いまやSUVが最高時速310kmの時代! 昔に比べてクルマはどのぐらい「速く」なったのか?

この記事をまとめると

■クルマの「速さ」の進化を振り返る

■平成元年以前、以降では文字どおり時代が違う

■今ではSUVで時速310kmを実現している

ハコスカGT-Rのゼロヨンは16.0秒だった!

 クルマはほぼ20年サイクルで劇的に進化するといわれているが、1960年代から70年代、80年代と、どう進化してきたかを、速さを基準に振り返ってみよう。

1960年代

 1960年代を代表する速いクルマというと……。

 日産スカイラインGT-R、いわゆるハコスカと、マツダのサバンナRX-3 GTあたりだろう。

 ハコスカGT-Rは1969年の登場。R380直系のS20エンジンはDOHC直列6気筒2000ccで、160馬力。公称で最高速度は200km/h、ゼロヨンは16.0秒という触れ込みだった。

 ちなみにトヨタ2000GTの3M型エンジンは150馬力。最高速度は220km/h、ゼロヨンは15.9秒と発表された。

1970年代

 70年代に入ると、まず1971年にフェアレディZの240ZGが登場。2.4リッターのL24エンジンを搭載し、SUキャブを装着。150馬力、21.0kgmを誇り、ゼロヨンは15秒8。最高速度は210km/h。

 一方、スカイラインGT-Rの50連勝にストップをかけた、サバンナRX-3 GTは、1973年のデビュー。12Aロータリーを積んで125馬力。パワーウエイト・レシオは7.38kg/ps。最高速度は190km/h、ゼロヨンは15.6秒。

 ロータリー=最速。そして車体価格が79万5000円(240ZGは150万円)。

 オイルショック前の最強ストリートカーがサバンナだったと言っても過言ではない。

いまや時速300kmを超えるSUVも

1980年代

 1980年代は平成元年となる1989年とそれ以前では、文字どおり時代が違う!

 というわけで、昭和末期の1980〜1988年までのクルマで考えてみよう。

 この時代、まず光ったのは1981年に登場したトヨタ・ソアラ2800GT(Z10)。

 2.8リッターの5M-GEUは170馬力で、時速200km/h、ゼロヨン16.0秒という高性能を誇った。ちなみに2代目ソアラのMZ20のチューニングカーは、国産車初の200マイルオーバー(323.159km/h)を記録している(HKS関西サービス。現kansaiサービス)。

 もう一台は、日産のR30スカイライン。「史上最強のスカイライン」のキャッチコピーが与えられた2000ターボRSのFJ20ターボは190馬力。

 1984年のマイナーチェンジで、インタークーラーが追加されたRS-X、いわゆる「ターボC」が登場。ついに205馬力に(グロス)。実測でゼロヨン14秒台で、最高速も210km/h以上をマークした。

平成以降

 平成元年には、日産のスカイラインGT-R(R32)が16年ぶりに復活。フェアレディZ(Z32)ともに自主規制上限の280馬力を誇り、最高速、ゼロヨン、サーキットタイムといったあらゆるレコードを圧倒的な記録で塗り替えていってしまう。

 とくにR32は、ゼロヨン12秒台、最高速250km/h、筑波サーキット1分8秒と、それまでの国産スポーツカーのパフォーマンスを一気に10年分進化させてしまったほどの圧巻の内容だった。

 2020年代の今日では、スポーツカーだけではなく、SUVでもアストンマーチンのDBX707のように、最高速310km/h、0-100km/h=3.3秒なんてモンスターも出てきている。

 加速性能だけでいえば、ガソリンエンジンより、起動トルクが最大トルクのEVが有利で、テスラのSUV、Plaidなどは、0-100km/h加速が2.6秒のレコードも!

 環境性能云々といいつつ、クルマはこの先どこまで速くなるのだろう?