1億も見えてきた!! スカイラインGT-Rの中でもさらに特別な「限定モデル」5台の「目玉が飛び出る」おったまげ中古価格

この記事をまとめると

■高額車両が多いGT-Rのなかでもさらに高額なモデルを紹介

■限定車ともなればノーマルモデルの倍以上の価格となっているケースも多い

■生産台数が2桁ほどしかないスペシャルモデルは相場が存在しない領域になっている

ただでさえプレミア価格のさらに上をいくGT-Rとは

 いまや新車価格以上のプライスは当たり前となっているスカイラインGT-R。同車はどの世代、どのグレードでももはや「高嶺の花」となっているが、希少なグレードや限定車などはより高価格となっており、戸建てやマンションなどが買えてしまえそうなほど「バカ高」な価格となっている。今回はそんなプレミア価格と化している特別なスカイラインGT-Rの詳細と相場を紹介していこう。

R34スカイラインGT-R(V specII Nur)

 まず、バカ高スカイラインGT-Rの代表格と言えるのが、R34型スカイラインGT-Rの生産終了を記念して2002年1月販売された「V specII Nur」だ。同時に販売された「M spec Nur」と合わせて1000台限定で販売されたが、どちらも即日完売となった経緯を持つ。

 そんな「V specII Nur」の中古車を見てみると、「応談」か、プライスを表示している店舗ではなんと5000万円オーバーという現状。新車価格が610万円だったので、10倍近くの値段となっている。1000台の内75%が「V specII Nur」、25%が「M spec Nur」だったためか、後者は市場にはまったくと言っていいほど出てこない状況だ。

 この限定モデル最大の特徴はエンジンだろう。各種モータースポーツのベースエンジンとして採用されていたN1仕様のエンジンをベースに、ピストンやコンロッドに高精度バランス品を採用。このひと手間によって、高回転域での回転フィーリングにより磨きをかけたエンジンに仕上がっており、ヘッドカバーは専用のゴールドで塗装されている。

 そのほか、特別装備として300km/hフルスケールメーター、立体成形の専用グレードネームエンブレムなどが採用されているほか、専用色ミレニアムジェイドメタリックが用意されていた。

ミッドナイトパープルのボディカラー(R33/R34)

 スカイラインGT-Rと言えば、各世代を代表するボディカラーがあったのも印象的なポイントと言える。その中でも高値傾向になりやすいボディカラーがミッドナイトパープルだ。R33でラインアップされたこのボディカラーは、いままでにクルマ、ましてやスポーツカーではより少数派だった”紫”という色域を採用したため、抜群の存在感とインパクトを放っており、さらに上品さをも兼ね備えたのが特徴と言える。

 そんなミッドナイトパープルは、後継車のR34ではカタログカラーとしてはラインアップされなかったものの、R34GT-Rの販売を記念して300台限定でミッドナイトパープルIIとして復活した経歴がある。また、2000年1月から3月までの期間限定でミッドナイトパープルIIIというカラーもラインアップされていたのだ。

 限定色だったということもあり、R34のミッドナイトパープルの個体は3000万円を超えるプライスを掲げていることもしばしば。

モノによっては1億円を超える可能性も秘めている

R33GT-R オーテックバージョン

 日産車をベースとしたコンプリートカーや特装車を手掛けているオーテックジャパン。そのオーテックジャパンがスカイラインの発売40周年を記念して1998年に販売したのが、「スカイラインGT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー」だった。

 端的に言ってしまえば「R33GT-Rの4ドアセダン版」と言えるこのモデル。

 一見するとR33型スカイラインのセダンをベースに、GT-Rのパワートレインを移植したように思えるが、じつはGT-Rをベースとして4ドアセダン化したという非常に手間のかかったモデルなのだ。一例で例えると、リヤのブリスターフェンダーとドアはプレス型をこのモデルのために新しく起こしたほどだ。

 生産台数は400台ほどと言われており、新規設計の部分を考えるとほとんど利益が出なかったとか。当時の販売価格は498万5000円からだったが、いまや状態が良くノーマルに近い個体は1000万円を軽々と超す金額となっている。R33GT-Rの相場がおおよそ500万円からという具合なので、こちらもバカ高になりつつある1台だ。

R33スカイラインGT-R 400R

 R33GT-Rのバカ高モデルで忘れてはいけないのが「400R」の存在だ。

 400Rは日産のモータースポーツ部門であるニスモが、R33GT-Rをベースにチューニングしたコンプリートカー。280馬力規制時代に400馬力を発生する専用チューニングエンジンを搭載し、ベース車のおおよそ3倍となる価格の1200万円というプライスを引っ提げて登場。1996年の東京オートサロンでは話題の中心となった。

 エンジンだけでなく、各部がメーカー直系のワークスによる手によって専用チューニングされたこのスペシャルなGT-Rは、99台の限定モデルだったが、実際の生産台数は50台程度と言われている。

 もはや通常の中古車市場に出てくることは滅多にないので、市場価格というものは存在しないと言っても良いだろう。ここからは各種情報からの推測の域となってしまうが、ヒストリックカー系のオークションなどに同モデルが出品されれば、数千万円は確実な価格で落札されると考えられるだろう。

R34GT-R Z-Tune

 第2世代スカイラインGT-Rの集大成とも言えるのが、R34GT-Rが生産終了したあとの2004年に20台限定で発売された「NISMO R34GT-R Z-tune」だ。

 すでにベース車が生産終了となっていたため、ニスモが全国に点在する中古車を厳選して製作したという異色の経歴を持つこのコンプリートカーは、500馬力を発生する専用エンジンを搭載する。

 もちろん、足まわりもキッチリチューニングされており、サーキット走行向けのハイグリップタイヤ、いわゆるSタイヤの装着まで想定したザックス製サスペンションに、ブレンボ製の専用6ポッドブレーキキャリパーなどを装備。

 そのほか、デフオイルクーラーまで装着され、ガンガンサーキットを走れるトータルチューニングがニスモの手によって施されていたのだから、贅沢極まりないモデルだ。

 車両価格は1690万円(税別)という、当時としても破格であったが、いまではこの金額もベースとなった標準のR34GT-Rの価格帯に相当するというのだから恐ろしいものだ。

 400R同様、こちらも生産台数が極めて少ないため、実質市場価格は存在しないような状況だ。もし出物があれば価格が応談であることは確実だろうし、現在のノーマルのR34GT-Rの相場感とその伝説的な存在によるプレミアム感から、オークションともなれば1億円を超える可能性だって十分に考えられる。

まとめ:スカイラインGT-Rの神格化は止まらない?

 今回紹介した第2世代スカイラインGT-Rを筆頭に、1990年代の日本のスポーツカーは世界的に人気が高く、市場価格も高騰している。

 しかし、そのなかでもズバ抜けて高いのがスカイラインGT-Rと言っても過言ではないだろう。理由はさまざまだが、最大の要因は、トヨタ・スープラやマツダ RX-7といったスポーツカーは海外市場でも販売されていた一方で、スカイラインGT-Rは日本専用車だったということが大きな理由のひとつと言われている(一部国では限定販売などはあった)。

 また、そのほかの要因としては、アメリカの25年ルールをはじめ、映画やアニメなどの影響もあるだろう。そういった理由で、海外で第2世代GT-Rの人気が出た現在、世界中で需要と供給のバランスが崩れ、ベースモデルの相場は現在の相場まで上がり続けたとも言える。なので、その希少な限定車ともなればさらに高額になるのはもはや必須と言える。

 今後、スカイラインGT-Rの限定車や希少グレードはどんな価格へとなっていくのだろうか? 同車は恐れ多い領域に入りつつある。