走りを極めた特別なファイナルモデルが登場! ボルボの人気ワゴン「V60」に150台だけの特別限定車と特別仕様車が登場

この記事をまとめると

■ボルボV60にふたつの特別モデルが登場

■走りに特化した「V60 Recharge Polestar Engineered」は150台限定となる

■専用内装などを装備した特別仕様車「V60 B4 Ultimate Dark Edition」も設定された

ポールスターを手に入れるならいまが最後のチャンス!

 北欧のプレミアムブランド「ボルボ」は、長年日本で愛されているメーカーでファンも多い。とくに安全性にはかなりのこだわりを持っており、世界中から高い評価を受けていることでもお馴染みだ。

 そんなボルボのラインアップのなかで、ミドルクラスワゴンとして日本でも多くのユーザーに愛用されている「V60」に、特別限定車となるモデルと特別仕様車の2台が登場し、受注を開始した。順番に見ていきたい。

 まずは特別限定車として設定された「V60 Recharge Polestar Engineered」。このモデルは名前の通り、ボルボのハイパフォーマンス車両やモータースポーツ車両の設計・開発を手掛ける「Polestar(ポールスター)」が手掛けたハイパフォーマンスなV60だ。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレインを搭載するV60 Rechargeのハイエンドモデルという位置づけとなっており、ボルボ60シリーズで唯一、もっともパワフルなT8 AWDパワートレインを搭載しているのが特徴だ。

 出力は462馬力(317馬力/400Nm+145馬力/309Nm)という圧倒的なパワーを発揮しているほか、EV走行では87kmほど走ることが可能となっている。これだけの高出力を誇りながらも、ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/Lを実現していることもトピックだ。

 この強大なT8 AWDパワートレインの高出力を受け止めるシャーシは、「Polestar」のチューニングが施された特別仕様で、代表される装備として「オーリンズ製DFVショックアブソーバー&強化スプリング」を採用。

 同サスペンションは22段階の減衰力調整が可能な本格派であるほか、強大なパワーを確実にコントロールするブレーキには、Brembo製6ピストン・フロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/371mm)が採用されている。

 このほかにも、ボディ剛性を確実にアップさせるストラットタワーバーや19インチの専用鍛造アルミホイールを装着する、まさに本格派スポーツワゴンとなっているのだ。この特別なV60は、全国150台限定での販売を予定しているほか、今回の導入をもって販売終了となるので、気になる方はお早めにお問い合わせを。価格は969万円となる。

特別装備を多数採用した目玉モデルも設定

 もう1台設定された特別仕様車は「V60 B4 Ultimate Dark Edition」だ。

 このモデルは、直列4気筒2リッターターボエンジンに7G-DCT(7速デュアルクラッチ式トランスミッション)と48Vハイブリッドを組み合わせたB4パワートレインを搭載したモデルがベースとなっており、ベンチレーション機能やリラクゼーション機能を装備したナッパレザーシートを採用。

 また、ボルボの上級モデルに装備されていることでお馴染みのオレフォス社製クリスタルシフトノブも採用した特別仕様となっている。北欧らしさ漂うダイナミックな、グロッシーブラックを基調としたエクステリアデザインがテーマとなっているなど、特別仕様車を名乗るに相応しい仕様となっている。

 さらに、軽快な走りが自慢なV60をさらに魅力的なモデルにするために、専用のスポーツサスペンションも装備されているので、走り好きも納得な1台だ。こちらは限定台数の設定はなく、価格は639万円となる。

 今回発表された2台の特別仕様車をぜひ検討してみてはいかがだろうか。きっとボルボでしか体感できないシーンが待っているはずだ。