カローラクロスとCX-60を同じ工場で生産!? プラットフォームもパワートレインも共有してないのにトヨタとマツダが北米で合弁工場を設立したワケ

この記事をまとめると

■マツダとトヨタはアラバマ州に合弁工場「MTM」を設立してそれぞれ車両を生産している

■現状、両社が生産するクルマはプラットフォームや部品などを共有していない

■MTMは北米事業の未来に向けたもので、今後、両社間でさまざまな共有がなされると予想される

マツダとトヨタが合同で設立した工場がアラバマ州に存在

 アメリカの南部、アラバマ州のハインツビルにマツダ・トヨタ・マニュファクチャリング(MTM)がある。この工場からは、2022年1月後半、日本では未発売の北米向けSUV「CX-50」が待望のラインオフしている。また、トヨタはMTMで、日本でも人気の高い「カローラクロス」を生産している。

 そう聞くと、なんだか「CX-50」と「カローラクロス」がプラットフォーム等を共有する兄弟車であるように思われるかもしれない。もちろん、実際はそうではなく、「CX-50」は「マツダ3」や「CX-30」と同じ、マツダスモール商品群の1モデルであり、「カローラ」ファミリーとはまったく別の存在だ。エンジンもそれぞれ、マツダ製とトヨタ製となる。

 それでも、こうした違った部品を使うクルマを同じ工場で生産することに、どんなメリットがあるのだろうか?

 そもそも、マツダとトヨタが提携に関して情報を正式に公開したのは、2015年5月だった。2社の連携について詳細な協議に入ったことを明らかにしたのだ。目的は「クルマが持つ魅力をさらに高めていくこと」として、互いに経営資源を活用し、商品・技術の補完を行うことでシナジー効果を狙うとした。

 その後、2017年8月に2社の連携に対する合意書を締結。具体的な連携として、BEVの共同開発、コネクテッドや先進安全技術を含む次世代領域での協業、商品補完の拡充、そしてアメリカでの完成車生産合弁会社の設立としていた。

 こうした2社連携によって誕生したMTMでは、当初予定を大きく上まわる総額23億ドル(1ドル142円換算で3266億円)を投じ、従業員4000人を雇用。生産能力は最大30万台で、マツダとトヨタそれぞれが最大15万台を生産するかたちだ。

技術や部品を共有したクルマの誕生に期待

 資本関係や生産台数で見ると、マツダとトヨタの両社にとって同等のメリットがあるように見える。だが、グローバルで2社の事業全体を見ていると、やはりマツダにとってのメリットが多い印象がある。

 マツダにとって海外生産は中国とタイが中心で、アメリカ向けにはフォードとの合弁事業から撤退して以降、これまでは日本国内生産で輸出していた。

 2010年代半ば以降、マツダはアメリカ事業の立て直しに積極的で、2010年代後半になりブランド戦略や販売網の整備をひと段落させ、これからは売れるクルマをフレキシブルに市場に供給する体制が求められていたところだ。

 マツダとしては、アメリカでの生産経験が豊富なトヨタから、生産技術だけではなく労務管理など、アメリカ現地企業として生き抜く術をトヨタから吸収することが大きなメリットになっているようだ。

 また、マツダにとっては、アメリカでの電動化への対応についてもトヨタとの協業は必須となる。

 バイデン大統領が2021年8月に自動車の電動化に関する大統領令を発令。「2035年までに新車50%以上を、BEV(電気自動車)、プラグインハイブリッド車、または燃料電池車とする」という内容だ。そうした中で、今後は電動化部品でマツダとトヨタとの部品の共通性が高まることになり、量産効果という面ではマツダにとってのメリットは大きいはずだ。

 一方、トヨタにとっても同じく、電動化における量産効果でのコスト削減を期待しているはずだ。

 いずれにしても、MTMは北米事業の未来に向けた、マツダとトヨタの思惑が上手くバランスして成り立っているのだと思う。