ブランド創業55周年を祝う特別仕様車! メルセデス AMG G63「エディション55」を限定200台発売

この記事をまとめると

■メルセデスAMG G63の特別仕様車「エディション55」を発表した

■専用ボディカラーや専用デカールで違いを演出している

■日本には合計200台の導入を予定している

AMGの創立55周年を祝うに相応しいクルマに

 メルセデス・ベンツをチューニングしたハイパフォーマンスモデルをラインアップするメルセデス AMG。2022年は、AMGにとって創立55周年という記念すべき年になっており、自らを祝うべく、各モデルに55周年記念車を設定している。

 そして今回、G 63に特別仕様車の「エディション55」が設定された。

 エクステリアでは、サイドミラーとリヤスペアホイールカバーリングにオプティシアンブラックのアクセントを追加したことに加え、マットタンタライトグレーの22インチAMGクロススポークアルミホイールや専用デカールが与えられるなど、スポーティさをより強調した見た目となっているのが特徴だ。。

 インテリアにも「エディション55」のロゴが付いたダイナミカ仕様のAMGパフォーマンスステアリングやAMGマットカーボンインテリアトリムを標準装備して高級感を演出。

 さらに、シートベンチレーターやリラクゼーション機能(前席)を備えたナッパレザーシートも標準装備となっており、快適なドライブを約束してくれる。

 パワートレインは、ベースモデルととなっているG 63同様、最高出力585馬力、最大トルク850Nmを発揮する4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。有り余るほどのパワーは、贅沢の極みと思える力強さだ(写真は標準のG63のエンジンルーム)。

 日本に導入される台数はオブシディアンブラック(無償色)100台とオパリスホワイト(有償色)100台の計200台で、内訳はそれぞれ右ハンドルが60台、左ハンドルが40台づつ用意される。価格は2750万円。

 新車の納期が1年を越すとも言われているGクラス。そんなGクラスのAMG版であるG 63に設定された台数限定の特別仕様車が人気となることは想像に難くない。特別なGクラスを手に入れたいのであれば、またとない機会となるだろう。