危険度や迷惑度のわりに軽すぎないか? あおり運転同様に罰則強化してほしいクルマ関連の違法行為8つ

この記事をまとめると

■令和に入り、あおり運転やながら運転などの罰則が創設・強化されている

■他にも罰則強化が望まれる違反がいくつかある

■この記事では8つの例をあげて紹介する

多くの人に危険が及ぶ交通違反

 交通違反を犯すと、反則金や違反点数を課せられる。なかには納得いかない取り締まりや、厳しすぎる罰則もあるが、一方で罰則が甘すぎる違反というのもある。

 令和に入って、危険運転や携帯電話使用等違反、妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設・強化されているが、他にも罰則強化が望まれる違反がいくつかあるのでいくつか例を挙げてみよう。

無灯火

 道交法では、「夜間=日没時から日出時までの時間は、前照灯(ヘッドライト)、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない」となっていて、これに違反すると違反点数1点、反則金(普通車)6000円の罰則だが、暗くなっても無灯火走行車をけっこう見かける。

 これは自発式メーターの普及が影響していると思われるが、無灯火での走行は本当に危ない。近年はオートライトが義務化されているが、その点灯タイミングもわざわざ遅めに設定している人も少なくなく……。できれば日没30分前のライトオンに加え、雨天でもヘッドライトの点灯を義務づけて欲しいほど。高齢者にはとくに有効な安全対策になるはずだ。

合図不履行

 岡山、香川、徳島がウインカーを出さない県ワースト3として紹介され話題になったが、ウインカーを出さないのはけっこう迷惑だし、安全上にも問題がある。

 現行法の合図不履行は、違反点数1点、反則金(普通車)6000円だがもう少し厳しくてもいいし、その重要性をもっと啓蒙、アピールすることも重要だ。

高速自動車国道等運転者遵守事項違反

 高速道路に入る前、ドライバーは燃料、冷却水、オイルの量、タイヤの空気圧及び溝の深さ、荷物の積載状態などを点検する義務がある。

 これを怠って、高速道路上でガス欠したり、空気圧でタイヤをバーストさせたり、冷却水点検不足によるオーバーヒート、オイル管理が悪くエンジンを焼き付かせたりして路上で停止した場合は、高速自動車国道等運転者遵守事項違反となり、反則金9000円(普通車)、違反点数2点となるが、これらのトラブルで渋滞を引き起こした場合は、もっと重いペナルティを課してもいいと思う。

スリップサインが出たタイヤ 空気圧不足のタイヤ

 タイヤの残り溝が少なくスリップサインが出たタイヤ(溝の深さが1.6mm以下)で走るのは、道路運送車両保安基準違反で反則金9000円(普通車)、違反点数2点となっているが、日本は雨が多い国。1年の3分の1は雨の日なので、タイヤの溝の有無は非常に重要。タイヤの摩耗は、路上でも取り締まりを頻繁に行ない、もっと罰則を強化するべきだろう。

 またタイヤの空気圧も安全を大きく左右する。JATMAのタイヤ点検結果によると、総点検台数のうち、28.8%の乗用車が空気圧不足だったとのこと。

 駐車違反の取り締まりを民間委託で行なうくらいなら、タイヤの摩耗と空気圧の取り締まりに人材を回して欲しいぐらいだ。

道を譲らないのもルール違反!

他の車両に追いつかれた車両の義務違反

 制限速度内で走っていたとしても、後ろからより速いクルマに追いつかれた場合、進路を譲る義務が生じる。この義務に違反すると、違反点数1点、反則金(普通車)6000円。これについては厳罰化までは求めないが、こうしたルールがあることももっと周知徹底して欲しい。

最低速度違反

 高速道路は原則として最低速度が50km/hで、高速道路以外でも標識や標示で最低速度が指定されている道路がある。渋滞や悪天候などやむを得ない理由がないのに、その速度以下の速度で運転するのは最低速度違反で違反点数1点、反則金(普通車)6000円の対象。

 時間とお金は反比例するものなので、高い通行料を払って走る高速道路で必要以上にゆっくり走るのは、人の時間=コストを奪う大罪でもあるし、危険でもある。最高速度違反に厳しいように最低速度違反ももっと厳しくてもいいし、高速道路ではその下限をもっと引き上げるべきだろう。

通行帯違反

 片側二車線以上の道路で、追い越しが終わっても、元の車両通行帯に戻らず、ずっと 追越車線を通行し続けるのは通行帯違反になる。罰則は違反点数1点、反則金(普通車)6000円。

 だが、このルールを知らず、追越車線に居座って、渋滞の原因を作っているクルマはけっこう多い。これも周知徹底と同時に罰則強化が必要な項目だろう。

共同危険行為等の禁止違反

 暴走族が対象の共同危険行為等の禁止違反は、罰則は2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられ、違反点数25点が付加とけっこう厳しい。

 しかし、「警察24時」などのテレビ番組を観ていると、暴走族の取り締まりに関しては、追いかけるだけで実際に捕まえ、検挙する例はかなり少ない……。

 しっかり身柄を拘束し、検挙しないと厳罰化しても意味がないので、もっと身を入れて取り締まって欲しい。

車両盗難 車上荒らしに対する罰則

 最後に道路交通法や保安基準には関係ないが、車両盗難や車上荒らしについて。

 多発する高級車やヤングタイマーの人気スポーツカーの盗難、あるいは車上荒らしなどは、刑法第235条の窃盗罪にあたり、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとなっている。

 しかし、被害額の割に罰則が軽く、再犯率が高い上に検挙率も低いのが現状。これをなんとかするために厳罰化と取り締まりの強化を国に早急に求めていきたいところ。

 インターネットのオンライン署名プラットフォームChange.orgでも、「車や部品の盗難を許さない!!」といったキャンペーンが立ち上がっているが、この問題もクルマ好きにとっては深刻だ。