ハザードランプは感謝の意を表すための装置じゃない! そもそも「サンキューハザード」が不要な運転をすることが重要

この記事をまとめると

■ハザードランプは非常点滅表示灯といって緊急事態であることを周囲へ知らせるための装置だ

■使い方は道路交通法で定められており、「サンキューハザード」はそこに含まれていない

■安全に車線変更や進路変更ができるようになればサンキューハザードは必要なくなるはずだ

ハザードランプの正式名称は非常点滅表示灯だ

 ハザードランプは、サンキューハザードなどの流行によって頻繁に利用される例が増えているようだ。だが、本来の目的は異なる。

 ハザードランプは、日本語では非常点滅表示灯という。非常事態に際し、方向指示器(ウインカー)を左右同時に点滅させ、緊急事態であることを後続車など周囲へ知らせ、二次事故等を発生させないための予防措置だ。

 使い方については、道路交通法で定められている。夜間に、道幅が5.5m以上ある道路に停車したり駐車したりするとき、ハザードランプを点灯したり、テールランプを点灯しなければならない。これを多少拡大解釈するとしても、何らかの事情で停車や駐車するときに使う表示灯である。したがって、車線変更などで進路を譲ってもらったことへの感謝の気持ちとして使用することは、まったく違った目的での利用となる。

 違反として処罰された例はまだ耳に届かない。しかし、間違った使い方で事故になったり、交通に障害をもたらす結果となったりした際には、違反を問われるだろう。いずれにしても、間違った使い方であることは断言できる。

本来は感謝の意を表す必要のない運転を心がけるべきだ

 なぜ、サンキューハザードが使われるようになったのか。心理的には、相手の親切に感謝の意を表したいという真心だろう。しかし、ではなぜ相手に進路などを譲ってもらわなければならないか、その原因を考えてみると、急な車線変更や、無理な車線変更などをしたからではないのか。

 なぜ、そういうことが起こるのかといえば、走行中にクルマの周囲の様子を、ドアミラーやルームミラーで十分に確認せず、カーナビゲーションの指示などに従って無理に進路変更をしようとしたからではないのか。そうした運転の様子は、頻繁に見かける。前方ばかりを見ていたり、カーナビゲーションに依存しすぎたりする運転が、周囲の様子の確認を疎かにし、急な進路変更につながっているはずだ。

 運転をより上手に、あるいはより安全にクルマを走らせたいと思うなら、まず前方の安全確認とあわせて、周囲の様子を常に認識する練習を積むべきだ。でなければ、いくらサンキューハザードを使っても、相手のクルマの運転次第では接触する危険さえ生じる。

 前しか凝視できない運転をする人は、日常的にスマートフォンばかり注視し、周囲の人の行動を気にしていなかったり、街の様子を意識していなかったりするのではないか。自分勝手に道路を歩く人も多い。

 普段の生活から、周囲の様子を気に留め、互いに適度な距離を保ちながら快適に暮らす意識があれば、それが運転にも通じる。サンキューハザードなどしなくても、自然かつ安全に車線変更や進路変更ができるようになるのではないか。

 運転の技術というより、日々の暮らし方が課題なのだと思う。そして、クルマの安全に関わる装置は、正しく使うことが肝心だ。