り畳めば最大で2291リットルもの容量を作り出すことが可能だ。

130導入を記念した特別仕様限定車も設定

 ディフェンダー「130」の全長は、110よりも長い5358mmとなり、全幅はドアミラー格納時で2008mm、全高は1970mmとサイズもなかなか立派だ。全長を伸ばすことで3列シートレイアウトを実現したディフェンダー「130」であるが、通常であれば伸長されたリヤオーバーハングが邪魔をしてデパーチャーアングルが制限されることになる。しかし、ディフェンダー「130」では、テールの形状をボートテールスタイルとすることで28.5度のデパーチャーアングルを確保。ディフェンダーの持ち味である悪路走破性を犠牲にしていないのはうれしい。

 また、ボートテールスタイルの採用に合わせて、リアのLEDライトまわりがリデザインされているのもディフェンダー「130」の特徴で、ディフェンダーの特徴であるサイドプロファイルの3本のラインがリヤに向かってわずかに上昇するデザインも踏襲されている。

 そのほか、130の専用色としてセドナレッドを設定。セドナレッドのディフェンダー130は、スクエアなデザインによる力強さを強調するとともに、深みあるカラーリングが上品さを演出してくれる。

 日本仕様のディフェンダー「130」に用意されるパワートレインは、2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P300)と、マイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーを採用した3リッター直6ディーゼルエンジン(D300)を用意し、価格は1041万円から1159万円となっている。

 さらに「130」の導入を記念して限定車「130ローンチエディション」が設定される。「130ローンチエディション」は、3リッター直6ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせた「D300」をベースに、コールドクライメートパック、オフロードパック、アドバンスドオフロードケーパビリティパックなど、オフローダーの最高峰にふさわしい装備を採用した限定モデルで、フジホワイト、セドナレッド、カルパチアングレイの3色の外装色を設定。各色10台の限定販売となっている。価格は1207万8000円から1245万8000円となっている。

 ロングボディの「130」がファミリーに加わったことで、最大8人の乗員があらゆる地形を快適に移動することができるようになったディフェンダーは、さらに魅力的なモデルとなったことだけは間違いなさそうだ。