スポーツグレード「RS」投入間近! ホンダ・フィットの歴代モデルと最新情報について解説

この記事をまとめると

■ホンダ・フィットのマイナーチェンジが今年秋に実施される

■待望のRSモデルの復活の前に、歴代モデルをおさらい

■現時点で判明しているマイナーチェンジに関する情報も紹介

マイナーチェンジを控えたホンダ・フィットの魅力を探る

 先代、先々代に用意されていたフィットのスポーティグレード「RS」が復活する──このニュースに多くのクルマ好きが反応しました。

 いまやコンパクトカー界のビッグネームとなったフィットですが現行モデルの販売はイマイチ。「RS」の復活とともに今秋に行われるマイナーチェンジでフィットの人気は回復するのかが気になります。

 そこで現行フィットとはどういうクルマなのか、またマイナーチェンジの内容などをお伝えします。

ホンダ・フィットってどんなクルマ?

 国産コンパクトハッチの人気車種となったフィット。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用したことで同クラスのコンパクトカーより圧倒的に広い居住空間を手に入れたことで初代から大きな人気を得ました。現行モデルは2020年に登場した4代目となります。

「心地よさ」をテーマに開発された現行モデルですが、歴代モデルと比べると人気は低迷。しかし、屋台骨を支えるフィットをホンダがそのままにしておくわけがなく間もなくマイナーチェンジで人気回復を目指します。

 そんなフィットとはどのようなクルマなのでしょうか。

フィットの歴史

  まずは、初代から先代モデルまでの歴代フィットについて振り返ってみましょう。

 ◆初代(2001〜2007年)

 ボディサイズ:全長3830mm、全幅1675mm、全高1525mm。ホイールベース:2450mm

 シティ、ロゴと続いていたホンダのベーシックカーに新たなブランドとして2001年に登場したのが初代フィット。

 いまや覚えている人も少ないでしょうが初代登場時、ホンダは登場したばかりのフィットを「パーソナルMAXワゴン」と説明していました。

 限られたボディサイズからできるだけ大きな室内空間を確保するかをテーマに開発した初代は、センタータンクレイアウトやコンパクトな1.3リッター直4エンジンを搭載し高効率なコンパクトカーパッケージを身にまとっていました。

 そんな初代はデビュー後、すぐに高い人気を経て2002年には年間販売台数トップを獲得するに至ります。モデル末期の2007年には世界累計販売台数が200万台を突破しました。

◆2代目(2007〜2013年)

 ボディサイズ:全長3900mm、全幅1695mm、全高1525mm。ホイールベース:2500mm

 大きな人気を得た初代からフルモデルチェンジで2007年に登場した2代目フィット。

 初代からセンタータンクレイアウトを継承したことで高いユーティリティ性能は受け継がれましたが、エクステリアデザインはAピラーを前進させキャブフォワードスタイルを強調したスタイリッシュな見た目へと進化しました。

 デビュー時は1.3リッター直4と1.5リッター直4のガソリンエンジンを用意していましたが、2010年のマイナーチェンジでハイブリッド仕様を追加。

 フィットの人気はさらに高まり、2011年の上半期には新車販売台数の第一位に輝いています。

◆3代目(2013〜2020年)

 ボディサイズ:全長3955mm、全幅1695mm、全高1525mm。ホイールベース:2530mm

 国産ベーシックカーのトップに君臨するフィットは2013年に3代目へとフルモデルチェンジされました。3代目も当然のごとくセンタータンクレイアウトを踏襲し高いユーティリティ性能もさらに磨かれました。

 パワーユニットは新設計の1.3リッター&1.5リッターガソリンエンジンとデビュー時からハイブリッド仕様を設定。ハイブリッド仕様はDCT内部にモーターを組み込んだ「i-DCD」へと変更され燃費や走行性能の向上を図っています。

 しかし、このハイブリッド仕様は変速装置やエンジンの制御プログラムなどの不具合により度重なるリコールを発表。フィットの評判を大きく落とすことになってしまいました。

 リコールや一部ユーザーから行き過ぎたコストダウンの跡を懸念する声が多かったためか、3代目の人気は初代、2代目とくらべ低下。2020年に現行モデルとなる4代目へバトンタッチされています。

フィットの特徴

 フィット最大の特徴は“センタータンクレイアウト”を採用したことによる広大な室内空間を実現したパッケージングでしょう。

 センタータンクレイアウトとは燃料タンクを前席下に搭載し広い気室内空間を可能とするパッケージング。燃料タンクを車両中央に配置したことで後席の足元床面を下げることができ室内高や足元空間を拡大。またラゲッジ空間の超低床化も実現したことで荷室容量も大きくすることができたのです。初代の室内高は同時期に販売されていたミニバンのオデッセイより高くなっていました。

 初代から現行モデルまで継続して採用されているセンタータンクレイアウトにより、同クラスのコンパクトカーより広大な室内空間を備えていることがフィット最大の特徴です。

フィットの価格

 現行フィットの価格は以下の通り。なお、マイナーチェンジ後の予想価格は後ほどお伝えします。

◆ガソリン車 ※特別仕様車除く

 ベーシック FF:155万7600円/4WD:175万5600円

 ホーム FF:176万7700円/4WD:196万5700円

 ネス FF:187万7700円/4WD:207万5700円

 クロスター FF:193万8200円/4WD:213万6200円

 リュクス FF:207万6800円/4WD:224万1800円

◆ハイブリッド(e:HEV)車 ※特別仕様車は除く

 e:HEV ベーシック FF:199万7600円/4WD:219万5600円

 e:HEV ホーム FF:211万7500円/4WD:231万5500円

 e:HEV ネス FF:222万7500円/4WD:242万5500円

 e:HEV クロスター FF:228万8000円/4WD:248万6000円

 e:HEV リュクス FF:242万6600円/4WD:259万1600円

 e:HEV モデューロ X FF:286万6600円

フィットの中古車価格は?

 販売台数が多いフィットだけに中古車も数多く出回っています。歴代モデルの中古車価格相場を見てみると、

・現行モデル(2020年2月〜)115〜280万円

・3代目(2013〜2020年)20〜250万円

・2代目(2007〜2013年)1〜135万円

・初代(2001〜2007年)2〜90万円

 となります。

 初代の中古車はすでに100台を切るなどさすがに台数は少ないのですが、2代目以降の中古車は台数も豊富でカラーやグレードなど選択肢も多いのが特徴といえるでしょう。

 ただし、3代目のハイブリッド仕様を選ぶ場合はリコール対策済みの車両を選ぶなど、購入には注意が必要となります。

2022秋のマイナーチェンジについて

変更点1)デザイン

 マイナーチェンジで変更される箇所はいくつかありますが、まず気になるのがエクステリアデザインの変更点。柴犬をモチーフとした現行モデルのデザインは親しみやすいと評判を得ました。が、先代が備えていたシャープさや精悍さが薄れたことを不満に感じたり、デザイン自体を「ダサい」と感じたりするユーザーが少なからず存在しています。

 マイナーチェンジではフロントグリルや前後バンパーのデザインを変更し、親しみやすさはそのままに、やや精悍さを身にまとう意匠チェンジを行います。

 ただデビュー時から開口部が大きなフロントグリルを備えていたCROSSTARの印象はあまり変わっていないように見えます。

※写真は現行のフィット・クロスター

 また、新たに追加されるRSには開口部が大きい専用グリルを装着し他のグレードと差別化を図っているのが特徴です。

変更点2)パワートレインの出力向上

 マイナーチェンジにより、4代目フィットのパワーユニットは大きく変わります。

 まずガソリン仕様はエンジンが1.3リッターエンジンから1.5リッター直4エンジンへ変更。また、ハイブリッド仕様も出力や燃費がともに向上しているとのこと。

※写真は現行のエンジンルーム

 スペックは不明ですが、ガソリン、ハイブリッドともに走行性能が向上することは間違いなさそうです。

変更点3)グレード変更

 いままでお伝えしてきた情報以外で変更されるのがグレード体系。心身ともに豊かなライフスタイルを思考する人向けのグレード「ネス」が廃止となり、スポーティーグレード「RS」が復活。

※写真は現行のグレード「ネス」

 これによりマイナーチェンジ後のグレードは、ベーシック、ホーム、リュクス、クロスター、RSの5タイプがラインナップされます。

最大の変更点)RSモデル2年ぶりの復活!

 フィットRSとは2代目に設定されたスポーツ仕様。2代目に設定されたRSは最高出力120馬力を発揮する1.5リッターエンジンを搭載。フロントグリルや前後バンパー、ホイールなど専用装備を身にまとっていました。

 3代目にもRSは設定されています。最高出力132馬力の1.5リッターエンジンに6速MTかパドル付きCVTを組み合わせ、サスペンションにも専用チューンが施されるなどよりスポーツ志向が高められています。

 ただし、4代目にRSは未設定。走りを重視するフィットファンは落胆しましたが、今秋、約2年ぶりに復活することになりました。

RSモデルとは? 他モデルとの違い

 4代目フィットに新たに設定されるRSは1.5リッターガソリンエンジンに加え、ハイブリッド仕様も加わることのこと。残念なことにいまだ詳細なスペックは判明していません。

 外観はすでにティザーサイトにて公開されていますが、精悍なハニカムグリルや大開口フロントロアグリル、RS専用リヤパンパー、テールゲートスポイラーなどスポーティーな装いで他のグレードとは差別化されています。

 185/55R16サイズのタイヤとエアロデザインのアルミホイールも足元を演出。インテリアにもステアリングやシートなどRS専用の装備を配し、スポーティーかつ高級感も合わせて備えました。

 4代目に設定されるRSには残念ながらMTは用意されず、3代目には存在していたガソリン仕様のCVTにパドルシフトも装備されない模様。ただし、ハイブリッド仕様にはドライブモードスイッチと減速セレクターを装備するようです。

 このドライブモードに用意されたスポーツモードはエンジン回転数の上昇速度を高めるとともに変速ポイントも高くすることで加速感をアップ。RSらしい走る楽しさを存分に味わえるセッティングが施されました。

RSモデルのスペック詳細

 残念なことに、この原稿を書いている時点でパワーユニットの詳細など詳しいスペックについては判明していません。

 ただし、新型RSの価格は掴めていて、ガソリン仕様が195万9100円から、ハイブリッド仕様が234万6300円からとなります。

 RSのボディカラーは全6色。新色となるストレートグレーパールをはじめ、プレミアムサンライトホワイトパール、プラチナホワイトパール、メテオロイドグレーメタリック、クリスタルブラックパール、プレミアムクリスタルレッドメタリックが用意されます。

予約状況と発売予定日は?

 現在判明している新型フィットの発表日は10月6日。発売は10月7日となり、これはRSも同様です。

 心配なのが昨今の半導体不足による納期送れ。一部ではRSはすでに年内納車が間に合わない、との声も出ています。購入を考えている人はすでに先行予約も開始されているので、いち早くディーラーへ駆け込むべきでしょう。

モデル別 新型フィットの発売価格

 現時点で判明しているマイナーチェンジ後の価格を記載します。

 ただ、販売時には変更されている可能性もありますのでご注意ください。

◆ガソリン車

 ベーシック 159万2800円〜

 ホーム 182万6000円〜

 クロスター 207万2400円〜

 リュクス 214万9400円〜

 RS 195万9100円〜

◆ハイブリッド(e:HEV)車

 ベーシック 199万7600円〜

 ホーム 217万5800円〜

 クロスター 242万2200円〜

 リュクス 249万9200円〜

 RS 234万6300円〜

こんな人に新型フィットはおすすめ!

 コンパクトカーにおいて、とくに高効率な室内空間を有するフィットは「ミニバンはいらないけど、広い室内空間のクルマがほしい」というファミリー層に最適なクルマです。

 低床のラゲッジルームは楽にベビーカーを積載することが可能。室内高が高いリヤシートはチャイルドシートを備えることも苦になりません。

まとめ

 販売的にイマイチの現行フィット。「RS」投入がそのテコ入れにうまくつながるかどうかが興味深いところです。

 パワーユニットの詳細などまだ判明していない部分も多いですが、今秋のマイナーチェンジでフィットがどのように進化するかに期待しましょう。