ブランド初の市販車「シリーズ1」の誕生75周年を祝う特別仕様車! ランドローバー・ディフェンダー「75TH リミテッドエディション」を発表

この記事をまとめると

■ランドローバー・ディフェンダーに設定された特別仕様車「75TH リミテッドエディション」の受注を開始

■ランドローバーが初めて市販した「シリーズI」の誕生75周年を記念したモデル

■「90」と「110」にそれぞれ限定で設定される

ディフェンダーに「シリーズI」をイメージした専用カラーを設定

 ランドローバーが自ブランド初の市販車として1948年に発売した「シリーズ1」。その後、シリーズ1は「シリーズ3」まで進化を続け、1990年には「ディフェンダー」と改名し、2016年まで、じつに69年間に渡って生産が続けられた。現行型ディフェンダーは、シリーズ1のアイコンとDNAを受け継いで2020年に登場した第2世代モデルとなっている。

 そんなディフェンダーに、「シリーズ1」の誕生75周年を記念した特別仕様車「75TH リミテッドエディション」が発表され、日本での受注を開始した。

 この特別仕様車は、3ドアモデルの「90」と5ドアモデルの「110」、それぞれの上位グレード「HSE」をベースにさまざまな装備が与えられたモデルとなっている。

 外装色には専用カラーの「グラスミアグリーン」を採用。このグラスミアグリーンは初期のランドローバーを代表するカラーであり、シリーズ1にも採用されていた外装色をイメージしたものだ。20インチアロイホイールとホイールセンターキャップも同色で塗られ、75周年のグラフィックもリヤに装着するなど、特別なモデルであることが強調されている。

 内装にも、専用カラーのグラスミアグリーンのインテリアパネルと、ステッチにもグリーンを配したことで特別感を演出。エボニーレジストシートとセンターコンソールサイドのホッケースティックには頑丈なファブリック素材のロバステックを採用した。

 また、快適装備として、ヒーターとクーラー付きの電動フロントシート、ヒーター付きステアリングホイール、メリディアンサウンドシステム、11.4インチ大型タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージングなども備えている。

特別仕様車の販売に合わせてグッズも用意

 パワートレインはモデル別に異なっており、「90」には2リッター直列4気筒ガソリンエンジンを、「110」には3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドを搭載する。

 日本での受注は2022年9月15日〜10月16日までの期間限定。「90」は75台、「110」は150台の合計225台の限定販売となる。それぞれの価格は、「90」が1101万3000円、「110」が1242万3000円となっている。

 さらに、この特別仕様車の販売を記念してブランドグッズも設定された。限定車のミニチュアカーやTシャツなどを新たに用意してブランド全体で「シリーズI」誕生75周年を祝う空気感が伝わってくる。

 数々の特別な装備が与えられ、またシリーズ1の代名詞でもあるグラスミアグリーンのボディカラーを全身に纏った特別仕様車、ディフェンダー75thリミテッドエディションは、最新の技術で武装した、まさに現代に蘇ったシリーズ1といえるモデル。ランドローバーにとってもファンにとっても特別な1台といえるだろう。販売台数が限られているだけに、購入希望者はお早めの注文を。