オートマなのに便利じゃない!? スターレンジって何? MT全盛時の「AT」は今思えば面白かった!

この記事をまとめると

■何かの機会でMTを見たという理由でMT免許を取得する若者が意外と多いという

■今でこそ当たり前のATも、黎明期はクセが強かった

■AT全盛期の今、あえてMT全盛期だった頃のAT車を振り返ってみた

MT全盛期だった頃のAT車に乗った時に感じたこと

 筆者には年ごろになる甥っ子が3人いて、運転免許を順番に取得しており、間もなく3人目が運転免許を取得する予定となっている。

 自動車メディア業界の末席にいる筆者としては、“大事なお客様”となって欲しいこともあり、自動車教習所費用の半分を負担している。その3人のうち2人が“MT免許”を取得または取得予定としている。ひとりは親の勧めもあってとのことらしいが、もうひとりは友人が古い軽自動車のMT車を運転しているのを見て興味を示したとのこと。若い世代のなかで少なからずMTに興味のあるひとが目立っているとは聞いているが、いまどきは路線バスやトラックでも2ペダルATが当たり前の時代では趣味でMT車に乗る以外は実用性がないと思うが、クルマ自体に興味を持ってもらえることはやはり嬉しい。

 筆者が運転免許を取得したのは1986年。当時はまだメディアで「AT比率が上昇している」といったことが話題になるほど、まだまだMT車が多かった。実際、筆者が運転免許を取得した時の我が家のマイカーだった、4代目カローラセダン1500GLは4速MTであった。搭載エンジンは厳しかった昭和53年排ガス規制のころに開発されたもので、トルクはスカスカで非力感いっぱいであった。

 それなのに父親が、転勤先の北海道でしかも冬に運転免許を取得したこともあるのか、我が家のMT車はトラックやバスのように“セカンド発進”がマストであった。たまに友人を乗せて出かける時には、「セカンド発進してるんだ」と随分珍しがられたことを記憶している。我が家のマイカーはMT時代が長く、その後6代目、7代目カローラセダンも5速MTであった。そのため運転免許を取得してから10年ほどは、自分でスポーティモデルを所有していたわけでもないのに、運転のほとんどはMT車であった。

 いまどきはAT(自動変速機)といっても、一般的なステップATのほか、CVTやDCTなど、その種類もいくつか用意されているが、いずれもDレンジ(またはDレンジ相当)入れっぱなしで運転できるという点では共通といえよう。

「よかったなぁ」と思い出せるようなクルマが誕生するのだろうか

 しかし、過去には“セミAT”というものが存在していた。筆者が運転免許を取得したのと同時期に高校時代の友人も運転免許を取得した。そのころ友人の家は3代目アコードセダン(リトラクタブルヘッドライトのモデル)に乗っていた。

 ある日その友人がゴールドの初代アコードハッチバックでやってきた。自宅のアコードを点検に出している間の“代車”らしいのだが、「結構面白いからドライブに行こう」と誘いに来たのだ。何が面白いのかなあと思っていたら、そのアコードはホンダマチック仕様であったのだ。そのアコードに搭載されていたホンダマチックはセミオートタイプのもので「☆(スター)レンジ」のついているものであった。

 何も知らされずにスターレンジに入れて走り出そうとしても“ウーン”という感じでなかなか前へ進まない。すると友人が「ローレンジにして発進して、その後スターレンジにシフトするんだよ」と教えてくれた。当時マイカーはMT車だったので、フルオートマチック車を運転することすら珍しいのに、スターレンジなるものを持つセミオートタイプのホンダマチックはまさにMTとフルATの中間的操作で面白かったのをいまも覚えている。

 その後自動車メディア業界に飛び込んでからしばらくして、初代ルノートゥインゴに試乗する機会があった。トランスミッションは“オートクラッチ”などとも呼ばれる、2ペダルの5速MTであった。試乗をはじめてからしばらくは、変速するたびに存在しないクラッチを踏もうとして、思いっきりフロアに足をぶつけていたが、慣れてくるとこれもなかなか面白いものであったと感じたことをいまも記憶している。

 日の丸(国産)初のATとされる“トヨグライド”も2速のセミATとなっている。前述したように、筆者が運転免許を取得した80年代後半から日本国内における日本車も乗用車については本格的な自動変速機時代を迎えることになる。筆者としてはそれまでは、ほぼすべての乗用車はMTばかりかと思っていたのだが、ある日仕事で60年代後半あたりのころを調べてみると、セミかフルタイプかは別として、オートマチックが意外なほど普及していたり、オートマチックの存在をアピールするモデルが多いことがわかって驚いたことがある。

 これから世界的に車両電動化が進んでいくとされている。そのなかで、いままで筆者が述べてきたような、些細なことではあるが「面白かったなあ」と思い出が残るようなものがクルマに残るのか、若い人が意外なほどMTに興味があるのがわかって、そんなことをふと考えてしまった。