発売前のフェアレディZが2台参戦! 富士24hで登場した「Nissan Z Racing Concept」の中身

この記事をまとめると

■スーパー耐久シリーズの第2戦として「NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」が開催

■2台のNissan Z Racing Conceptがデビューを果たした

■参戦の理由やマシンの仕様について解説する

「エンジン音にエキサイトするファンにも楽しんでもらいたい」

 スーパー耐久シリーズの第2戦として6月3日〜5日、富士スピードウェイを舞台に開催された「NAPAC富士SUPER TEC24時間レース」。今年で5回目の開催を数える長距離レースに日産のニューマシン「Nissan Z Racing Concept」が登場した。

 富士24時間レースに参戦したNissan Z Racing ConceptはNISMOのワークスチームが投入した230号車とカスタマーチーム、Max Racingが投入した244号車の2台で、230号車には平手晃平/松田次生/ロニー・クインタレッリ/佐々木大樹/星野一樹、244号車は田中哲也/田中 徹/三宅淳嗣/高星明誠/安田裕信とドライバーのラインアップも豪華な顔ぶれ。2台のNissan Z Racing Conceptが参戦したのはSTOが認めた開発車両を対象にしたST-Qクラスで、230号車はドイツのP1パフォーマンスフューエル製のCNF(カーボンニュートラル燃料)、244号車が一般的なガソリンが使用された。

 同マシンは5月10日に開催されたスーパー耐久公式テストでも精力的に走行を重ねていたが、正式に公開されたのは本大会のスタート前の記者会見で、日産自動車株式会社のCOO、アシュワニ・グプタ氏と日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社のCEO、片桐隆夫氏が出席し、同大会へ参戦した理由と同マシンを説明した。

 まず、富士24時間レースに参戦した理由についてグプタ氏は「レースは日産のDNAであり、レースの経験をロードカーに生かし、ファンを喜ばせるために取り組んでいますが、同時に2050年に向けてカーボンニュートラルに取り組んでいます。日産は日経メーカーとして初めて、そして唯一フォーミュラE世界選手権に参戦したメーカーで、風を切る静かなスピード感を求めるファンに楽しんでもらっていますが、エンジン音にエキサイトするファンにも楽しんでもらいたい。そのために、新型Zを持ってきました。この過酷な24時間レースでCNFに対応した競争力の高いエンジンを開発したい」と説明。

 一方、気になるマシンについて片桐氏は「開発車両でいろいろなことを試している状態。開発プロセスの一環としてタフな24時間レースに出場させて頂きました。左ハンドルの北米仕様がベースになっていますが、市販のZにレースに必要なチューニングを施しています」とのことでさまざまな改良が行われていた。

244号車は今後もスーパー耐久への参戦を継続

 具体的にはロールゲージの装着および軽量化を実施したほか、エンジンの3.0リッターV6ターボ、VR30DDTTも最適化。さらにレース用の6速ミッション+シーケンシャルパドルシフトを採用。サスペンション形式はフロントがダブルウイシュボーン、リヤがマルチリンクとベース車両を踏襲したものの、ダンパーおよびスプリングはレース仕様で、ブレーキも競技用の大型システムに変更されていた。

「カーボンニュートラル燃料についてはスーパーGTでも2023年から使用される可能性があるので、燃料の知見やデータを集める必要があることから230号車に採用しました。今後のZのユーザーさんにモータースポーツを楽しんでもらえるデータを収集したいと思います」と片桐氏は語る。

 こうして注目を集めるなか、富士24時間レースでデビューを果たした2台のNissan Z Racing Conceptだが、気になるCNFモデルについて230号車のステアリングを握る松田は「シャシーもエンジンも基本的に市販ベースですが、十分に楽しいクルマに仕上がっていますし、エンジンもガソリン車とまったく変わらない。言われなければカーボンニュートラル燃料とわからないほどで、タイムも遜色のない状態です。今のクルマもカーボンニュートラル燃料で走れるようになればいいのかなぁ……と思います」とインプレッション。さらに今大会の参戦についても「自動車メーカーがCNF車両でレースに参戦することは大きな一歩だと思います。EVもすごく大事ですけど、僕を含めてエンジンサウンドが好きな人のためにもCNF車両の開発を続けていってもらいたい」と想いを語る。

 まさにGT-R、Zなど日産のスポーツカーファンにとって2台のNissan Z Racing Conceptは注目の存在だが、その期待に答えるように予選から好タイムを連発。残念ながらコースアウトを喫した244号車は最下位となったものの、230号車が総合14位/ST-Qクラス2位を獲得した。

 しかし、決勝では予選で出遅れた244号車が安定した走りを披露している。その結果、707周を重ねた244号車がクラス2位に入賞し、Nissan Z Racing Conceptのデビュー戦で表彰台を獲得。一方、予選で好タイムを見せていた230号車はエンジントラブルに祟られて後退したものの、それでもマシン修復後は好タイムを重ねており、粘りの走りにより502周でチェッカー、クラス5位で完走を果たした。

 なお、CNFを使用したNISMOの230号車は今大会のみの参戦となるようだが、ガソリンを使用したMax Racingの244号車は今後もスーパー耐久への参戦を継続する予定となっているだけに、今後もNissan Z Racing Conceptの動向に注目したい。