見た目は狼! 中身は羊! 有名スポーツグレードと同じ「ガワ」の「じゃないエンジン車」3選

この記事をまとめると

■スポーツモデルと同じクルマでありながらエンジンが残念なクルマをピックアップ

■エンジン形式まで同じ場合もあるので、購入前に細心の注意が必要なモデルもある

■不安な場合は、購入前に詳しい人やスタッフに聞くほうが安心だ

普通のエンジンを載せてるそっくりモデルにご注意を

 一見すると普通のクルマなのに、じつは高いポテンシャルを持つ心臓部を持つクルマのことを「羊の皮を被った狼」などと表現することがあるが、その逆に速そうな見た目なのにちょっと物足りないエンジンを搭載したモデルというのも存在する。

 有名なところだと、漫画「頭文字D」の作中でも登場するスポーツツインカムエンジンを搭載する「AE86」に対して、スポーティさとは無縁のSOHC1.5リッターエンジンを搭載する「AE85」が存在するようなものだ。

 今回はそんなスポーツエンジンを搭載したグレードが知られている車種に潜む、じゃないエンジンを搭載したグレードをご紹介したい。

日産・スカイライン GXi(R32型)

 R32型のスカイラインといえば、GT-Rを頂点としてRB型の直列6気筒エンジンを搭載したスポーティなモデルというイメージがあることだろう。

 しかし、4ドアセダンのもっともベーシックなグレードである「GXi」に搭載されるエンジンは6気筒ですらないCA18i型の1.8リッター直列4気筒エンジンとなり、その出力はわずか91馬力(カタログ値)となっているのだ。

※画像はGTS25 TypeX・G

 この数値は1リッターターボエンジンを搭載するトヨタ・ルーミー(98馬力)を下まわるものとなっており、R32の持つスポーティなイメージとは程遠いスペックと言えるだろう。

ベースモデルなだけに”ガワ”は立派

ホンダ・シビック(FD2型)

 FD2型のホンダ シビックと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、2リッターNAエンジンでありながら220馬力を8000回転で叩き出す高回転型エンジンを搭載する「タイプR」であろう。

 しかし、この世代のシビックのFD2型はタイプR以外にも存在していて、それが「2.0GL」というもの。こちらは車検証上こそ同じ「K20A」型エンジンを搭載しているものの、その出力は155馬力と大変マイルドなもので、トランスミッションも5速ATのみ。つまり、普通のシビックのセダンということになるのである。

 もちろん基本ボディは共通しているので、シビックタイプR風のカスタムを施されることもあったが、現在タイプRは盗難のターゲットにされやすい車種でもあるので、2.0GLをタイプR風にしていて盗まれてしまっては目も当てられない事態となってしまうだろう。

 スバル・インプレッサ(GC8型)

 登場から今年で30周年となるスバル インプレッサ。初代モデルのイメージリーダーとしては、やはりWRカーのベースともなった水平対向4気筒2リッターのEJ20型エンジンを搭載したGC8型となるだろう。

 しかし、そんなGC8型にも実はノンターボのEJ20を搭載した「HX-20S」というグレードが存在していたのだ。

 この「HX-20S」は車両型式だけでなく、エクステリアもターボエンジンを搭載したWRX系に近いものとなっており、大型フォグランプを備えたエアロ形状のフロントバンパーやリヤウイング、そしてアルミホイールが標準となるなど、ボンネットにダクトがない以外は、ターボモデルと見間違えるほどスポーティな仕上がりとなっていた。

 そもそもこのグレードがNAモデルの最上級かつスポーティなグレードの扱いだったので当然と言えば当然なのだが、激安なGC8だと思って飛びついたらノンターボだった……ということのないようにご注意いただきたい。