新型クラウンクロスオーバーはグレードの違いで価格差200万円以上! 装備から「買いはどれか」を考えてみた

この記事をまとめると

■4モデル発表されたクラウンのうちクラウンクロスオーバーが販売を開始

■エントリーモデルから最上位モデルまでで価格差が205万円ほどある

■一部グレードは来年の生産なので早めに欲しい人はグレードが限られてくる

クラウンクロスオーバーのオススメグレードとは?

 2022年7月15日にワールドプレミアを行った16代目となる新型クラウン。予想どおり、クラウン初のクロスオーバーモデルを第1弾として、2022年秋以降に発売されることになっている。同時に、なんとスポーツ、セダン、エステートの4種類のボディを用意したのだから驚きを隠せない。

 で、トヨタのHPを見ると、たしかに新型クラウンは堂々とSUVのカテゴリーのなかで紹介されている。しかし、RAV4やハリアーたちとは異なるジャンルのクルマと言っていい。というのは、トヨタ自身がクラウンのクロスオーバーモデルを「セダンとSUVの融合」と謳っているだけに、乗り降りのしやすさも重視し、そしてなによりWEBカタログの主要諸元のなんと最初に(!)記されているのが最低地上高で、それは一般的な乗用車と変わらない145mm。つまり先代クラウンの135mmに対して10mm増しでしかなく、たとえば巷でトヨタ内のライバル!? と名前が挙がっているハリアーの190mmと大きな違いがある。「セダンとSUVの融合」は主にスタイリング、デザインであり、最低地上高が示す走行性能、走破性はセダン基準と考えるのが妥当だろう。

 さて、ここではそんな新型クラウンの第1弾として登場、発売されたクロスオーバーモデルのベストバイグレードを検証する。その上でまず注目したいのが価格。CROSSOVER Xの435万円からCROSSOVER RS”Advanced”の640万円まで、価格差205万円に達するのだ。アルファードほどではないが、その価格差において、各グレードがどう違うのか、気になるところ。

 そのひとつのポイントがパワーユニットだ。新型クラウンCROSSOVERはHV+4WDのパワートレインが基本で、エンジンは2.5リッター(186馬力、22.5kg-m/モーターF 119.6馬力、20.6kg-m、R 54.4馬力、12.3kg-m)とRS系の2.4リッターターボ(272馬力、46.9kg-m/モーターF 82.9馬力、29.8kg-m R 80.2馬力、172kg-m)の2種類が用意されている(ともに前後モーターを追加)。WLTCモード燃費は前者が22.4km/L、後者がいきなり15.7km/Lとなる。2.5リッターエンジン+モーター搭載車が5グレード、そしてハイオクガソリンを要求し、動力性能で圧倒する2.4リッターターボHV車がRS系2グレードとなり、全7グレードで構成される。

狙い目は2.5リッターモデルか

 ここでまず考えるべきは、RSの位置づけだ。パドルシフトまで用意するRS系はたしかに速いだろうし、スポーティな走りも楽しめるはずだが、ならばこの先に出てくるセダン、エステートとともにあるスポーツに期待が膨らむ。よって、クロスオーバーモデルとして買い得なのは、605〜640万円のRS系ではなく、435〜570万円の2.5リッターモデルということになりそうだ。

 とはいえ、435万円のベースグレード、CROSSOVER X(2023年1月以降生産予定)は、クラウンユーザーが期待する装備の充実度という点で不満がでるかも知れない。ディスプレイオーディオや運転席パワーシートなどが装備されないのである。じつは、それらをOPで加えていくとしたら、ひとつ上の装備が充実したGグレード(2023年1月以降生産予定)と価格はそれほど変わらなくなるのである。

 しかも、X、Gグレードはすでにカッコ内で触れたように、2023年1月以降生産予定となり、さらに予定がズレると、納期がどうなるか微妙だ。で、現時点で推奨したいグレードは、ズバリ、先代クラウンの中心グレードの価格と変わらない510万円となるCROSSOVER G “Advanced”だ。タイヤサイズはそれでも19インチ(225/55R19)と大径だが、上には21インチ(RSやレザーパッケージ 225/45R21)もあって、こちらは交換時の出費がさらに大変だ。※19/21インチともにタイヤチェーンは装着不可とのこと

 また、運転席8ウェイパワーシートなどはもちろん、Gで+17万9300円のOPとなるドライバーサポートパッケージが標準装備され、ブラインドスポットモニター、パーキングサポートブレーキ、パノラミックビューモニター、前後ドライブレコーダーまで備わるのだから、一般ユーザー向けのクラウンとしては、ユーザーの期待に応える装備類の持ち主と言っていいだろう。

 ちなみにそのひとつ上のグレードとなるCROSSOVER G “Advanced”レザーパッケージは、無論、クラウンのシートは本革じゃなくっちゃ……という人に向いているが、価格差60万円は本革シート以外の装備の追加を含めても、やや割高だ。もっとも、本革シートには、素材以外のメリットがあり、パンチングレザーの特性を生かした前席シートベンチレーションが付くところに魅力がある。エアコンの冷風をシートが吸い込むことで、暑い時期のドライブも、走行直後からより涼しく快適になり、筆者の経験(他車)では、汗をかいた体で着ているシャツの背中のシワも低減されるのである(素材にもよるが)。暑がりの人は、検討する余地アリかも知れない……。両グレードはすでに生産が開始されているから、2023年1月以降生産予定グレードよりも納期が早い点もユーザーメリットではないだろうか。