免許はないけど熱量なら持ってるぜ! 将来有望なクルマ大好きキッズにありがちなこと5つ

この記事をまとめると

■幼いうちからクルマに興味を持つキッズがいる

■街を走るクルマの名前を言い当てるなど、大人をも凌駕する知識を持つ子も

■今回はクルマ大好きキッズにありがちな事例5つを紹介

やっぱりパパ&ママの影響は大きい!?

 運転免許が取得できるのは18歳になってから。長いようで短い。いや、長いかもしれない……。物事ついてから、下手をすると10年以上、待つことになるわけですから。

 ゲームやその時代ごとの流行りなどのさまざまな誘惑にも振り回されず、クルマが好きでいてくれる……。クルマ好きの親御さんなら、ご自身のお子さんに望む密かな願望かもしれません。

 果たして、愛する我が子は将来有望なクルマ大好きキッズなのでしょうか?

 “免許はないけど熱量なら持ってるぜ! 将来有望なクルマ大好きキッズにありがちなこと5つ”をご紹介します!

1)パパ&ママもクルマ好き

 たとえば、パパやママがサーフィンに夢中であれば、そのお子さんも影響を受ける可能性が高いように、クルマ好きも遺伝する確率が高いようです。

 家のあちこちにクルマの雑誌があり、休みの日にはクルマをいじり、チャイルドシート(またはジュニアシート)にお子さん乗せられてドライブ……。

 まさに、何気ない日常のひとコマですら「クルマ好きになるための英才教育」といえるでしょう。そのうちパパやママの愛車にダメだししてきたりして、親御さんをびっくりさせそうです。

 これだけ環境が整っていれば好きにならないわけがない! ……かと思いきや、大人になるにつれて親御さん以上にのめり込むケースと、まったく興味が湧かないこともあります。

 その運命の別れ道がどこにあるのか? 公私ともにさまざまな方に伺っていますが、決定的なポイントがいまだ見つけられずにいます。「なるようにしかならないよ」と苦笑いされることもしばしばです。

 幼少期はクルマ好きでも、いったん別の対象に興味が移り、運転免許取得時に覚醒する(?)こともあります。気長に、そして広い心で愛する我が子を見守りたいものです。

2)パパ・ママの次に覚えた言葉はクルマの名前だった

 幼少期の子どもたちは、親御さんが想像している以上に大人たちの行動や言動に意識を向けている印象があります。

 家族みんなでドライブ中に、パパが何度も「GT-Rカッコイイなー」と連呼していたら、お子さんだってそのうち「GT-R」というキーワードを記憶してしまいます。

 お子さんが最初に発する言葉は人それぞれですが、「パパ」や「ママ」が多い印象です。その次に覚えた言葉がクルマ関連のキーワードだとしたら……? それは間違いなく、パパ(あるいはママ)に原因があります(笑)。

 うっかりお子さんが「カウンタック(現代だとアヴェンタドールかも)」というキーワードを覚えてしまうと、所構わず連呼する可能性があるので注意が必要です(笑)。

 幼稚園や保育園でクルマの名前を連呼して、先生たちを困らせてしまうことも。それはそれで「将来有望な証拠」として好意的に捉えておきたいところです。

街を走るクルマの名前を言い当てるキッズも!

3)街中で見掛けた車名を言い当てられる

「あっ、ウチの子だ!」

 そう思ったそこのパパ&ママ、目の中に入れても痛くないほど溺愛するお子さんは将来有望なクルマ好きとみて間違いありません。

 お子さんたちの記憶力には目を見張るものがあります。クルマの雑誌や動画など、パパやママがクルマを指さして「これがトヨタのGR86だよ」と教えるとしっかり記憶してくれます。そして街なかで見たときに、現車とビジュアルを脳内できちんと紐付けて「あ! GR86だー!」と教えてくれます。

 そこでお子さんを思いきり褒めてあげつつ、いろいろな車種名を教えていくうちに、いつの間にか「クルマ博士」になっています。1年も経てば、パパやママよりも詳しくなっていることも珍しくありません。

 親御さんがとくに覚えて欲しい車種があったら、事細かに仕様の違いもお子さんに教えてあげましょう。そのポイントもお子さんはしっかりと覚えてくれるはずです。

 このときの記憶が原体験となり、将来の愛車候補に大きく影響することもあります。パパやママの大切な愛車を愛する我が子に乗り継がせたい……とお考えであれば、ここは頑張りどころです(でも、ほどほどに……)。

4)トミカ大好き!

 多くのクルマ好きにとってトミカは原点であり、長きに渡って楽しめる趣味、コレクションではないでしょうか?

 ほどよいサイズとディフォルメ感。お子さんが乱暴に扱っても壊れないタフネスさ(塗装ははげますが……)。スタンダードなモデルであれば数百円と、手頃な値段も魅力です。

 いつの間にかトミカの数が増えて、おもちゃ箱いっぱいに。そして、大人になってコレクションしても所有感を満たしてくれるだけでなく、高い中毒性(笑)を伴う魅力的な作りと新製品の数々……。

 また、立体駐車場や消防署、警察署、ガソリンスタンドなど、周辺アイテムも豊富です。親子で楽しめる点も大きな魅力です。そう考えると、トミカってなかなか罪作りな存在です(笑)。

5)子どもの名前がクルマに関連している!

 かつてお子さんに「セリカちゃん」「カレンちゃん」と名づけた親御さんがいました。そのほか、「カレラちゃん」「タルガくん」。「セナくん(ちゃん)」という名前のお子さんもいらっしゃいますね。

 筆者の身近な人で、RX-7が好きすぎて愛娘に「ナナミちゃん」と名づけたパパがいます。お嬢さんが大人になり、パパの意思を継いでRX-7に乗るようになったら……まるで漫画の主人公みたいです。

まとめ:クルマを憧れの存在だと思ってくれるだけで、パパ&ママはウレシイ

 自動車の世界はいま「100年に一度の大変革の時代」といわれています。それに伴い、小さなお子さんたちの憧れの対象や、将来有望なポイントとされる事柄も、時代とともに急激に変化していく可能性があります。

 近い将来、仮に電気自動車が普及したら、クルマのデザインはもちろん、たとえば音に関してもお子さんがインプットする情報がまったく変わってきます。そもそもエンジン音という概念がなくなってしまうからです。

 クルマの主流がEVになろうと、V12サウンドが過去の産物になってしまったとしても……。クルマを憧れの存在だと思ってくれるだけで、パパ(ママ)はウレシイのです。