直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった1

この記事をまとめると

■マツダより直6エンジンを搭載したSUV「CX-60」が発表された

■同社初のPHEVモデルも設定され、価格は299万円代〜620万円代までの幅となる

■2022年9月から各モデルが順次販売される予定だ

ついに直6+FRのSUVがベールを脱いだ

 CX-5の兄貴分にあたるマツダの新たなる2列シートのDセグメントSUV「CX-60」(シーエックスシックスティー)の予約受注がついに、2022年6月24日よりスタートする。それに先駆けて22日、日本仕様のさらなる詳細が明らかにされた!

 CX-60は、新たに開発されたフロントエンジン縦置き・後輪駆動を基本とする「ラージ・アーキテクチャー」を初めて採用。エンジンは、縦置き用に改良され138kW(188馬力)と250Nm(25.5kgm)を発する2.5リッター直列4気筒ガソリンNA(自然吸気)「SKYACTIV-G 2.5」と、170kW(231馬力)と500Nm(51.0kgm)を発する新開発の3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 3.3」を基本とする。

 また、前者に238kW(323馬力)と500Nm(51.0kgm)を開発目標値とするマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、後者に48Vマイルドハイブリッド「M HYBRID BOOST」と組み合わせ187kW(254馬力)&550Nm(56.1kgm)とした「e-SKYACTIV D」、ふたつの電動モデルも設定するとのこと。

 そして、これらのエンジンすべてに、新開発のトルクコンバーターレス8速ATを組み合わせる。ここまでは既報のとおりだ。

 では、これらのパワートレインを基に、どのようなグレードが展開されるのか。日本仕様に設定されるグレードと駆動方式、価格は別表の通りとなっている。

「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-D 3.3」の純内燃機関モデルには、マツダ初となる後輪駆動ベースの電子制御多板クラッチ式AWD「i-ACTIV AWD」のほか、FRの2WD車が用意され、価格も低めに抑えられている。もっとも安価な「25S Sパッケージ」2WD車の車両本体価格は299万2000円と、後輪駆動のDセグメントSUVながら300万円を切る手頃さだ。

 その分、内外装の仕立てや快適装備は相応に簡素になるものの、日常の足あるいはアウトドアギアとして使い倒せる機能本位に徹した作りとなっており、それでいながら質感は十分に高いため、好感が持て積極的に選びやすい。

 なお、「Lパッケージ」と「エクスクルーシブモード」には20インチ(「XD」および「Sパッケージ」は18インチ)アルミホイールや本革内装が標準装備され、かつ「エクスクルーシブモード」の本革はより柔らかな風合いのナッパレザーとなるため、その質感はほかのマツダ車の上級グレードと同等以上なのは言うまでもないだろう。

 一方、「e-SKYACTIV PHEV」または「e-SKYACTIV D」を搭載する電動車は明確にプレミアムモデルと位置付けられており、駆動方式も回生協調ブレーキと連携して前後の回生配分を最適化するタイプの「i-ACTIV AWD」のみ。車両本体価格は500万円以上となり、もっとも高価な「PHEVプレミアムスポーツ」および「PHEVプレミアムモダン」は626万4500円と、もっとも安価な「25S Sパッケージ」2WD車のじつに2倍以上だ。

 だがその分、内外装の仕立てはより一層豪奢になる。エクステリアは、フロントバンパーの造形がよりアグレッシブなものとなるほか、ボディ下部がブラックからボディ同色に変更され、20インチアルミホイールは空力にも配慮した専用デザインに。

 さらに、「エクスクルーシブスポーツ」「プレミアムスポーツ」では、フロントグリルがハニカムタイプとなり、シグネチャーウィング(フロントグリル周辺の加飾)や20インチアルミホイール、エキゾーストガーニッシュがブラックのメッキまたはメタリックのみで仕上げられるため、スポーティを通り越してレーシーな装いとなるのも見逃せない。

 室内は、「エクスクルーシブスポーツ」が「エクスクルーシブモード」のブラックナッパレザー内装、「エクスクルーシブモダン」が「エクスクルーシブモード」のピュアホワイトナッパレザー内装と共通だが、とくに注目すべきはふたつの最上級グレード「プレミアムスポーツ」と「プレミアムモダン」のインテリアだ。

プレミアムブランド顔負けの絶品インテリア

「プレミアムスポーツ」は、タンとブラックを基調としてキルティングを施したナッパレザーのほか、インパネデコレーションパネルやドアトリムにセーレン社製のスエード調人工皮革「レガーヌ」を使用。ドアトリムやセンターコンソールの加飾はマットブラックのヘアライン仕上げとなっており、イタリア製のスーパーカーや超高級車顔負けのスポーティな色気を醸し出している。

 自然がもたらす変化に美を見出し、きめ細やかにしつらえる日本人の精神を表現したという「プレミアムモダン」のインテリアは、ピュアホワイトを基調として、パーフォレーション(パンチング加工)入りのナッパレザーのほか、不規則な柄や表情を持つ専用の織物「ルーセントクロス」をインパネデコレーションパネルやドアトリムに採用。

 なかでもインパネデコレーションパネルには掛縫いが中央に入ることで、より一層「和」のテイストが強調されている。さらに、ドアトリムやセンターコンソールの加飾にはメープル(楓)の本杢が用いられ、ここでも心地良いゆらぎが表現されている。

 この「プレミアムモダン」のインテリアは、実車を見ると大量生産の工業製品とは思えないほど上品かつ豪奢な設えで、それでいながら手作りの製品では得られない精緻さも併せ持つ。そのクオリティにはただただ感嘆するよりほかにない。

 走りのメカニズムに関しては、中谷明彦さんによるプロトタイプの試乗記に詳細が記されているので、ここでは概要のみの紹介に留めるが、シャシーももちろん新開発で、サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン式、リヤがマルチリンク式。

 なお、リヤサスペンションにはロードスターと同様に、制動時に車体を引き下げるアンチリフトジオメトリーが付けられている。そして、このアンチリフトジオメトリーを活かしつつ、横Gが強めにかかる旋回中にリヤ内輪側へわずかにブレーキをかけることで、ロール量を抑える「キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)」もロードスターに続いて実装されている。

 シートはマツダ3やCX-30の「スモール・アーキテクチャー」よりもさらに進化。前後左右のGに対して乗員がバランスを取りやすいよう、骨盤を立たせるサポート構造が採用されたうえ、クッションバネとウレタンもクルマからのフィードバックを感じやすい特性が与えられているため、ドライバーがクルマを意のままに操れるのはもちろん、同乗者もクルマの動きに振りまわされることなくドライブを楽しめるという。

 予防安全技術も一段と進化している。ドライバーの発作・急病などの異常を検知し事故の回避・被害軽減を支援する「ドライバー異常時対応システム」(DEA)や、前進時左右接近物検知機能、自転車と歩行者に対応する「交差点事故回避アシスト」を、マツダで初めて採用。

 また、ディーラーオプションの電子キーでドアロックを解錠した際、低速走行時にアクセルペダルが強く踏み込まれると、パワートレインの出力を抑えて急加速を防ぐ「ドライビングサポートプラス」(DSP)を新たに設定した。その他の制御も作動領域を拡大するなど、機能の充実が図られている。

 加えて、適切なドライビングポジションの設定をサポートする「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」が「エクスクルーシブモード」以上のグレードに用意されたのも、大きなトピックだろう。

 このほかにもさまざまな新技術や新機軸が満載されたCX-60は、まず「e-SKYACTIV D」搭載車が2022年9月に発売され、その他のモデルは12月より販売開始される予定となっている。いち早く手に入れたいならば、6月24日からスタートしている受注予約のタイミングを逃す手はない!