押し売りやおとり広告も! 悪質な中古車販売店を見抜くポイント6つ

この記事をまとめると

■いま新車の納期遅延などにより、中古車需要が高まっている

■中古車販売店は対応や品揃えがピンキリであるため、店選びが重要

■悪質な中古車販売店を見抜くポイントを6つ挙げて解説

中古車販売店は対応や品揃えがピンキリ

 世界的な半導体不足やロシア情勢などによって、新車の納期が遅れることが多くなり、代わりに中古車の購入を検討する人が増えています。いくつかの中古車販売店のスタッフに話を聞くと、高年式の現行モデルで走行距離が少ない中古車は、入ってくるとすぐに売れてしまう状況だと口を揃えていました。また2輪車も中古車販売が好調で、中古車の入庫待ちをする人数も多くなっているといいます。中古車は新車のようにまっさらの状態から乗り始めることができないことや、色や装備がすべて希望どおりにいくこともなかなかないことがネックとはいえ、やはり「今すぐに乗りたい」という希望を叶えるには、中古車のなかから探すしかないと観念し、購入に踏み切る人が増えていることがうかがえます。

 でもこれまで新車しか購入したことがない人にとって、中古車販売店はちょっと別世界かもしれません。自動車メーカーの看板を背負い、厳しい教育を受けているセールススタッフが接客をするディーラーや認定中古車販売店と違って、中古車販売店は店主のクルマ好きが高じてお店をはじめたようなところもあれば、右から左へただ流して利益を得るだけというお店もあり、対応や品揃えもピンキリです。なかには、整備の行き届いていないような中古車を、お客さんが見抜けないのをいいことにそのまま売ろうとするような業者もいるのが現状。そんななかから満足のいくクルマを購入するためには、少しでも「おかしいな」と思うところがあれば確認する、確認できなければ手を引く、といった用心深さが必要です。今回は、お金を払ってしまってから後悔しないように、ちょっと注意して観察すれば「怪しいかも」とわかる、要注意な中古車販売店を見抜くポイントをご紹介したいと思います。

 まず1つ目は、今は多くの人がWebサイトで中古車検索をして、ある程度の目星をつけてから現車を見に行くことが多いと思いますが、その際に、いきなりなんのアポもなしに見に行くのではなく、面倒でも一度販売店に電話をして、「●月▲日の□時に見に行きます」と約束をしてからお店を訪ねましょう。その時の電話の対応が明らかに悪かったり、おかしなところがあればすでに要注意ですが、約束の時間にお店を訪ねてみて、ちゃんと担当者がいるかどうか。ここが1つ目のチェックポイントです。電話で応対したスタッフがお店にいて、直接接客をしてくれるというのがいちばん理想的ですが、もし本人ではなく代わりのスタッフがいたとしても、こちらの名前や見たい車種などの情報がしっかり伝達されているならば、そのお店はまず第一関門では信用しても良さそうです。

 2つ目は、ネットに掲載されていた中古車がすでに売れてしまって現地にない場合や、「今は他の系列店舗に置いてある」などと言う中古車販売店も要注意です。これは「おとり広告」の常習犯である可能性が高く、魅力的な条件の中古車でお客を店に呼び込んでおきながら、実際にはもっと条件の悪い中古車を売りつけようとすることもあります。なかには「タッチの差でさっき売れてしまった」というような場合もあるかもしれませんので、一概に悪いお店ばかりとはいいませんが、念の為、ほかにも虚偽の説明などがないかどうか、注意して応対すべきでしょう。

 3つ目は、見にいくと約束した中古車は現地にあったものの、何週間も雨ざらしにして置いてあったようにドロドロに汚れたままだった、という販売店も要注意。誠意ある販売店なら、お客さんから見にくるというアポが入ったならば、すぐに洗車をし、鍵や説明書、整備記録書などを揃え、可能な限りお客さんが見やすい場所に移動しておきます。お客さんがドアなどを開けてチェックできるようにしておき、何か質問があればすぐに答えられるような状態で待っていてくれます。また、ボディやホイールなどに傷などがある場合には、こちらが気がつかなくても事前に申告してくれる販売店は信用できますね。現状渡しなのか、修理可能なのか、可能な場合の費用はどうなるのかなど、しっかり話し合って確認してから購入に踏み切るのがベターです。

中古車のプロフィールを把握しているお店は安心

 4つ目は、その中古車の前オーナーがどんな人で、住んでいる地域やどんな使い方をしていたのか、たとえば屋根付きの車庫に保管していたとか、買い物程度にしか使っていなかったとか、そうしたいわばその中古車のプロフィールをしっかり把握して売っている中古車販売店は安心です。何を聞いても「よくわからない」と言われ、整備記録なども手もとにないというのは注意したほうがいいでしょう。中古車は基本的に試乗をお断りする販売店がほとんどですが、エンジンをかけてアイドリング中の状態を見せるくらいはOKというところも多いです。バッテリーやオイルはいつ交換したのか、または購入後の納車前に整備してくれるのか、気になるところはどんどん質問して確認しましょう。

 5つ目は、現車を見て気に入ったけど、もう少し考えたいなという時も多いと思います。中古車は言ってみればすべてが「1点モノ」なので、完全に早い者勝ちの世界。先に契約してお金を払った人のものになります。「ちょっと考えたいから保留にしておいて」と言うのは通用しないので、そこをうまく突いてその場で買わせようとする中古車販売店も多いです。それは中古車の性質上、ある程度は仕方のないことですが、「1時間後に別のお客様もこの中古車を見にくると言っています」と即決を迫ったり、「すでに仮予約がついているが、現金で今日中に支払ってくれたら仮予約はキャンセルします」などと、あまりにも決断を急かす販売店は注意した方がいいかもしれません。こちらに冷静な判断をさせないようにして、何か裏のある個体を売りつけようとしている可能性もゼロではないからです。こうして急かされた時ほど、今一度冷静になって、その中古車を隅々までチェックしてみましょう。急かす理由が見つかるかもしれないですね。

 6つ目は、最初からお金の話ばかりする販売店。予算はどのくらいまで出せるのか、下取り車はあるのか、現金かローンかなど、まだこちらが現車をチェックしている段階からお金の話ばかり聞かれるのは、1人のお客からなるべく多くの利益を得たいという自分たちの欲求を優先している表れでもあるのではないでしょうか。誠意ある販売店なら、まずはお客の要望を聞き、それに最大限近い中古車を探してあげようと考えるのが道理というもの。家族構成や用途、趣味などによっては、今見ている中古車もいいけどこっちもどうでしょう、こんなクルマもありますよ、といった提案をしてくれることもあります。そこでようやく、「予算はどのくらいまで大丈夫ですか」と聞いて、その範囲内で探すという流れになるはずです。過去の経験では「現金一括で支払う」と言っているのに、「値引きをする代わりに1年間だけローンを組んで欲しい」などと、こちらになんのメリットもない提案をしてくる中古車販売店もありました。お金の話がどんなタイミングでどう出てくるのかにも注意してみてくださいね。

 ということで、ちょっと応対すればわかってくる、要注意な中古車販売店の見抜き方をご紹介しました。後悔のない中古車選びの一助となれば幸いです。皆さまが納得のいく中古車と出会えるよう、ご健闘を祈っています。