やっぱり正規輸入車が安心! でも並行輸入車だけのメリットも! 正規と並行の購入前に知っておくべき違い

この記事をまとめると

■正規輸入車と並行輸入車の違いを解説

■いまの並行輸入車の主流はレア車

■並行輸入車のリスクは頭に入れておくとよい

かつて並行輸入車の個体は多かった

 自動車趣味が高じてくると「輸入車が欲しい!」と考えるようになる人も増えてきます。国産車にはないブランドの魅力もありますし、そもそも街で見かけないようなレア車に乗りたいと思うと、輸入車というのは選択肢のメインになってきます。

 とはいえ、輸入車というのは基本的には高価な傾向にありますから新車で購入するというのは現実的ではないという方も多いでしょう。

 そして、輸入車の中古車買うときに気にするべき点のひとつに「正規輸入車と並行輸入車の違い」を知っておくことがあります。

 正規輸入車というのは、メーカー直系の日本法人などの正規代理店・正規輸入元が日本に持ち込んだ車両のことをいいます。いまや、日本の輸入中古車の多くが、もともと正規輸入されたものとなっています。この場合、メーカーの工場から出てきた未登録の車両をそのまま船に積んで日本に運んでいることが基本となります。

 一方、並行輸入というのは現地で個別に購入した車両を日本に持ってきた車両を指します。現地でいったん登録して日本に輸出していることもあるので、厳密には中古車を輸入しているケースもあります。

 余談ですが、1990年代くらいまでは新車の並行輸入車も少なくありませんでした。正規輸入されているのと同じモデル・同等グレードを、為替のタイミングなどを利用して安く入手して日本に持ち込むことで、リーズナブルな価格で販売するというビジネスが跋扈していたのです。そのため、欧州車では並行輸入車はほとんど左ハンドルしか選べなかったのです。

 左ハンドル(右側通行)の仕様を日本で売るためには、ヘッドライトの変更などのローカライズが必要になりますが、その費用を考慮しても正規輸入モノより安価な設定ができたことで並行輸入車が増えていったという時代があったわけです。

 ただし、現在はインフォテイメントシステムのローカライズなど、正規輸入元でなければ対応が難しいこともあって、価格競争力を求めた並行輸入車は減っている方向にあります。

現在の並行輸入は正規で輸入されていないレア車がメイン

 では、いまの並行輸入車の主流とは。ひと言でいうと正規で入っていないレア車がメインとなっています。

 たとえば、日本には正規輸入代理店の存在しないブランドの車両は言うまでもなく並行輸入によって持ち込まれたものです。そのほか国産ブランドであっても、海外専売モデルなどが並行輸入により日本で売られていることが多くなっています。

 仮に、海外ブランドの日本法人があったとしても日本で販売していないモデルも多数あります。そうしたニッチなニーズに応えるのが並行輸入業者や趣味性の強い販売店です。

 ここでポイントとなるのは、そもそもユーザーが少ない市場向けのモデルとなりますから、並行輸入される台数もわずかだということです。

 基本的に、最近のクルマは輸入車であっても理不尽な壊れ方をすることは少なくなっていますので、並行輸入車だからといって日常的に困ることはないでしょうが、やはりメンテナンスのノウハウを持っている業者は限られます。

 そのため中古車でレアな並行輸入車を購入しても、ある程度通える範囲に信頼できるショップなどがないと維持が難しいということにもなり得ます。もっとも、最近では海外通販を利用することでリーズナブルに消耗品を入手できるので、基本的なメンテナンス技術があるショップと懇意にしておいて、部品は自分で手配するということができれば、維持にはさほど困らないかもしれません。

 問題が大きくなるのは修理が必要なレベルでの事故や故障でしょう。正規輸入されているモデルであれば、日本法人がある程度のリペアパーツを在庫していたりますが、並行輸入車でバンパーやボディパネルを海外から取り寄せるには時間がかかりますし、それなりのノウハウも必要になります。電子制御の故障など難易度が高い領域になると日本ではお手上げ状態になることも考えられます。

 いずれにしても、そうしたトラブルにおいて正規輸入車より手間がかかる可能性があることは、ひとつのリスクとして頭に入れておくことが並行輸入車の購入を検討する際には大事といえるのではないでしょうか。