この記事をまとめると

■いまコンパクトカーが好調だ

■その背景にはクルマの価格上昇がある

■時代によって変わるコンパクトカーのあり方について解説する

クルマの価格上昇によってコンパクトカーが人気を高めた

 今は新車として売られるクルマの約38%を軽自動車が占める。これに続いて好調に販売されるカテゴリーがコンパクトカーだ。新車市場全体に占める割合は約25%で、軽乗用車を除いた小型/普通乗用車のなかでは約40%に達する。

 コンパクトカーが人気を高めた一番の理由は、クルマの価格上昇だ。今のクルマの価格は、安全装備や運転支援機能の充実、消費増税もあり、15〜20年前の1.2〜1.4倍に高まった。

 その一方で、日本の平均所得は、1990年代の後半をピークに下がっている。直近では上向く傾向も見られるが、今でも25年前の水準には戻っていない。

 つまりクルマの価格上昇と、所得の伸び悩みの板挟みになり、小さなクルマに乗り替えるユーザーが増えた。

 たとえば1996年に発売された初代ステップワゴンの価格は、売れ筋のGが179万8000円、上級のWは214万8000円だった。新型ステップワゴンは、価格がもっとも安いエアでも299万8600円だ。初代のWに比べて、価格は1.4倍に達する。

 そして今も昔も購入しやすい価格帯は200万円前後だ。初代ステップワゴンはこの価格帯に位置したが、今はフィットが該当する。フィットに1.3リッターノーマルエンジンを搭載するホームが176万7700円、ハイブリッドのe:HEVホームは211万7500円になるからだ。

 そうなると昔と今では、フィットのようなコンパクトカーの役割も変わる。1972年に発売された初代シビックは、4ドアボディも用意したが、主力は後席側のドアを装着しない2ドアと3ドアだった。全高も1325mm以下と低い。

ミニバンの時代が到来するとコンパクトカーも天井を高めに設定

 そして1970年代のファミリーカーは、ブルーバードやコロナなどのミドルサイズセダンだ。1980年代に入って景気が良くなると、直列6気筒エンジンを搭載するマークII/チェイサー/クレスタなども好調に売れ始めた。

 その後、1990年に初代エスティマ、1991年に初代バネットセレナが加わり、ミニバンも売れ行きを伸ばす。1996年には前述の初代ステップワゴンも登場して、ミニバンの時代が始まった。この影響でハッチバックボディのコンパクトカーも、クルマ作りが変わり、天井を高めに設定するようになった。

 たとえば1995年に発売された6代目シビックのハッチバックは3ドアで、全高は1375mmだった。それが2000年に登場した7代目では、ハッチバックが5ドアになり、全高も1495mmに高めた。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2680mmに伸びて、居住空間を大幅に拡大している。

 つまりクルマの価格が高まる時代が近付くと、車両開発における空間効率も向上して、コンパクトなボディで十分な室内空間を得られるようになった。

 それでも7代目シビックは、車内が広いものの売れ行きは伸び悩み、シビックが国内販売を中断する切っ掛けになった。しかし2001年に登場した初代フィットは、人気車になっている。ミニバンのヒットで高い天井に対するユーザーの抵抗も薄れ、全高を1525mmまで高めた。全長は3830mmと短いが、大人4名が快適に乗車できる居住空間を備える。燃料タンクを前席の下に搭載して、荷室容量も広い。

 しかも初代フィット価格は、売れ筋のAが114万5000円と割安だったから、2002年には国内販売の総合1位になった。

 そして以降のコンパクトカーは、天井を高めて車内を広く確保するようになり、その一方でクルマは徐々に値上げを開始した。冒頭で述べた通り、フィットのような小さなクルマに乗り替えるユーザーが増えた。

 つまり昨今のダウンサイジングは、クルマの値上げと空間効率の向上が並行して進んだことに基づく。その中心に位置するのがコンパクトカーであった。