テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」第3話の先行カットとあらすじが到着しました。

<第3話「神々の秘密と666の獣」あらすじ>再び神父が殺された。平賀とロベルトは手がかりを求め、寄宿学校を創設した亡きミハイル・ブラウン司教の部屋へ潜入するが、そこで悪魔崇拝を示す割り符の片割れを見つける。翌日、カルロスが悪魔憑きの状態で突然暴れだす。聖水を手に、意を決して悪魔祓いを試みる平賀とロベルト。やがて、落ち着きを取り戻したカルロスが語ったのは、セント・ロザリオ教会の暗部ともいえる事実だった。

第3話「神々の秘密と666の獣」は、WOWOWで先行放送される他、AbemaTVやdアニメストアで地上波先行配信。また、7月28日(金)22時30分からのTOKYO MX 他で放送されます。

テレビアニメ「バチカン奇跡調査官」は、シリーズ累計100万部を突破する藤木稟さん著のミステリー小説が原作。天才科学者の平賀と古文書・暗号解読のエキスパートであるロベルトが、バチカン所属の「奇跡調査官」として、世界中の謎を解き明かしていきます。