究極のフェラーリともいうべきその名は「ラ フェラーリ」! 名前と共に世間を驚かせた衝撃の中身とは

この記事をまとめると

■2013年にフェラーリが最新スペチアーレとして発表したのが「ラ フェラーリ」だ

■6.3リッターV12にモーターを組み合わせたフェラーリ・ロードモデル初のハイブリッドカー

■0-100km/h加速は3秒未満、最高速は350km/h以上を達成

その車名はフェラーリの超極秘事項だった

 あのエンツォ・フェラーリの後継となる新型スペチアーレが限定生産されることが、当時のフェラーリ社の会長であるルカ・ディ・モンテゼモロ氏から発表されたのは、2012年初夏のことだった。しかもそれには、フェラーリのロードモデルとしては初となるハイブリッドシステムが搭載されるというのだから、誰もがそのプロジェクトに熱い視線を送ったのは間違いないところだ。

 参考までにそのプロジェクトは「F150」と呼ばれ、さまざまなティーザーフォトとともに、同年9月のパリサロンではカーボンモノコックのみが展示されるという、フェラーリとしては異例ともいえるプロモーションが展開されたのも記憶に新しい。

 F150プロジェクトが進む中で、大きな話題となり始めたのはそのネーミングだった。前作のエンツォはもちろんフェラーリの創業者の名であるから、それ以上のバリューを持つ名前など考えられない。実際にその車名は、フェラーリにとっても極秘事項であり、それを最初に知るには、初公開の舞台である2013年のジュネーブショー、そのフェラーリブースの前に立たなければならなかったのだ。

 モンテゼモロ会長のスピーチで始まったプレゼンテーションで、最初にそのネーミングが発表される瞬間を、誰もが息を飲んで待つ。そして、その第一声とともにブース後方のディスプレイに示されたネーミングは「La Ferrari」。英語に訳せば「The Ferrari」という誰もが想像し得ないものだった。フェラーリの前に定冠詞を掲げたこのネーミングは、確かにこれまでのフェラーリの集大成であり、また唯一無二の存在といえるもの。まさに絶対王者ともいえるそのディテールをここから解説していこう。

 ラ フェラーリのスタイリングは、エンツォまでのそれとは異なり、フラヴィオ・マンゾーニをチーフスタイリストとするフェラーリの自社デザインチームによって行われている。そのスムースな造形からもエアロダイナミクスの優秀さを想像するのは容易だが、フェラーリは、さらに走行状況に応じてそれを最適化するための可変デバイスを採用。フロントのアンダーボディディフューザーとガイドベーン、またリヤのディフューザーとスポイラーがそれだ。これによっていかなる速度域でも理想的なエアロダイナミクスを得ることが可能になった。

 モノコックはパリサロンで発表されたものと同一と想像されるが、こちらも4種類のCFRP素材が使用されている。主要構造体には「T800」、さらに高い強度を必要とするパートにはユニダイレクショナル(単一指向性)の「T800UD」、センターセクションにはF1マシンのノーズコーンにも使用される「T1000」、さらにアンダーボディの構造材やクロスメンバーには、弾性率を考慮して「M46J」が採用されるという具合だ。

 ちなみに、このモノコックは重量ではエンツォ比で20%ほど軽量なスペック。曲げ剛性は22%、捻じり剛性は27%ほど向上している。

フェラーリのロードモデル初のハイブリッド・ハイパーカー

 センターモノコックの後方に搭載されるエンジンは、6262ccのV型12気筒DOHC。これに2基のエレクトリックモーターを組み合わせるシステムは、2010年にフェラーリがコンセプトカーとして製作し、ジュネーブショーで発表した599HY-KERSのそれと基本的に同一のもの。エレクトリックモーターの1基はエンジンをサポートするために使用されるが、エンジン前方に搭載されるコンパクトなモーターは、補機類などの駆動に使用されるのみである。

 したがって、マイルドハイブリッドとなるラ フェラーリでは、ゼロエミッションのEV走行は不可能だ(後日、V型12気筒エンジン音が聞こえないラ フェラーリがニュルブルクリンクのパドックを走行していたという噂も流れたが)。

 最高出力はエンジンが800馬力、エレクトリックモーターは163馬力という数字。トータルの最大トルクは900Nmに達する。このトルクは、7速DCTを介してもちろん後輪を駆動。モノコックの後部フロアに設けられた専用スペースには、スクーデリア・フェラーリの製造したバッテリーが60kg分搭載されている。

 サスペンションはフロントにダブルウイッシュボーン、リヤにはマルチリンクを採用。さらに磁性流体ダンピングシステムの「SCM-E Frs」が組み合わされ、新構造のCCMディスクを採用したブレンボ製ブレーキシステムなどとともに強靭なフットワークを構成する。タイヤはフロントが265/30-19、リヤは345/30-20のサイズ設定。ピレリの専用開発によるPゼロが装着されている。

 0-100km/h加速で3秒未満。最高速は350km/h以上を達成するというラ フェラーリ。その生産台数は499台に限定されたが、後に2016年に発生したイタリア中部地震へのチャリティのために500台目のラフェラーリが生産されている。

 また、同年にはオープン仕様の「ラ フェラーリ・アペルタ」が発表され、こちらはチャリティ用の1台を含め、210台が限定生産された。

 このラ フェラーリの登場からすでに9年が経過している。そろそろ次なるスペチアーレの噂が聞こえてきてもおかしくなさそうであるが、もし次期型スペチアーレが登場するのであれば、そのネーミングにも大いに注目したい。