7月30日(日)、幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2017[夏]内のニトロプラスブースにて、「すーぱーそに子」最新鋭痛車発表会が行われました。「すーぱーそに子」は、2006年にニトロプラスのライブイベントをきっかけに誕生した同社のイメージキャラクター。これまでにゲーム化やアニメ化もされ、前回のワンダーフェスティバル2016[冬]では全138体(当時)ものフィギュアが並べられたほどの人気を誇ります。

そんな彼女の10周年を記念して作られたのが、今回発表された痛車。MCを務めたプラスワンの鈴木健介さん、ニトロプラスのでじたろうさんによると、この痛車を作るにあたって頭を悩ませたのが車種とのこと。そに子らしく丸みがあるものや、彼女が音楽活動をしていることからアメリカンでロックなものも検討されていたなか、LEXUSの新型が新たに登場することを知り、フラットな車体でラッピングしやすいこともあり、LEXUS LCに決定したという経緯があります。

そんな裏話が明かされたところで、サプライズゲストの叶美香さんが登場。叶さんは2月にすーぱーそに子の水着コスプレをした姿を自身のブログで披露し、大きな話題を呼びました。その縁から今回の発表会に登場することになった彼女は、痛車にデザインされたそに子のデザインをベースに、姉の恭子さんがアレンジしたというゴージャスなドレス姿に。しかし今回のセクシー衣装は「歩くと食い込む」という感想も。そのあまりに大胆なコメントに鈴木さん、でじたろうさんもタジタジです。でじたろうさんによると、この衣装はLEXUS LCが大人なイメージであることから生み出されたデザイン。当初は着物のイメージもあったため、完成形にも和のテイストが残っています。叶さんも髪飾りなど細かな部分でそれを再現しており、「二次元が三次元になるとこうなるのか」と絶賛の言葉を集めていました。

最後の挨拶では、でじたろうさんが「この車をシンボルに新しい展開をしていきたい。今後のそに子のプロジェクトに注目し、期待してほしい」とコメント。一方、叶さんは8月11日(金)、に恭子さんと共にコミックマーケット92に出展することをアピールしていました。なお、同じくコミックマーケット92のニトロプラスブースでは、「すーぱーそに子」に関する楽曲が収められた第一宇宙速度&すーぱーそに子コンプリートアルバム「FIRST ASTRONOMICAL VELOCITY 〜Complete Collection〜」での先行販売が予定されています。

【取材・文=はるのおと】