芸術は爆発……だが売れ行きは爆発しなかった! 美しいデザインでもダメだった残念なクルマ5選

この記事をまとめると

■国産車でデザインが優れていたがセールスに失敗したモデルを紹介

■欧州車メーカーのデザイナーなどが手掛けていたが、市場との温度感にズレがあった

■いま見ても古さをまったく感じさせない仕立てが魅力的だった

輸入車と見間違うほど優れたデザインを持った国産車たち

 先進的過ぎたか、強い個性のためか? デザイン的には非常に優れているのに、なぜか販売に結びつかないクルマは決して少なくありません。ここでは、そんな残念な? 経験を持つ日本車5台を振り返ってみたいと思います。

●尻下がりデザインは売れない

 まず最初は日産の「レパード Jフェリー」。好景気により、Lクラスにも「アリスト」「センティア」といった新規参入が増えつつあった1992年、「エレガント」「丁寧」「良いもの」をキーワードに企画されたのがレパード Jフェリーです。

 デザインは「日本人の繊細な感性に応えるスタイル」をコンセプトに、同社の北米スタジオであるNDIで開発。そこで打ち出されたのが「アドバンスド・アーチ」という独特の造形テーマ。

 ボディ全体を虚飾のない大きな面で構成し、グリルやランプなどを最小限の表現に抑えたスタイルは極めてエレガントでしたが、2代目「ブルーバード」から続く「尻下がりはカッコ悪い」という日本人に染み着いた感性のためか、販売はサッパリでした。

 しかし、日本でこれだけエレガントなクルマが生まれたのは奇跡的でもあります。

●カッコはいいけど需要がない?

 2台目はホンダ「アコード・エアロデッキ」です。「クイント・インテグラ」「プレリュード」に続くリトラクタブルライト採用のボディは、先代比マイナス45mmを実現した「スーパースラントノーズ」を筆頭に、極めてスマートなプロポーションを実現しました。

 超ロングルーフのエアロデッキは、当時ヒットした「ワンダーシビック」の上級版と言え、リヤに向けて引き上げたベルトラインによる軽快感や、ルーフまで開口する切り落とされたリヤハッチ、ツートーンのボディカラーなど極めて魅力的なスタイルでした。

 ただ、「大きくて長い3ドア」の需要はほとんどないに等しく、不人気車のリスト入りに。もちろん、いまだにこのスタイルには旧さのカケラもありません。

いまでも通用するほど美しいクルマは当時は受け入れられなかった

●ヒット作の陰に隠れた名作

 3台目は「ユーノス500」。ご存じのとおりマツダの5チャンネル化によって1992年に発売されたミディアムセダンです。

 当時掲げていた「ときめきのデザイン」のコンセプトのもと、荒川 健氏を筆頭に若手の実力派デザイナー達の手によるボディは、現在のクーペセダンを先取りにした流麗かつエレガントなもの。

 欧州車にも影響を与えたとされるスタイルは、あのジョルジョット・ジウジアーロをして「コンパクトクラスでもっとも美しいセダン」といわしめました。

 5チャンネル化による車種の多さや、ロードスターというヒット作の陰に隠れた形で不人気車となってしまいましたが、美しい面構成による日本車離れした傑作と言えます。

●やっぱりハイトワゴンじゃないとダメ?

 4台目はスバルの「R1」です。かつての「スバル360」をモチーフにしたコンセプトカー「R1e」を元に、2005年に発売。

 4ドアの「R2」と同一のデザインテーマですが、全長で110mm、ホイールベースで165mm短くされたボディは極めてコンパクトで、四隅に踏ん張った4輪、高いベルトラインと美しいサイドグラフィックの対比など、見所は満載です。

 このイタリアンなデザインは、当時スバルに在籍していた元アルファロメオのチーフデザイナー、アンドレアス・ザパティナス氏の監修によるもの。

 個性的な「スプレッドウィングスグリル」やふたり乗りがメインとなっている2+2といったシートレイアウトの特殊性からか、残念ながら販売には結びつきませんでしたが、いまこんなBEVを海外で発売したらヒット作になったかもしれません。

●欧州車に負けない個性を目指す

 最後はダイハツの「ストーリア」です。創立90周年を迎え「We do COMPACT」を掲げた同社が、「新1000ccスタイル」をコンセプトとして2005年に発売した意欲作です。ショートノーズ、ロングキャビン、ロングホイールベースのボディは、ノッチの付いた独自のセダンスタイルでした。

 往年のジャガーやアバルトといった「自動車らしさ」を追求し、上品なグリル、個性的なアーモンド形ランプなどによって欧州車に負けない独自性を打ち出しました。

 ボディ途中までのサイドモールなど、あまりに強い個性は市場に理解されませんでしたが、当時新体制となった同社のデザイン部の勢いを感じさせる秀作です。

 さて、以上の5台はいかがでしたか?

 いずれも見せかけではない本質的な新しさや個性を持っており、したがっていま見ても旧さを感じさせない魅力に溢れています。そこには、才能ある開発責任者やデザイナーなど、幸せな出会いがあったことが想像されるのです。