フェラーリ・プロサングエが京都のお寺でお披露目! スーパーカー大王が詳細チェックしたらやっぱり4座スーパースポーツだった

この記事をまとめると

■京都・仁和寺にてフェラーリ・プロサングエが日本初公開された

■歴史ある古都とフェラーリ新型車開発コンセプトには共通点があるとして京都が初公開の場として選ばれた

■プロサングエは2023年後半から生産を開始し、日本市場での価格は4760万円から

フェラーリ4ドア4シータースーパースポーツは美しかった

 創設が仁和4年というから、じつに888年に完成したという京都の仁和寺。平成6年には世界遺産にも登録されたこの寺院は、現在では真言宗御室派の総本山として、多くの拝観客で賑わっている。

 その仁和寺をまさに歴史的ともいえる新型車のジャパン・プレミアを行う会場に選んだのはフェラーリ。そのニューモデルとはもちろん、フェラーリにとっては史上初の4ドア4シーター・スーパースポーツとなる「プロサングエ」にほかならない。

 歴史を大切にするという京都という古都の街と、フェラーリがこれまで継承してきた新型車開発のコンセプトには共通点がある。それがプロサングエを日本で初公開する場として、この京都が選ばれた理由なのだと、フェラーリ・ジャパン代表の、フェデリコ・パストレッリ氏は語っている。

 プロサングエとは、ピュア・ブラッド(純血)の意であり、また馬の世界においては確かな血統を持つサラブレッドを意味する。つまり、プロサングエは、新しいスタイルを持ちはするもののフェラーリの血統を受け継ぐスーパースポーツカーなのであり、それはエアロダイアミクスを意識したボディデザインのディテールにも、そして実際にドライバーズシートに着座してみたときの、意外に低く感じるポジションからも確かに感じられた。

 プロサングエはSUVにあらず。フェラーリがこれまで訴えてきた言葉の意味は、エクステリアとインテリアを見てようやく氷解したといってもよいだろう。

2023年後半からいよいよ生産が開始される

 観音開きのドアを採用しているために、リヤドアの存在は案外と気づきにくい。ボディサイズは全長×全幅×全高で4973×2028×1589mm。ホイールベースは3018mmに設定されているから、キャビンの居住空間には左右に独立したリヤシートまわりでも十分な空間の余裕を感じる。

 このリヤシートは電動でリクライニングが可能であるほか、逆に前方に向けて収納すれば、リヤのラゲッジスペースを通常時の473リッターからさらに大きく拡大することができる。

 フロントミッドシップされるエンジンは、その始祖をたどれば、エンツォ・フェラーリ用のそれに至ることが可能な、6.5リッターのV型12気筒自然吸気。最高出力は725馬力、最大トルクは716Nmを誇り、これに8速F1DCTを組み合わせる。ちなみにそれはデファレンシャルとともにリヤにレイアウトされ、いわゆるトランスアクスル方式を形成。

 2033kgとされる乾燥重量の前後重量配分は49:51と理想的な数字が実現されている。駆動方式はかつてFFで実現されたエンジンから直接前輪に送るトルクを出力する、4RMをさらに進化させた4RM-S evoによる4WDとなる。

 ビークルダイナミクスに関しても、フェラーリはプロサングエに最新のシステムを与えてきた。独立式の4輪操舵や6w-CDS(6ウェイ・シャシー・ダイナミック・センサー)を活用するABS evoや、新タイプのアクティブ・サスペンションなどがそれだ。これらによってプロサングエは、これまでのスーパースポーツと変わらぬハンドリング性能を得ることを実現しているという。タイヤはフロントが22インチ径、リヤには23インチ径が設定される。

 シャシーももちろんプロサングエのための専用設計だ。ルーフにカーボン素材を用い、軽量化と低重心化を達成。実際にフェラーリが発表したテストデータを見ても、まず注目の最高速は310km/h以上。0-100km/h加速も3.3秒と、そのスタイルからは想像できないほどの高性能を誇る。

 プロサングエの生産は、2023年の後半から開始される予定で、フェラーリはその生産比率を最終的には全生産台数の約20%に抑えたいという計画を持っているという。

 参考までにその日本市場での価格は4760万円から。すでに日本のみならず世界中で、そのオーダーリストには長いカスタマーの名前が連なっていることだろう。

 パストレッリ社長が語ったとおり、このプロサングエはあらゆる意味で、ゲームチェンジャーとなる可能性が濃厚な一台といえる。