CMを見れば一目瞭然の「ワンコ」推し! 新型シエンタは「犬に優しい」クルマなのか徹底調査した

この記事をまとめると

■トヨタから新型シエンタが登場

■クルマとペットの関係を強く打ち出している

■今回は新型シエンタのドッグフレンドリーなポイントを解説

新型シエンタはドッグフレンドリーカー間違いなし!

 3代目となる新型シエンタは、TVCMを見ても分かるように、家族の相棒として、そして家族の一員である愛犬とドライブし、移動することも念頭に置いたコンパクトミニバンのようだ。何しろ8月23日に東京のららぽーと豊洲の中庭、シーサイドデッキで行われた発表会には、愛犬家タレントが愛犬とともに登場。愛犬自慢!? のトークショーが行われ、TVCMに出てくるミックス犬のちょうじゅろう君が”ワンバサダー”として登壇したぐらいで、トヨタとしてはめずらしく、クルマとペットの関係を強く打ち出した新型車とも言えるのだ(ただし、サブスクのKINTOで乗る場合、規約でペット同乗禁止となるので要注意)。

 では、すでに実車の確認、採寸、試乗を終えたモータージャーナリストにしてドッグライフプロデューサーでもあり、毎年年末、ドッグフレンドリーカー・オブ・ザ・イヤーを、愛犬とともに”勝手”に選考している筆者は、新型シエンタのドッグフレンドリー度をどう見たか?

 ドッグフレンドリーカーとして相応しいのは、7人乗り3列シートモデルもさることながら、ズバリ、5人乗り2列シートモデルのほうだ。最初に答えを言ってしまうと、「間違いなしのドッグフレンドリーカー」ということになる。

 クロスオーバー感あるエクステリア、一気に上質さを増したリビング感覚溢れるインテリア、TNGAプラットフォームの採用でグッと自然になったドライビングポジションもなかなかだが、5人乗り2列シートの大容量ワゴンと呼べるパッケージングや走行性能もまた、愛犬に素晴らしく優しいのである。

 まず、愛犬の特等席となる後席の乗降性だ。スライドドアのステップ地上高は先代同様330mmと、世界の乗用車でもっとも低い部類。しかもスライドドア開口高は先代比+60mmの余裕があり、小型犬を抱いたまま乗降するようなシーンでも飼い主はより楽々、スムースに乗り降りできるのだ。室内高も先代比で+20mmだから、乗り込んでからの姿勢の自由度もUP。

 また、3列シートと2列シートの2列目席(後席)ではシートクッション構造が異なり、先代では2列シートのほうがソファ的でかけ心地が良かったものの、新型では構造は違うものの(先代同様)クッション性はほぼ同一。大人が座るとヒール段差不足と背もたれのクッション性に違和感を覚えるかも知れないが、愛犬を乗せるには文句なし。何しろ座面がフラットで犬も寛ぎやすいシート座面長は前席同等の500mmもあり、シート幅も1300mmとゆったりしたサイズだからだ。しかも、オプションで天井サーキュレーターが用意され、ノア&ヴォクシーのように後席エアコン吹き出し口がなくても、車内の空気が循環し、後席以降に乗車した愛犬も1年中、快適に過ごせることになる。

 余談だが、2列目席(後席)のフロアからシート座面先端までの高さ=ヒール段差は先代の340mmに対して新型は325mmに減少したため、人の乗車ではやや膝が立ち上がる着座姿勢になる。しかし、犬がフロアからシートに飛び乗る……という場面ではメリットになりうるのである(ジャンプしやすくなった)。

仕様によってラゲッジのフロアの高さが異なる!

 あくまで愛犬の特等席は、オプションの天井サーキュレーターを付けた、サイドウインドーにロールサンシェードもある2列目席(後席)とはいえ、2列目席(後席)に人が乗車する場合や、大型犬の乗車では、愛犬をラゲッジスペースに乗せざるを得ないこともあるはずだ。そんなときも、新型シエンタはなかなかだ。バックドアの開口部地上高は565mm(3列シート505mm)と、世界のステーションワゴンの平均値約630mmより圧倒的に低く、段差がないため、ジャンプしやすく、足を引っかけにくい。フロア奥行き840mm、フロア幅1265mm、天井高1055mm(7人乗り3列シートは1105mmとより高い。その理由は開口部地上高の違いとともに後述)と、なるほど大容量ワゴンと呼べる空間だから、大型クレートも余裕で積み込むことができるのだ。

 ところで、7人乗り3列シートと5人乗り2列シートのラゲッジスペースを見ると、何故か5人乗り2列シートのほうがフロアが高い。その理由は、2列シートモデルの後席を倒せば分かる。ラゲッジスペースからフルフラットになるのだが、もし、3列シートモデルの低いフロア高だと、565mm−505mm=60mmの段差ができてしまうのだ。2列シートモデルはよりアウトドア、車中泊性能に特化した仕様ゆえ、車内のベッド化、お座敷化に必要なフルフラットフロアが、後席格納時に必須なのである。そうすれば、拡大したフロア奥行きは1670mmに達し、多頭、大型犬2頭でもゆったりと寛げる、大型クレートの設置も可能な愛犬スペースを出現させることができるというわけだ。

 しかし、新型シエンタのドッグフレンドリーポイントは、そうしたパッケージ面だけにとどまらない。先代の乗り心地はふんわりしたタッチが特徴ながら、カーブなどでのロールが少なくなかった。車内でどこかにつかまれない犬にとって、快適な乗り心地とは言えなかったのだ(わが家の歴代自称自動車評論犬!? 談)。が、新型シエンタはTNGAプラットフォームの採用で、よりフラットでしっかり感ある乗り心地に進化。さらにHV、ガソリン車ともに加速のスムースさ、車内の静粛性が増しているから、車内でどこかにつかまれない犬、聴覚に優れた犬も、一段と快適にドライブ、移動を楽しめるようになり、ドッグフレンドリー度を増したのである。

 ライバルにない極めつけのドッグフレンドリー機能!? が、全グレード標準装備のトヨタセーフティセンスに含まれるプロアクティブドライビングアシスト=PDAだ。ACCを使わなくても、前車との距離が縮まると車間を保つ減速制御が自動で行われ、自然な減速、追突防止に役立つ(つまり一般道でも機能する)。愛犬とドライブしていると、たまに愛犬の様子が気になって、運転への注意力が散漫になることもありがちだが、そんな一瞬も、トヨタセーフティセンスのプロアクティブドライビングアシストによって安心・安全が保たれるのである(過信は禁物)。

 よって、犬の乗降性、パッケージング、犬の乗せ場所、飼い主と愛犬に嬉しい走行性能と先進運転支援機能など、多くの点でドッグフレンドリーと言えるのが、新型シエンタの2列シートモデル。わが家の自称自動車評論犬!? のジャックラッセルのララも推してます!!

 わが家のジャックラッセルのララはまだ新型シエンタに乗せていないので、先代モデルのカットを披露。自称自動車評論犬!? 2代目のラブラドールレトリーバーのマリア(ラゲッジスペース)と、現自称自動車評論犬!? 3代目のジャックラッセルのララです(カートップ本誌で以前連載していた「CT DOG」撮影シーンより)。