トヨタとスバルに敬礼! 改めて見たら「86&BRZ」の功績が偉大すぎた

この記事をまとめると

■初代86と初代BRZが残した功績と影響を考察

■FRスポーツという特殊なパッケージングからしたら大ヒットしたモデルと言える

■両車の存在によってレース業界やアスターパーツ業界なども盛り上がった

86&BRZが業界に残した功績を振り返ってみた

 先日10周年記念特別仕様車が発表されたGR86/BRZ。

 スポーツカー冬の時代とも言えた2012年にトヨタとスバルのタッグで登場したFRスポーツは、2021年に現行型へとフルモデルチェンジ。キープコンセプトを保ちながらも、より速く、より魅力的なスポーツカーへと進化した。そんな86/BRZの10年の歩みを振り返り、このFRスポーツがクルマ業界にもたらした功績をまとめてみた。

スポーツカー冬の時代に大きなチャレンジ

 今でこそ国産スポーツカーは比較的選択肢があると言える状況だが、86/BRZが登場した2012年当時はそこまで多くの国産スポーツカーはラインアップされていなかった。2000年代初頭までは、普通車をメインとする国産自動車メーカーは、何かしらのスポーツモデルをラインアップしていたが、既にスポーツモデルがラインアップから姿を消してしばらく経過していたというメーカーもあったし、トヨタとしても2007年に生産終了したMR-S以来のスポーツカーであった。

 日産のGT-Rやマツダのロードスターのように、固定のファンがいるスポーツカーならまだしも、当時新規車種でスポーツカーを造るということは、商業的な失敗を恐れて誰も手を付けられない状況だったとも言えよう。そんな状況のなかで登場した86/BRZは、クルマ好きから大いに賞賛されていたのを覚えている。しかし、クルマ好きが賞賛しただけではビジネスとしては成り立たない。実際86/BRZは「ビジネス」としてはどうだったのだろうか?

合計で約10万台を販売

 BRZは2012年3月28日、86は同年4月6日とほぼ同タイミングでの販売開始となった。当初目標とされていた月販台数はBRZが450台、86が1000台であった。

 しかし、蓋を開けてみればBRZは発表から2カ月で目標の4倍となる3551台。86は1カ月で7倍となる約7000台を受注した。このことから、両車は順調な滑り出しを見せたと言えるだろう。しかし、目標以上の受注が入るのは新型車ではあるあるな話。ビジネスとして重要なのはコンスタントに販売台数をキープできたかということだ。86/BRZの年間販売台数実績は以下のとおり。
86
2012年:22,510台
2013年:12,400台
2014年:8,190台
2015年:6,690台
2016年:6,570台
2017年:7,170台
2018年:4,950台
2019年:4,630台
2020年:3,940台
2021年:1,620台
計78,670台
 
BRZ
2012年:4,831台
2013年:4,784台
2014年:2,826台
2015年:2,043台
2016年:2,096台
2017年:2,097台
2018年:1,635台
2019年:1,291台
2020年:998台
2021年:6台
計22,607台
両車共に最初2年は大幅に売れているが、これは新車効果というところが大きいだろう。また、2020年以降は台数が少なくなっているが、これは次期モデル登場の噂と期待が市場にあったためと思われる。そういった事情を除けば、86は年間でおおよそ5000〜6000台、BRZは1500〜2000台程度が売れているということだ。両車の販売台数の差は販売店の数の差などがあるため、一概には言えないものの、スポーツカーで年間5000台、2車種合計で7000台という台数は大健闘と言えるはず。

 また驚かされるのが若い世代の購入比率の高さだ。30代以下の購入比率は86が35%、BRZに至っては48.22%となっているのだ。しかし、もっとも評価すべき点は合計で10万台以上のFRスポーツが新たに市場に出たというところだろう。それだけの数が出ればアフターパーツの開発も各パーツメーカーが力を入れて取り組むし、中古車のタマ数もこなれて、段々と手に入れやすい値段となってくる。10万台も売れてくれたおかげで、中古相場の高騰傾向にあったFRスポーツが、比較的安価に遊べる素材となったのだ。

2台の存在によってクルマ業界全体が盛り上がった

ロングライフでも常に新鮮であり続けた

 これだけ長年販売して、コンスタントに売れ続けたのはファンを飽きさせなかったという取り組みにもあるだろう。両車は2016年にマイナーチェンジを行い、性能が向上した後期型となったが、それ以外にも毎年と言っていいほど各所に改良を施し進化を繰り返してきた。また、86で言えばGRMNや14R-60、BRZで言えばtSといった高性能特別仕様車や、86のブラッシュグリーンリミテッドやブラックリミテッド、BRZのイエローエディションやクールグレーカーキエディションなど限定カラーモデルを登場させ、常にモデルに新鮮さを出していたのもこのFRスポーツ成功の秘訣と言えるのではないだろうか。

エントリーカテゴリーに大きな功績を残した

 そして、86/BRZはモータースポーツの世界において大きな功績を残したと言える。86/BRZのモータースポーツと言えば2013年から始まったナンバー付きワンメイクレースの86/BRZレース(現GR86/BRZカップ)のイメージが強いだろう。

 たしかにこのレースも大いに盛り上がり、新たなモータースポーツ参加者を増やしたかもしれない。しかし、より参戦の敷居が低いジムカーナやダートトライアルなどいわゆる「Bライ競技」にこそ、この両車の存在は大きな影響を与えた。それまで現行で目ぼしいベース車がなかったジムカーナやダートトライアルだが、86/BRZの登場により参戦可能なクラスはそれまでよりも大いに台数が増えたという印象がある。

 現行車で手ごろなFR、また荷物も積めるということもあって、このカテゴリーでは大いに重宝される存在となったのだ。参加台数が増えるということはライバルが増えるということ、「競走」を求めるドライバーたちは、86/BRZを新たに購入しそれまで戦ってきたクラスから転向するという例も見受けられるほどだった。

これからも身近なFRスポーツとして

 新規のスポーツカーという難題ビジネスを成功させた86/BRZは、我々クルマ好きにとってはもちろん、自動車業界を始め、モータースポーツ業界やアフターパーツ市場にとって大きな功績を残したモデルと言えるだろう。このモデルがあったからこそ、さまざまなビジネスが生まれ、クルマ遊びの文化が再び活気づいたと感じている関係者は多くいるはずだ。

 現行型になってもその点は変わっていない。すでにワンメイクレースも始まっているし、Bライ競技でも参戦が多く見受けられる。更にはアフターパーツ市場も新型GR86/BRZ向けのパーツを続々と開発している。これからもこのモデルが売れ続けて進化するとともに、FRスポーツの裾野、クルマ遊びの裾野を広げ続けていってくれることを願いたい。