参加人数を大幅に制限するだけでなく、入場時の体温測定、ソーシャルディスタンスの確保、マスクの着用&手洗い・消毒の徹底など、安全面には最大限気をつける形で実施されたコスプレイベント「ビッグコスプレ博R」(東京ビッグサイト・青海展示棟にて開催)。痛車の展示スペースなども設けられた同イベントには、大勢のコスプレイヤー&カメラマンが集結。それぞれがきちんと距離を保ちながら、写真撮影や交流を満喫していました。

そんな「ビッグコスプレ博R」を取材し、撮影させてもらった美麗レイヤーたちの写真を、前後編の2回に分けて掲載。イベントの盛り上がりを振り返るリポート記事と併せてお届けしましょう。

会場内に展示されていた痛車の多くが「Fate/Grand Order」仕様のモノだった…ということもあってか、レイヤー陣の衣装を見てみると、「FGO」サーヴァントのコスプレが多め。初夏の過ごしやすい気候に合わせて、布面積少なめの別バージョン衣装を着こなすレイヤーもいて、バニーガール姿のスカサハや、メイド衣装のマシュ・キリエライト、イシュタル、水着姿のアビゲイルといったキャラクターたちが参加していました。

もちろんその他にも、ゲーム、アニメともに大人気の「ウマ娘 プリティーダービー」や、大ヒット公開中の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」、2021年で10周年を迎え、新作映画の制作も決定した「魔法少女まどか☆マギカ」といった話題作のキャラクターに扮するコスプレイヤーも大勢参加。

なかには「ONE PIECE」のユースタス・キッド&キラーなど、衣装はもちろん、特徴的な武器や装飾もすべて自作で用意したという、気合の入った参加者もいて、それぞれが思う存分、ひさしぶりのコスプレイベントを堪能する姿が各所で見られました。

ちなみに次回のコスプレ博は、「コスプレ博 in TFT あじさいスペシャル」と銘打ち、東京ファッションタウンビル(TFTビル)および、周辺の公園エリアにて、6月20日(日)に開催予定。色とりどりに咲き誇るあじさいを背景にコスプレ撮影が楽しめる…ということで、こちらも大いに盛り上がりそうです。

取材・文=ソムタム田井